UFO事件簿/UFOニュース2014年8月〜9月

005.png

006.png

UFOニュース2014年 8月〜9月

9月29日/噴火した御嶽山にUFO?

ロシアの声

140929ontakesan.jpg9月28日に噴火し、多数の死傷者を出した木曽の御嶽山の噴火を伝えたニュース映像に、UFOが写っているとして極々一部で話題になった。


——正確な意味のUFOには違いないが、エイリアン・クラフトである証拠はない。おおかた噴火を取材に来たマスコミのヘリか、鳥だろう。
今回に限らず、災害が起こると取材ヘリが多数飛ばされるので、こうした誤認は多くなる。それを「UFOが大災害を監視に来た」などと思わないことだ。

9月27日/武良ラムゥ氏撮影の土鍋型UFO?

東スポWeb

140927koube.jpg昨年末の「ビートたけしの超常現象㊙Xファイル」にも出演して、屋上でUFOを「ゆんゆんゆんゆん」と呼んでいた武良信行氏(宇宙名・武良ラムゥ)が今年7月、神戸六甲山を飛ぶ土鍋型のUFOを撮影していた。
UFOは肉眼では目撃していないが、撮影したビデオをコマ送りで確認していたところ気付いたという。
——背景の山にピントが合っているのにUFOはピンぼけになっている。レンズ付近を横切った虫か何かだろう。実際にこんなものが飛んでいたら気付かないのがおかしい。

9月23日/列車を追いかけるロシアの怪光!?

TOCANA

140923russia.jpgメキシコのテレビ番組が、ロシア北西部ニジニ・ノヴゴロド州で列車の最後尾から撮影された映像に映る、奇怪な光について伝えた。
撮影日は今年6月26日(TOCANAでは7月になっているが、動画には6月とある)だといい、奇妙な光体が列車に近づいたり離れたりしている。
番組では2011年にムルマンスク州、そして2013年8月にチェリャビンスク州で撮影されたという同様の怪光が紹介されている。

——ガラス越しに見える車内の灯りかと思ったが、遠ざかるに連れ小さくなるし、カメラが横を向いても光は位置を変えないのでそれではなさそうだ。
動画には3件の映像がそれぞれ紹介されているが、全て列車最後部から写されたものだ。同じ人物が写したなら偶然すぎるし、違う人物が写したなら同じシチュエーションなのは嘘くさい。
また、地面やレールに光の反射が見られないのもおかしい。CGの可能性が高いのではないだろうか。

9月20日/宇宙人の遺骸? ネズミでした

新華ニュース

140920lancashire.jpg19日付香港「文匯報」によれば、イギリスのランカシャーに住む男性が、水漏れを修理中に食器戸棚の底からSF映画のエイリアンのような遺骸を発見した。
数枚の写真を撮って学者に尋ねたが、意見はバラバラだった。
ロンドン自然歴史博物館鑑定部門によれば、ネズミの残骸だという結論を出した。年齢は1〜2歳だという。

9月19日/最新のGPUでアポロ捏造説を解明

やじうまPC Watch

140919apolloSimulation.jpg

アメリカのGPU(画像処理装置)メーカーのNVIDIAは、最新のGPU、GeForce GTX980/970を用いたデモンストレーションとして、いわゆるアポロ11号月面着陸捏造説によって「おかしい」とされる写真の撮影状況を光学的にシミュレーションした。
このGPUは物体に直接あたった光だけでなく、物体に反射した複雑な光まで再現することができる。
それによってシミュレーションしたのは以下の3点。いずれも「地球のスタジオでロケをした証拠だ!」と言われているもの。

  1. オルドリン飛行士が月面に降りる際の写真で、大気による光の散乱がない月なのに影になっている側が明るい点。
  2. 同じ写真を別側のカメラから写した写真にかなり明るい発光体がある点。
  3. 空に星が写っていない点。

1は、直接光だけでは真っ暗だった飛行士や着陸船が、地表の反射光を受けて明るく見えることがわかった。
2は、発光体に見えるものが、オルドリンの背後にいたアームストロング船長の宇宙服が明るく輝いて見えたものであることがわかった。
3は、単に昼間の月面で飛行士らを写すために露出が絞られていただけで、露出を上げたところ、星がちゃんと写ることがわかった。

——実際はコンピュータシミュレーションをするまでもなく、科学者から説明されてきたことなのだが、こうして改めて立証されたわけだ。
しかし陰謀論者がこれを認めず、シミュレーションがインチキだとすることは、火を見るよりも明らかだ。

9月19日/GoogleストリートビューにUFO?

