UFO事件簿/UFOニュース2014年6月〜7月

005.png

006.png

UFOニュース2014年 6月〜7月

7月31日/ドイツの三角UFO?

アメナマ!

140731german.jpg6月26日、ドイツの都市カッセルでホームビデオを撮影中の父親が、上空を音もなく通過する三角形のUFOを撮影したという。
YouTubeのコメント欄では、米軍の極秘の戦闘機TR3Bに似ているともいう。


——遊具の柱と重なった時、遊具よりUFOの方が前に来てしまっているコマがある。よって合成だということがわかる。
《追記》NHKの幻解!超常ファイル(2015年3月28日放送(地上波版))によれば、この映像の他にも2013年12月6日/ドイツの鮮明なUFO映像などが同じYouTubeアカウント「O7TV」から配信されていることがわかった。同アカウントはドイツのオカルト映像の販売業者であり、日本のテレビ局が多くを買い付けているという。

7月30日/中国で球電現象!? 豚が大量死

Mirror(英語)

140730chinaLightBall.jpg中国南部の湖南省で珍しい球電現象が起こり、そのために養豚場の170匹の豚が亡くなり、女性が負傷した。(雅注:日時の情報は書かれていなかった)
女性によれば球電大きな火の玉のようで、突然二手に分かれ、金属の柵を伝って被害を広げた。
爆発した球電を目にした女性は、10分以上目が見えなくなった。
球電は雷雨の時に見られる現象で、しばしば爆発前に地面の上にゆっくりと浮かぶという。
——直接UFOとは関係ないが、UFOに誤認される可能性の高い現象と思われるので紹介した。あまり頻繁に聞く話ではないが、どれくらい起こっているのだろうか。
亡くなった豚たちが気の毒だ。

7月29日/月面に巨大な人影!?

新華ニュースUFO Sightings Hotspot7月20日(英語)UFO Sightings Hotspot7月28日(英語)

140729moon1.jpg3つの人影?

UFO情報サイト「UFO Sightings Hotspot」が、GoogleEarthの月面モードに巨大な人の影が確認されたと20日に報じ、さらに600km離れた位置に同じ人影が見つかったと28日に報じた。
今のところ、月の表側、雨の海の中央付近のLambertクレーター付近に2つ、雨の海の東端Julienneクレーターの北側に1つの、3つが確認されているようだ。
それぞれ300〜400mの大きさに、黒い物体とその影に見えるようなものが写っている。

140729moon2.jpg140729moon2.jpgクリックで拡大——たしかに人影と言われればそう見えないこともないが、それでもかなり無理がある。影と呼ばれているものも、付近のクレーターの影と逆方向だ。
形がほぼ一緒なので、ノイズの一種ではないかと思う。
新華ニュースには「北緯27度34分26秒、西経36度4分75秒」とあったが、実際は 「西経19度36分4.75秒」付近の誤りだった。探すのに苦労させられた。しっかりして欲しい。
それにしてもよくこんなちっちゃなものを探し出したものだ。

7月27日/宇宙人を公害で探せ

時事ドットコム

米国ハーバード・スミソニアン天体物理学センターは、太陽系外惑星に地球外知的生命体が住んでいれば、文明の発達によって公害があるはずとして、大気汚染物質を見つけることで地球外知的生命体を見つけるという新たな方法を提案した。
惑星の太陽が、暗くなった白色矮星であることが条件で、汚染物質の濃度も地球の10倍ほど必要だという。探知できても、汚染物質だけが残ったすでに滅びた文明の可能性もある。
科学者チームの一人は、「我々より知的な文明であれば大気を汚さないであろうから、発見される文明は知的ではない生命の証拠かもしれない」とも述べた。

7月22日/元メガデスのニック・メンザがUFOを撮影!?

YouTube、RO69

140722losangeles.jpgメタルバンド、メガデスの元ドラマー、ニック・メンザが、自身が撮影したUFOの動画をYouTubeで公開して話題になっている。
撮影は7月14日午後10時52分。ロサンゼルス近郊の町スタジオシティ(Studio City)の自宅で、2人の子供を含む4人とともに南東の方角に浮かぶ黄色と白に発光するUFOを発見し、スマホのカメラでいっぱいにズームアップして撮影した。
最後は上昇して雲の中に消えていったという。
UFOは月と同じくらいの範囲に3つの光点があり、もう1つの光点が左右にふらふらと動いている。
動画には「同じものを見たことがある人、もしくはこの現象を理論的に説明してくれる人はコメントして欲しい」とメッセージが書かれている。
字幕には南西の方角とあるが、南東であることの訂正が概要に書かれている。

——なかなか興味深い映像だが、映画の都ハリウッドが非常に近いので、撮影に使われる無人機(ドローン)などの可能性はないだろうか。

7月22日/キュリオシティ、またUFO撮影?

