UFO事件簿/UFOニュース2014年10月

005.png

006.png

UFOニュース2014年 10月

10月30日/亡くなる前に宇宙人の写真を公開した男

NY DAILY NEWS(英語)新華ニュースロシアの声

141030alien.png141030alien.pngクリックで拡大28日の米紙ニューヨーク・デイリーニューズによれば、今年8月に亡くなったロッキード・マーチン社の元エンジニア、ボイド・ブシュマン(Boyd Bushman)氏が亡くなる直前の7日にインタビューに応じ、宇宙人の写真を公開したという。
ブッシュマン氏によればネバダ州の空軍基地で仕事をした経験があり、宇宙人は身長が1.3〜1.5mで、長い指を持ち、足には水かきがあるという。彼らは45年かけてQuintumniaという星から来て、18人がアメリカで科学研究に従事しているという。


——死ぬ直前なら人は嘘を言わない!…と思いたいが、何かを間違って信じ込んだまま死んだ人はいっぱいいるだろう。これまでさんざんウソの情報が世の中に出ているのだから、おいそれと本物と断定するわけにはいかない。

10月25日/太陽に巨大UFOが突入!?

東スポWebNASA SOHOイメージ検索LinkIconNASA SOHOオリジナル画像

141025sun.jpg141025sun.jpgクリックで拡大NASAの太陽観測衛星SOHOが10月25日に撮影した画像に、地球クラスの巨大UFOが写っており、太陽に突入しているのではないかとして、その筋で話題になっている。
アメリカのUFOマニアは、写っているのはフレアなどの炎や熱ではなく固体だと言っているという。
——この手の騒ぎはもううんざりなのだが、一応確認すると、25日1時に撮影されたEIT171、195、284の映像にそれぞれ写っており、CCDのノイズなどではない。
(EITはExtreme ultraviolet Imaging Telescopeの略で、波長10ナノメートル以下の極端紫外線のための撮影システム)
24日13時の画像を見ると、山脈のように伸びる黒い筋の先からすでに黒いものが出ている。それが自転とともに大きくなり、見やすい位置に移って、巨大UFOと呼ばれているものになったのだ。決してUFOが太陽に突入したわけではない。
141024sun.jpg141024sun.jpg24日の太陽の巨大黒点(筆者撮影/クリックで拡大)他の日の写真を見れば、噴出物がこうして黒く写ることは珍しいことではないことがわかる。アメリカのUFOマニアとやらは否定しているが、太陽からの噴出物以外の何物でもない。紫外線の望遠鏡で黒く写るということは、おそらく紫外線放射が少ないんだろう。
そもそも何千度もある太陽表面にいられる宇宙船などありえないし、あの突起状を乗り物というのは無理がありすぎる。毎度のことだが、何か変なもの=UFOという単純な思考は恥ずかしい。こんな低レベルなことで騒いでいるから、いつまでたってもUFOの話題はバカにされるのだ。
この時期は天王星や海王星クラスの惑星がすっぽり入るくらいの巨大黒点が出現しており、天体ファンがこぞって観測をしていた。筆者(雅)もちょうど24日に撮影した。

10月25日/NASAがUFOを認める?

ロシアの声カラパイア

141025iss.jpg10月初旬に国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された映像。
2人の宇宙飛行士が作業中、飛行士の背後に線状の白い物体が写っている。
(注:ロシアの声では「ステーション内」の作業中に撮られたとあるが、ほかのサイトでは船外作業中とある。)
専門家の一部からは、カメラのホコリか、地球から発射された宇宙船ではないかという声があるという。
——ISSとの相対位置が変わらない点、徐々に見えてきている点から、太陽光線の当たる角度が変わることで、窓ガラスに反射した光が徐々に見えているのような気がするが、断言はできない。
ソースサイトには別な場所を写したと思われる別映像もあるが、同じ時に写されたのかどうかわからない。
NASAがUFOを認めたとされているが、どこに発表されているんだろう。認めたのはエイリアン・クラフトとしてではなく、「原因がはっきりわからない」といった程度じゃないんだろうか?

10月23日/瀬戸内海のUSO!?

