UFO事件簿/UFOニュース2015年4月

005.png

006.png

UFOニュース2015年 4月

4月30日/ニューヨーク上空にUFO出現?

新華ニュース

現地時間25日夜、ニューヨーク州ブロンクスのイーストヴィレッジ149街とブルックナー高速道路上空に高速で移動する光が現れ、目撃者からの通報があったという。
通報によれば、「UFOが飛んでいる」「火の玉が飛んでいる」「飛行機よりももっと速い」といったものだったという。

——イーストヴィレッジはあっても149街、および高速道路の位置はよくわからなかった。

4月27日/チリの大噴火にUFO出現!?

Aol News.

43年ぶりに大噴火を起こしたチリのカルブコ火山を撮影した映像に、UFOが写っていたとして話題になっている。
火山灰が成層圏にも達するこの大噴火では、飛行機などの飛行も制限されているという。
警察など政府関係のヘリコプターやドローン(無人ヘリ)ではないかという説もあるという。

——ソースには「不規則に飛び回っている」と書かれているが、映像を見るに、ほとんど動いているようには見えない。
説にあるとおり、噴火監視もしくはマスコミのヘリコプターやドローンというのが有力だろう。
災害が起こった時にUFO目撃報告が増えるのは、こうしたヘリ、飛行機などが飛ぶからなので、十分注意しなければいけない。

4月22日/幸福の科学が宇宙人情報に懸賞金

やや日刊カルト新聞

カルト宗教法人・幸福の科学が、今秋公開の映画「UFO学園の秘密」(大川隆法総裁製作総指揮)の公開を記念し、宇宙人情報に懸賞金をかけて募集を始めた。大賞賞金は50万円。
——大川隆法って、自分で宇宙人と交信したりできるんじゃなかったか?

4月16日/チリ政府がUFOを調査

MirrorTOCANA

140703chile1.jpg16日のイギリスMirror(デイリー・ミラー紙)によれば、チリ政府の異常航空現象研究委員会(CEFAA)では自国の不明な航空現象の分析をしているが、中でも昨年7月3日付で報じたUFO写真について、「人が作ったものではない」と発表したという。
——チリ政府がどれだけ科学的に、まともに調査をしているのかはわからないが、「人工物じゃない=異星人のもの」というわけではなく、気象現象、光学的な誤認などの疑いも残しているのではないか?

4月15日/宇宙人の誘拐事件の真相は奇病か?

IRORIO

イギリスBBCがワシントン州立大学ブライアン・シャープレス助教授へのインタビューによれば、睡眠中などに突然、頭のなかで爆発音を聞いたり、眩しい光に照らされたりする感覚を覚えるという奇病、頭内爆発音症候群というものがあり、超常現象に似た経験を引き起こすという。
突然の異常な感覚に混乱した人は、頭に何かを植え付けられたと疑ったり、体が動けないまま光を目撃したように感じるため、宇宙人に誘拐されたと感じるのだという。
ただしこの病気は発症率は低いという。
——これだけがアブダクション体験の原因ではないだろうが、その一つである可能性もあろう。

4月10日/イギリスでUFO撮影

スプートニクニュース(旧ロシアの声)

イギリスのバルエル(Barwell)で26歳の女性が明るい円形の物体を発見し、携帯電話で撮影した。
撮影時刻は夕方だという。
物体はわずかに上下し、15分後に見えなくなったという。

——手ぶれのために映像からは上下しているというのはわからない。
この時期、夕方の西の空には宵の明星金星が明るく輝いているので、おそらくはそれの誤認ではないかと思う。

4月10日/生命の起源を探るISSの実験

YOMIURI ONLINE

地球の生命が地上で誕生したのではなく、宇宙で誕生して地球にたどり着いた可能性を探るべく試み「たんぽぽ計画」が、5月から国際宇宙ステーション(ISS)の日本の実験棟「きぼう」にて始まる。
宇宙区間を浮遊するアミノ酸などの有機物や、地球から宇宙にはじき飛ばされた微生物などの採集のほか、酵母菌などの容器を船外に置き、放射線や紫外線の影響を受けながら長期間旅できるかどうかも検証するという。
生命の種がたんぽぽの種子のように宇宙空間を漂っているのを探すというわけだ。