ロシアの声JPLのオリジナル画像

140722mars.jpg火星探査車キュリオシティが、7月14日2時6分13秒に撮影した写真に、円盤状の物体が写っていることがわかった。撮影したカメラは右ナビゲーションカメラだ。
——13日に紹介したホット・ピクセルによる白いノイズと違い、こちらは真っ黒だ。
前後の写真、および同時に同じ場所を撮影した左のカメラの写真にも同様のものは写っていないので、ノイズの一種なのだろう。
今後もこうしたノイズがUFOだとして騒がれるケースは増えるだろう。

7月21日/インドで宇宙人を描いた1万年前の岩絵見つかる?

ロシアの声(計3枚の画像あり)

140721india.jpgインド東部チャティスガル州の先住民居住地で、およそ1万年前に描かれたと思われる岩絵が見つかり、宇宙人やUFOを描いたものではないかと話題になっている。
——一緒に当時では考えられない精密機械でも発掘されたのならいざ知らず、現代人が都合よく想像する宇宙人像やUFO像になんとなく似ているというだけで、いちいち疑っていたのではキリがない。

7月17日/イタリアできらめくUFO

ROCKET NEWS24、YouTube

140717italia.jpgイタリアはミラノで7月6日に撮影されたという映像。上空に光り輝く飛行物体が形を変えながらふわふわと漂っている。
——反射が強い素材で作られた風船のようなものかと思うが、はっきりとしたことはわからない。輝きが菱型の光条を描いているのは、ピントの加減だろうか。

7月16日/ホースのようなUFO?

Loughborough Echoアメナマ

140716englandHose.jpg7月1日にイギリス南部ラフバラー(Loughborough)で撮影された飛行物体。
——ソーラーバルーン(太陽熱で浮かぶ気球)であろう。

7月13日/火星探査車が再びUFO撮影?

ハフィントン・ポスト

140713mars.jpgNASAの火星探査車キュリオシティが6月20日に撮影した2枚の画像に、奇妙な光点が写っているとして、UFOではないかと騒がれている。
問題の写真は右のナビゲーションカメラで13時8分4秒に撮られた写真と、左のナビゲーションカメラで同35秒に撮られた写真。画面右上に光点が写っている。
NASAジェット推進研究所の担当者は、これはホット・ピクセルという、露光が長くなってカメラのセンサーが熱くなると生じるありふれた現象だという。
——ともに画面右上なので同じ場所を写したと間違いやすいが、最初の写真の光点の位置は、2番めの写真の画角のずいぶん左側であることに注意したい。
UFO事件簿でも4月10日付で同様のニュースを伝えている。

7月12日/UFO誘拐保険好評

Tech insight(日本語)

アメリカのフロリダ州の保険代理店St. Lawrence Agencyが、UFOにアブダクション(誘拐)された場合の保険を真剣に販売して話題になっている。
保険料は年間19.95ドルの終身払いで、アブダクションされた場合、最高で1000万ドル(約10億円)が支払われ、宇宙人に食べられた場合はその倍額支払われる。
誘拐された場合は、それがUFOでやってきた宇宙人によるものであることを証明する必要がある。
すでに2万件も販売されており、女優のシャーリー・マクレーン(80)や、宇宙人研究の専門家のハーバード大学の有名教授も契約しているという。
——支払い実績も2件あるというのだが、どうやって証明したのだろうか。

7月11日/森田健作千葉県知事「UFOはいる」

YOMIURI ONLINE

19日から幕張メッセで開かれる「宇宙博2014−NASA・JAXAの挑戦」に関連し、10日の定例記者会見で森田健作知事は、高校時代UFO研究会に入っていたことを明かし、「私が生きている間にUFO、異星人を見つけて欲しい。いっぱい星があるのだから、必ず(UFO、異星人は)いる」と語った。
UFO調査についても「アメリカあたりが絶対やっていると思う。宇宙探査もそのひとつで、無駄遣いと思わない」と強調した。
——高校時代の研究会というのも、かつてのUFOブームを思い出させるエピソードだ。古くは石原慎太郎、三島由紀夫らがUFO研究団体に所属していたことも、その筋では有名だ。