YouTube

141023setonaikai.jpg141023setonaikai.jpgクリックで拡大10月23日にYouTubeにアップされた、瀬戸内海で撮影されたとされる奇妙な海中の物体の映像を発見した。
船とも思えないような黒い物体が、海面近く(?)を波も立てずに高速に移動しているのを観光客(?)の女性達が驚いて「めっちゃスピード速いんやけど? 密輸船? 船じゃない! 魚? UFO? 潜水艦かね?」などと騒ぐ声が入っている。最後にみんなで楽しげに「龍が来たことにしよう。龍だ〜♪」と言っているのは面白い。
目撃者も写っており、音声と矛盾がないなど(ただし物体の形が変わったりしているというのは画面からはわかりにくい)、ちょっと興味がそそられる。
確認したところ、23日午前中に瀬戸内海の岡山県笠岡市高島にある子妊石(こはらみいし)にて、アップロード者の家族が撮影したという。おそらく西向きの撮影で、対岸に見えるのは広島県福山市の熊ヶ峰だろう。
瀬戸内海にはイワシなど群れを作って泳ぐ魚がいるので、たとえば別な魚に追われて全速力で逃げているのがそう見えているのかもしれない。もしくは海面を飛ぶ海鳥の群れだろうか?
地元の漁師さんにでも確認すれば一発でわかることかもしれないが、未確認のうちは、久しぶりのUSO(Unidentified Submerged Object/ユーソー/未確認潜水物体)事例として数えておこう(笑)

10月21日/ロンドンのUFO映像?

カラパイアMail Online(英語)

141021london.jpg10月6日の午後9時頃、南ロンドンのエルサムで撮影されたという映像。
裏庭に出たカップルが、上空に浮かぶ奇妙な物体を携帯電話のカメラで30秒ほど写した。
物体は数分そのままじっとしていたが、消えたという。

——動画を見てのとおり、アップになった映像はピンボケだ。当時は南南東の仰角35度に左側が少し欠けた月が出ていた。おそらくは雲間から顔を出したそれを勘違いしたんだろう。

10月20日/超常現象学会上空に現れたUFO

ロシアの声mailOnline(英語)

141020blackpool.jpgイギリスのブラックプールで開催された国際超常現象学会の上空に、銀色の半球形の飛行物体が現れ、時折雲に隠れながらも1時間にわたって飛行した。
このイベントは世界各国から200人が参加し、超常現象に議論を交わした。

——ソースサイトには数枚の写真が載っているが、形は一定ではないようだ。何かが上空にあったんだと思うが、何なのかはわからない

10月19日/サンディエゴのメタリック球形UFO

TOCANAALT HEADLINES(英語)BEFORE IT’S NEWS(英語)ASIOSブログ

141019sandiego.jpg9月10日にアメリカはカリフォルニア州サンディエゴで撮影された動画および静止画。
撮影車が夕方6時55分頃(サマータイム中なので日本だと5時55分と思われる)に帰宅した時、隣家の方向に夕日を受けて明るく光る球体が浮かんでいるのを目撃。アンテナのようなものが出たそれは、風船か、特殊なヘリコプターではないかと思ったが、ローターの音はしなかった。
UFOまでの距離は1マイル(約1.6km)もないと思われた。数枚の写真を撮影した後、20分近くビデオ撮影をし、全部で45分ほど目撃していた。
UFOは南西にゆっくりと移動し、辺りが暗くなったために見失ったという。
写真と詳しい報告はアメリカ最大のUFO研究団体MUFONにも送られたという。LinkIcon扱われたページ(報告フォームの内容のようだ)

——飛び方はふらふらと風船に似ているが、姿はメタリックで風船っぽくないように見える。しかしメタリックな風船はいくらでも売られているし、形はどうとでもなるので、それを疑う余地はある。CGも含めて。
旧ソ連のスプートニク衛星に似ていると思った。SF作品に登場する宇宙船か何かを模したものかもしれない。
せっかく長時間目撃したのだから、もっと近づいて確認することはできなかったんだろうか?

10月17日/フロリダ州のUFO映像

DMM NEWS

141017florida.jpg10月10日、アメリカはフロリダ州の沖合で、クルーズ客船の乗客が撮影したというUFO動画。

—— 動画の後半には拡大した映像を載せているが、手ぶれ補正をかけるわけでもなし、かえってブレブレで見づらい。
UFOと空しか写ってないので、本当に客船から写したかどうかもわからない。過去の例からはこうした動画はCGで作られている可能性が非常に高い。

10月9日/皆既月蝕中にUFOが多数目撃!?

アプリ学園BUZZ HOUSE

141008moonEclipse.jpg筆者撮影8日夜7時頃から始まった月蝕を撮影した写真に、UFOが写り込んでいたという報告がツイッターなどで相次いだ。
場所を特定できるものをいくつかGoogleストリートビューで確認してみたが、いずれも一緒に写っている街灯が作り出したゴーストだった。
なお、月蝕の欠け始めの頃には国際宇宙ステーションも上空を通過していた。

10月9日/英上空で機内から撮影されたUFO映像!