4月9日/ロシアで空からの落下物が爆発

新華ニュース

150409russia.jpgロシアメディアの8日の報道によれば、ザバイカリエ地方で空から落ちてきた正体不明の物体が、チタで爆発した。
付近の住民が爆発音を聞き、金属片を発見した。地面には穴があいており、金属片は調査機関で調査中。
コサック園という区で地面に穴があいているのが確認されたが、原因は不明。
ロシア東部軍代表は、同地方で軍事演習はしていないという。
爆発の影響で家屋などに被害が出たという。
これをUFOと信じるネットユーザーもいた。
——人工衛星の破片が落ちてきたんだろうか? UFOだというのは早計だ。

4月9日/NASA研究者「10年以内に地球外生命体見つかる」

CNN.co.jp

NASAのチーフサイエンティスト、エレン・ストファン氏が7日に行われたパネルディスカッションで、「10年以内に地球外生命体の有力な兆候がつかめ、2〜30年以内には確実な証拠が得られると思う。」と述べた。ただしそれは「小さな緑色の宇宙人ではなく、小さな微生物のことだ」と釘を刺すことも忘れなかった。
元宇宙飛行士のジョン・グランスフェルド氏も「太陽系外に生命体が見つかるのは時間の問題だ」と言い、「だからこそものすごく興奮する」と述べた。
——非常に楽しみだ。

4月7日/オバマ氏の元パイロットのUFO体験

DAILY NEWSMail Online

2008年にオバマ大統領の選挙キャンペーンの専属パイロットだったこともあるアンドリュー・ダンジガー氏が、1989年4月10日にアメリカ上空を飛行中のUFO目撃を語っている。
午後8時頃、雲間に円盤状のUFOを目撃し、40分間並走した後、着陸のために下降したところ、白かった円盤が巨大な赤いボールに姿を変え、30秒間夕日のような輝きを放ってから雲間に消えたという。

——YouTubeの再現映像はオカルトメディアが作った想像図のようなので、実際にどれほどはっきり確認したのかは不明だ。
白い円盤と、下降後に見た夕日のような赤いボールは同一の物体だったんだろうか?

4月7日/カザフスタンで謎の黒いリング

不思議系ニュースサイト・エニグムMail Online

150407kazakhstan.jpg今月4日午前中、カザフスタンの首都アスタナで、上空に黒いリングが現れ、15分以上にわたって目撃、写真撮影をされた。
最後はあとかたもなく消えてしまったという。

——時々こうした現象はニュース(2014年4月15日)になっている。写真のとおり、地上から上空のリングに向かって煙がうっすら上っている。地上の何かから吐き出されたんだろう。
だいたい煙なんてものは、最後にあとかたもなく消えるもので…。

4月7日/宇宙人からの信号か!? 謎の高速電波バースト

ハフィントン・ポスト

高速電波バーストと呼ばれる、千分の一秒単位でしか検出されない謎の電波が8年ほど前から観測され、天文学者達を悩ませている。
高速電波バーストでは高周波と低周波が届く時間差である「分散度」が187.5の倍数であることが確認されており、こうした規則性は、超新星爆発のような既知の物理現象では起こりにくいという。
2007年以降11回にわたって本件について調べているドイツの科学者ミヒャエル・ヒプケ氏によれば、「今まで知られていなかった物理現象かも知れないし、もし他の可能性が全て排除できたなら、地球外生命体によるものである可能性もある。」と述べた。
——かつて中性子星の発する定期的な電波が、宇宙人からの信号ではないかとされたこともあった。これも将来どのように解明されるのかわからないが、大変興味深い。
《追記》談話室で「す〜」さんに教えていただいたところによれば、その後の報道で、電子レンジのタイマーが切れる前に扉を開けたために中から電波が飛び出し、それが検出されたものという結論が出たようだ。
この謎の電波は昼時に集中して観測されていたという。
LinkIconスラドLinkIconNATIONAL GEOGRAPHIC(英語)LinkIconFUTURUS
——そんなに途中でレンジを開ける天文台職員ばかりいないとも思うが、ごくまれにそういうことをした場合に検出してしまうのだろう。まれに検出されるからこそ、なかなか原因が特定できなかったのであればうなづける。

4月6日/空に浮かぶ文字の風船

TOCANA

150406california.jpgアメリカはロサンゼルス在住のロバート・ビンガム(Robert Bingham)は、「念」を用いてUFOを呼ぶことができるといい、3日に公開された動画では空中に浮かぶ8の字の風船…もとい謎の飛行物体を自分で飛ばして…もとい召喚していた。