7月10日/中国でUFO多数目撃

新華ニュース

140710china.jpg9日午後9時頃、中国の山東省、河北省、内モンゴルなどの地域で、UFOを見たとの報告が、中国版ツイッターである微博(ウェイボー)に写真とともに多数寄せられた。
しかし、ミサイルの発射テストの可能性が高いと分析されている。

7月9日/イギリスで羊がUFOにさらわれる!?

ナリナリドットコムWalesIOnline(英語)

イギリスのウェールズ地方で、警察に「UFOに羊がさらわれるのを目撃した」という通報が1件あった。
別の目撃者は、ウェールズの草原に浮かぶUFOに羊が吸い込まれていくのを見たという。
近年、他にも「拉致された後に地球に返された」「ランディサル地域の地上12mに三角形のUFOが浮かんでいた」などという目撃情報も寄せられているという。

7月6日/米国会議事堂の怪光!

Area Zone 51 & UFOs(フランス語)TOCANA、YouTube

140709washingtonDC.jpg140709washingtonDC.jpgクリックで拡大ワシントンD.C.にある国会議事堂のライブカメラの映像を携帯電話で撮影したところ、偶然写ったという奇妙な映像。撮影したのはYouTube ID:UFOvni2012氏のFacebookの友人だという。
議事堂の柱の陰を移動する数体の影、ドーム部分の窓が点滅、そして信じられないほどの速さで左上に尾を引いて飛び去る白い光体が写っている。

——撮影日時が書かれていないようだ。なぜライブ映像を携帯で撮影していたのかも疑問が残る。
宇宙人のテレポーテーションではないかと言っているようだが、何でも宇宙人に結びつけてはいけない。人影を3体としているが、2体までしかよくわからなかった。
16日時点のライブ映像を見たところ、外壁に足場が組まれているので、もし撮影日が最近であるなら、人影は工事関係者かも知れない。
日時がはっきりし、議事堂から回答が得られれば解明されるとは思う。CGであるかどうかも含めて。

7月5日/インド財務相がUFOの事でFacebook炎上

毎日新聞

インドのジェートリー財務大臣がFacebookに、2日の「世界UFOの日」を紹介する投稿をしたところ、「宇宙のことより一般人の苦境を論じろ」などと非難が相次いで、投稿を削除する事態となった。
物価上昇に苦しむ国民の感情を、逆なでする結果になってしまったようだ。
——UFOの日といえばケネス・アーノルド事件の6月24日が有名だが、ロズウェル事件が起こったとされる7月2日を正式なUFOの日と制定した団体=WUFODO(World UFO Day Organization/世界UFOの日機構)というのがあるようだ。どんな団体なのかはよくわからない。

7月3日/チリ政府機関がUFOを認定

ロシアの声MailOnline(英語)ТАЙНЫ ВСЕЛЕННОЙ(ロシア語)TOCANA

140703chile1.jpg140703chile2.jpg

2013年4月にチリ北部のコジャワシ(Collahuasi/Googleマップだとコリャウアシとなっている)鉱山で目撃、撮影されたUFOについて、同国政府の異常航空現象研究委員会(CEFAA)は、UFOであるとコメントを発表した。
目撃した鉱山技師達は、UFOは直径5〜10mの銀色の円盤状で、2時間にわたって昇降、水平飛行を繰り返したと証言している。
良からぬ風評を恐れて数ヶ月黙されていたが、撮影したデジカメ画像を上司に見せたことが今回の調査につながったという。
CEFAAによれば、漁業会社が魚群探知のための無人飛行機を飛ばしているが、それは騒音が大きいためすぐにわかるため、これは違うという。
——UFOがUFOだったというのはおかしなものだが、要は検証をしたが解明できなかったということで、宇宙人の乗り物だったと断定されたわけではあるまい。
詳しい状況はわからないが、本当に長時間にわたって継続的に目撃されていたのなら注目に値する。