Buzz News JapanGoogleストリートビュー

140919californiaStreetView.jpgGoogleストリートビューに、円盤状の奇妙な物体が写っているが確認された。場所はカリフォルニア州サクラメント郊外。
北側の空にもそれらしいものが写っている。
——ラジコンのドローンのようなものか、撮影車に気付いていたずらで誰かが投げたものだろうか? 謎だ。
ストリートビューをここに埋め込みたかったが、仕様が変わってやり方がわからない。

9月18日/ロズウェルで男性2人が7時間も行方不明に

新華ニュース

17日付英紙デイリー・メールによれば、アメリカのニューメキシコ州在住の男性2人が、ロズウェル事件で有名なロズウェルで交通事故に遭遇した後、7時間も行方不明になり、芝生で目覚めた時に事故前後の記憶を失っていたという。
男性達は12日午前2時に飲酒運転をしていて、ロズウェルで車が横転。医療関係者と消防士が現場に向かったが負傷者がいなかった。
——発見された芝生がどれだけ離れていたのかはわからないが、泥酔して事故って、ふらふらと歩いて芝生に寝ていただけではないだろうか? 一応取り上げたけど、これUFOと関係ないね(苦笑)

9月15日/アポロのオルドリン飛行士、アポロ捏造説を否定

新華ニュース

140915aldrin.jpgアポロ11号で月面に降り立ったバズ・オルドリン元宇宙飛行士は、14日に新華社の独占取材を受け、「捏造説について説明する必要はない。私は当時そこにいた」と語った。
宇宙人の基地を目撃したのではないかという報道については、「月に向かう途中に解体して飛び散ったレドーム(アンテナを保護するドーム)の反射光だった。異星人の宇宙船が我々と一緒に月に到着したという報道について、ヒューストンに報告したことはない」と否定した。
——UFOを見たとか、火星の衛星フォボスにモノリスがあると発言したなどと言われていたオルドリンだが、実際のところそうした発言をしたんだろうか?
14号飛行士で、同様の発言をしているというエドガー・ミッチェルもどうなんだろうか。

9月8日/キュリオシティ、火星の水を発見?!

アメナマJPLのオリジナル画像whatsupinthesky.com

140908curiosity.jpg火星の探査車キュリオシティが今年8月7日(火星到着後712日目)に撮影した画像に、火星の地表を液体の水が流れた跡のようにみえるものがあることが見つかった。
画像はキュリオシティの右のMastcam14時38分40秒に撮影されたもの。ほぼ同時に撮影した別の画像にも写っている。
NASA・JPL(ジェット推進研究所)の公式サイトに掲載されているので、インチキ写真ではない。
画像のキャプションにはこの件について何も書かれておらず、NASAの広報も何も報じていない。
上空から間をあけて撮影したものに水が流れたような違いが見られたことはこれまでもあったが、地表の探査車のすぐ近くでこうした現象が確認されたことは初めてだ。
NASAが見解を発表しないのは、そう見えるだけの全然関係ない現象だからなんだろうか? まさか見逃したとも思えないのだが。違うなら違うで、後学のためにも何らかの解説がほしい
キュリオシティはゲール・クレーターに着陸し、探査を続けている。
撮影した8月7日からひと月以上たっているため、キュリオシティはだいぶ先に進んでしまっている。

9月7日/中国のUFO映像はインチキ

Yahoo!知恵袋(知恵ノート)

140907chinaHoax.jpg最近の民放のUFO番組で取り上げられる、中国でUFOが民間人を攻撃するという映像は、自動車と機関車が衝突して爆発する現場の映像を加工したものだという検証がなされていた。

こちらがオリジナルの事故映像。画像中のタイムコードを信じれば、2012年10月6日撮影のようだ。

UFOを付け加えたインチキ映像。
——たぶんこの事実を知っても知らなくても、無責任な番組ではこれを流し続けるだろう。

9月6日/Google Earthに氷雪の中のUFO!?

WOWCHECK衝撃動画集Panoramioの画像

140906bristolIsland.jpgGoogleEarthで見られる南極に近いサウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島のブリストル島(イギリス領)の氷雪の中に、巨大円盤状の物体が埋まっている画像がある。
GoogleEarthで、「写真」レイヤの「Panoramio」にチェックを入れてその場所の写真を表示すると、氷雪の中に埋まったUFOと、それを取り巻いて見ているような人々の画像が出てくる。
これはCiencia Alienigenaなる人物が掲載した画像で、アカウントを見るとGoogleEarthに掲載されなかった写真を含め、数点の写真がある。

この動画の投稿日から察するに、2013年の1月には気付かれいていたようだ。
——写真を比べると、UFOの見えている範囲、UFOの傾き、つららの有無などが大きく違う。さらに同じ画像の中で明らかに解像度が違う部分もあり、合成したインチキ写真だろう。
もちろんGoogleEarthの衛星写真を拡大してもそのようなものは見られない。
ソースのブログには「現在削除されて見られなくなっている」となっているが、問題なく見られる。

9月3日/軍が墜落したUFOから宇宙人を回収?!

秒刊SUNDAY

140903alien.jpg「某軍の兵士が墜落したUFOから死んだ宇宙人を捕獲した」とした画像がネットに公開されている。しかしまったくもって騒がれていない。
——むろんこの写真だけで判断することはできないにしても、今までさんざんこんな出所不明の画像でだまされたりあきれたりしているのだから、これも推して知るべしというやつだ。

8月31日/ISSのカメラに奇妙な物体が写る

ロシアの声

140831iss.jpg8月29日に国際宇宙ステーション(ISS)のカメラから撮影された映像に、円盤状のぼやっとした物体が写っていた。
太陽電池パネルの裏に見えるそれが、ISSの太陽光パネルから少しずつ動いている。

——機体からの反射光によるゴーストか、引いた映像で見ると地球の夜側を写しているように思えるので、地上の都市の灯りではないだろうか?