4月3日公開の8の字


1月16日公開のPRAYの字

——これが風船でなくてなんだというのか? 取り上げるのもバカバカしいが、記録しておかないとこうしたものが何度も「新しいタイプのUFO」としてメディアで取り上げられそうなので、社会的利益のために渋々取り上げることとする。
最初きれいな8の字をしていた物体が途中から形を変えているが、風船が割れて中のガスが漏れただけだ。その後風船が落下していくことからもそれは明らか。
同氏のYouTubeを見ると、2年ほど前からこうした動画をアップロードし始め、1年ほど前からはさらに風船であることが明らかな動画をアップロードし始めている。自作自演はバレバレだ。


日本のパーティー用品を扱う会社の販促動画

こうした文字の形の風船(アルファベットバルーン) はネットでも売っている。

4月2日/元AKB前田敦子、過去のUFO目撃を語る

SANSPO.COM

元AKB48で現在女優の前田敦子が、自身が出演するフジテレビ系ドラマ「世にも奇妙な物語」に関しての取材に対し、小学3年生まで住んでいた千葉県市川市行徳のアパートから何度もUFOを見たという体験を語った。
目撃は主に夕方。UFOは黒や灰色で、遠かったために形は不明瞭、光のようなものもあった。
家の周囲には飛行機が多かったが、動きが飛行機とは違い、ひゅっと止まっては、はっと消えたりしたという。
——まあ、おおかたは飛行機などの誤認でしょう。

4月2日/猪木議員、参議院予算委員会でUFO質問

YOMIURI ONLINE参議院インターネット審議中継(2015年4月1日、予算委員会で検索)

150402inoki.jpg質問する猪木議員と、少し笑いながら答弁する中谷防衛大臣、爆笑する石破国務大臣

政党「日本を元気にする会」のアントニオ猪木参議院議員が、1日の参議院予算委員会で政府に対し、UFOについての質問をした。
猪木議員は「メキシコ大使館の仲間と食事をしていたら、ポポカ…ぺテ…ポトル(雅注:ポポカテペトル山だろう)という方に葉巻型のUFOが入っていく写真を見た。これは世界的にも話題になった。自分も14歳のブラジル移民時に、夕方の空に光ったものが地平線に消えていくのを見た。」などと自らの体験談、知り合いから聞いた話などを話した。
その後「何かが領空侵犯をしていることになる。UFOについて宇宙探査の情報があるのかないのか。スクランブルをかけたことがあるのか、研究をしたことがあるのか」と尋ねた。
これに対して中谷元防衛大臣が答弁し、「空自では我が国上空に侵入の恐れのある正体不明の航跡を探知した場合、必要に応じて戦闘機を緊急発進させ目視による確認をすることとしており、鳥等の航空機以外の物体を発見することはあるものの、ご指摘の地球外から飛来したと思われる未確認飛行物体を発見した事例については、承知をしていない」と述べた。
予算委員会の模様は上記の参議院のサイトで見ることができる。猪木議員の質疑は5時間10分20秒〜、UFOについてはその冒頭5時間11分05秒〜だ。
——なぜこの時期にUFOの質問? メキシコ大使館員にちょうど聞いたからなのか、エイプリルフールだからなのか。
質疑応答は面白くもあるが、相変わらずUFOがエイリアン・クラフトという前提なのは悲しい。それは一般認識としてしょうがないとしても、UFO事件というものの多くがどれだけいい加減なものかということを承知した上で質疑応答をしてほしいものだ。
ちなみに猪木は新日本プロレスを出た後、UFO(Universal Fighting-arts Organization/世界格闘技連盟)という団体を作り、柔道の小川直也をプロ格闘家としてデビューさせるなど活動をした。現在同団体は自然消滅。

4月1日/オーストラリアの女子大生、UFOを目撃

新華ニュース澳洲網(中国語)

オーストラリアサイト「澳洲網」(中国語版)によれば、オーストラリア・ノーザンテリトリーの首府ダーウィンの21歳の女子大生Yoannna Bella Williamsが車で帰宅途中、緑色に輝く空飛ぶ円盤を目撃した。
目撃は3月26日の夜。
UFOはまぶしいほど強い緑色の光を発し、空を10秒ほど飛行し、下降して墜落するかと思われたがあっという間に消えてしまったという。
同夜、同様の光体を目撃した市民は彼女だけでなく、流れ星だと思って願い事を言ったそうである。



UFO事件簿内検索