7月3日/CIAが過去のUFOの正体は自分だったと告白

ツイッター

CIA(米中央情報局)が7月3日付の公式ツイッターの中で、1950年代に各地で目撃されたUFOの中に、自分たちが飛ばした偵察機があったことを告白した。
「1950年代に報告された、空での異常な活動を覚えていますか? それは私達でした。」というツイートに文書の画像と報告書のPDFファイルを添えている。
文書には、

「U-2の高空での試験飛行は、UFOの目撃報告の増加という予想外の副作用に至った。」
「当時の旅客機の飛行高度が2万フィート以下だったのに対し、B-46、B-47、U-2などのCIAの偵察機は6万フィートもの高空を飛行していたため、低空が夕闇に包まれた時刻でも太陽光を反射して燃えているように見えた。当時は誰もそんな高空を飛行機が飛べるとは思っていなかった。」
「1950年代後半から1960年代にかけての、ブルーブック(米空軍のUFO調査機関)の調査者が明らかにできなかった目撃報告の約半数を、これで除くことができるようになった。」

などということが書かれている。
——こういうとんでもない秘密をツイッターで発表してしまうところが、アメリカの面白いところだ。

6月17日/カナダ、雷鳴の中のUFO?

UFO CASEBOOK(英語)カラパイア

140617canada01.jpg昨年2013年の10月11日夜の11時頃、カナダのトロントで撮影された映像。
大荒れの天気の中、車で帰宅したところ、南の空に見たこともないような物体が浮かんでいたのに気づき、携帯電話で撮影したのだという。
UFOは円筒形で、滞空したまま内部から発光しており、ゆっくりと様々な色に変化していた。
撮影は30分ほどで打ち切ったという。


140617canada02.jpg——映像を見る限りは円筒形には見えない。他にも輝く光点が写っているが、それについての言及がされていない。
カメラが動いた時に、下の方に見える灯りとの位置関係が変わらないようなので、実際にその位置に浮かんでいるように見えないこともない。
風の音、雨の音があまり聞こえないので、室内でガラス越しに写しているのではないか?
いくつかあるUFO=光点の中で、メインの大きなUFOを中央に写さないのはなぜだろうか?
偶然UFOの位置を稲妻が通った瞬間があった。UFOが稲妻より手前ならば稲妻が隠れるはずだし、遠くにあるならUFOが照らしだされるはずだが、いずれでもない。やはり光が窓ガラスに反射している可能性が高いのではないか。

6月9日/ニュージーランドでテレビ撮影中に写ったUFO?

TOCANA

140609newZealand.jpg4月3日、オーストラリアのテレビ番組撮影クルーがニュージーランドで撮影した映像に、UFOが写っていたことが、映像編集中にわかった。
映像には2つのUFOが、奥から手前に高速で飛んでくるのが写っている。


番組スタッフの中には、4月11日にオランダで撮影されたUFOと同じではないかという人もいるようだ。

——よほど高解像度の映像で見ない限り、エイリアンクラフトのような物とは断定できない。撮影時に気付いていないのだから大きなものではなく、鳥か虫の可能性が高いのではないか?
オランダのUFOとの関連はこじつけだと思う。

6月4日/英国の空を飛び回る火の玉

mail Online(英語)コモンポスト

140604england.jpgイギリスのノーザンプトン(Northampton)で、11歳のケイティ・リアルという少女が自宅からノートパソコンのカメラで撮影した火の玉の映像。
火の玉は低い空をグルグルと縦方向に旋回している。最後は地上に落ちたが、音は聞こえなかったという。
付近の飛行場(町北東のシウェル・エアロドローム(Sywell Aerodrome)という飛行場がそれだろうか?)に確認したが否定され、雷なども発生していなかったという。

——撮影は土曜日だというので、おそらく5月31日だと思われる。
暴走した花火か、ラジコンか。ロケットの打ち上げ失敗ではないかという意見も見たが、それならもっと大事になるはずだろう。

6月2日/英国で機上から撮影されたUFO

TOCANAArea Zone 51 & UFOs(フランス語)

140602england.jpg5月25日の朝方にロンドン上空の旅客機から撮影されたというUFO。

——詳しいことはわかっていない。飛行するUFOではなく、高層ビルの一部が雲から顔を出したのだという意見もあるようだが、写真を見る限り雲との相対的な位置が変わっているのでそれはないだろう。
窓の傷や汚れにも見えない。CGなどでないなら正体は不明だ。



UFO事件簿内検索