8月28日/ペンシルバニアのUFO映像

International Business Times(英語)TOCANA

140828pennsylvania.jpg8月25日、アメリカのペンシルベニア州で撮影された映像。
ベランダにいたステファニー・ウィルカーソン女史が、色を変えながら飛ぶ物体を約20分間にわたって目撃。スマートフォンで映像に収めた。
警察に通報し近隣の空港に調べたが、当時飛行している飛行機は確認できなかったという。

——映像をじっくり見たいが、ころころと場面転換してしまい確認できないのにはイライラする。

8月28日/カムチャツカ付近の謎の赤い光

ロシアの声

140828カムチャツカ.jpg8月24日、香港からアラスカのアンカレッジに向かうオランダのボーイング747型機のパイロットが、カムチャツカの南の太平洋上、高度1万mで地平線に赤い発光体を目撃。それは雷の放電に似ていたが、上に垂直に移動していたという。
この場所に接近した際に写真を撮影したところ、洋上の複数の明るい斑点から出ていることがわかった。
他の飛行機からも同様の目撃報告があるという。
水中火山の噴火ではないかという説があるが、当時噴火は報告されていない。
——カムチャツカであれば日本のすぐ近くだ。垂直に移動していたというのが実際にどうだったのかはわからないが、洋上の灯りで思いつくのは人工衛星からも見える漁火だ。しかし赤い漁火があるんだろうか?

8月24日/サクラメントのUFO写真?

TOCANAUFO Sightings Daily

140824california.jpgカリフォルニア州サクラメントで、ある女性が上空に浮かぶ黄金色に輝く物体を2日続けて撮影した。
当初女性は世間の目を嫌って写真の公開を躊躇していたという。
ニュース番組によれば、「雲に含まれる氷がプリズムのように作用してできたものではないか」という。
ソースサイトを見る限り、今年の8月ということ以外撮影日時がわからないが、YouTubeが19日に公開されているので、それ以前であることはわかる。

——肉眼でも目撃したのか、撮影したら偶然に写っていたのか、それもわからなかった。
写真は夕日によるゴーストっぽいもの、いびつな箱型のものなど3枚あるようだ。

8月24日/フィリピンのUFO?

YouTube

8月23日にフィリピンで撮影されたという光体。
2つの光点が右に動いていくのだが、アップになっても飛行機らしい機体が見えない。
また、徐々に光体どうし近づいていっているようだ。
——音は聞こえないが、2機のヘリかもしれない。映像も短いし、撮影場所もはっきりしないのでこれ以上はわかりかねる。

8月24日/バンクーバーの回転するUFO?

YouTube

カナダのバンクーバーで8月22日に撮影されたという映像。
木の背後に左から右に回転しているように見える光が写っている。
——見ていると垂直に降下してくるが、左右にはまったく動いていない。エレベータのように一部が上下する建物ということも考えられる。

8月12日/ヒューストンの光体群

カラパイアClick2Houston.com(8月12日)Click3Houston.com(8月13日)、テレビ朝日「モーニングバード」(8月18日)

テキサス州ヒューストンで、8月12日、奇妙な光体群の静止画と動画が写され、地元のテレビニュースになった。

140812houston01.jpg140812houston.jpg

8月11日夜〜12日朝に、荒天のヒューストン上空に浮かぶ奇妙な光体の静止画がツイッターに投稿されたことを、地元メディアが伝えた。

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

翌日13日には、11日午後8時5分頃にヒューストンの南東で写されたという動画が、新たに報じられた。
ミュージシャンのアンドリュー・ペナ氏がエッジブルック(Edgebrook)付近のガルフ・フリーウェイをドライブ中に撮影したという。ソース記事を見るだけでは、12日の静止画も同じペナ氏によるものなのかどうかよくわからない。

video platformvideo managementvideo solutionsvideo player

8月18日のテレビ朝日「モーニングバード」でもこのネタを取り上げた。
コメントを求められた矢追さんは「UFOだと思います」「論理的に考えて、これUFOじゃなかったら何なの?」「天変地異の起こる前兆だ」と回答していた。
スタジオではUFOに似せたアドバルーン説、現地にある静止画に写った光体に非常によく似た街灯があるため、それがガラス窓に写ったものではないかという説を出していた。
——静止画と動画で光体群の配置が違うので、違うものを写した可能性もある。
街灯の反射説はもっともらしく聞こえるが、動画の方は走行中でも遠くにあるように写っているし、光体の配置が変化している。しかし上空の雲との位置関係も変わっているように見える。
UFOが奇妙な飛び方をしているというより、車内の灯りが窓ガラスに映っているのを写しているように思える。その灯りが車もしくは意図的に揺れ、また一部隠されて、あのように見えるのではないだろうか。



UFO事件簿内検索