TOCANAMirror(英語)

141009england.jpgギリシャからイギリスのウェールズにあるカーディフ空港に向かう機内から、29歳の男性が写した映像。
この怪光群は、22時にカーディフ空港に着く2〜30分前に突如現れたという。
外が真っ暗だったために物体までの距離はわからないが、光体群は消えて見えなくなる3〜4分の間、ずっと飛行機から離れなかったという。男性はその間携帯電話で撮影し続けた。
男性のほか、ガールフレンドも目撃している。

——配置は変わらないので、一つの物体に付けられたライトが点滅していると思われる。乗っている飛行機の翼のライトや機内の照明の反射とも思えないし、別の飛行機が並走してるとも考えにくい。
もしかしたら昼間見たら一発でわかるようなものなのかもしれないが、今の時点ではまさにUFOだ。
ただし本当に機内から撮影されたのかどうかは疑問。機内の灯りが全て消えているかのように、窓の反射が一切見られない。普通は少し窓に反射して見られないだろうか?

10月6日/ロシア上空で軍人がUFOを目撃

ロシアの声Kosmopoisk(ロシア語)

141006russia.jpg左はイメージイラストと思われる

ヴォロネジ事件で有名なヴォロネジの北100kmほどにあるリペツク市で4日、奇妙な光体群が軍人達によって目撃された。
リペツク市の軍の航空センターに勤務するアレクサンドル・P氏によれば、時間は夜8時30分〜40分頃の7〜10分程度。北斗七星のひしゃくのような形をした緑の炎に包まれたものが15〜20個あり、市の北西から南西にゆっくりと飛行して、雲の中に消えたという。
長時間観察したため、飛行機でもヘリコプターでもないと判断したという。
——せっかく長時間目撃できたのだから、写真や映像が欲しい。勤務中だから勝手に撮影できなかったのかもしれないが。

10月5日/日本で謎の飛行物体撮影

日々是好日であれROCKET NEWS24

141005japan.jpg141005japan.jpgクリックで拡大夕焼けと飛行機雲を撮影していた人が、撮影後に画像を拡大してみたところ、飛行機雲の先端が渦巻状になっていることに気づき、「ここに写っているものが何かわかる方、教えてください!」としてブログにアップし、ロケットニュースに投稿した。
一眼レフで200mm相当で撮影されたものという。
撮影日は書かれていないが、9月4日ブログに「つい先日の夕刻」とあるので8月末〜9月3日までの間だろう。場所も書かれていないが、国内だろう。
——筆者(雅)も飛行機雲は何枚も撮影しているが、こうした渦巻き状になったものは初めて見た。
雲などはピントをあわせるのが難しいので、合っているように見えて微妙にピンぼけしてこう写ったのではないか?

10月4日/イギリス上空の高速UFO?

TOCANAmailOnline(英語)

141004england.jpg9月16日の夕方7時頃、イギリス南端のポーツマスで、ルイス・ロジャース氏(26)が高速で飛ぶ物体を撮影した。
周囲で気付いたのは、UFOを信じて普段から空に気を配っているロジャース氏だけだったという。
実際は目撃者はもう一人、ジョニー・ブラックウェル氏(23)がおり、彼も「灰色の円盤状の、典型的UFOの形をしていた」と述べた。
イギリス気象庁のローラ・ヤング氏は、雲や気象現象では説明ができないと述べた。

——YouTubeを見ても結局静止画なので飛んでいるのかどうかよくわからない。かなりの高速で飛んでいたというのに、偶然持っていた(?)カメラでフレームのど真ん中に写しているのも疑わしい。気象庁の職員がどういう根拠で雲説を否定しているのかわからないが、こういうちぎれ雲が浮かんでいることもある。
鳥がぶれて写っているようにも思える。
そもそも、このUFOは最後どうなったんだろう?

10月2日/香港の民主化デモにUFO?

BuzzNewsJapanTOCANA

141002hongkong.jpg香港で普通選挙を求める学生たちの大規模なデモを報じる、イギリスBBCのニュース映像に、UFOが写っているという。
映像では、一度斜めに下降し、垂直に上昇する白い物体が写っている。

——取材、もしくは当局による監視用の無人ヘリ(ドローン)かとも思えるが、上昇するところを見ると羽ばたいているようにも見えるので、鳥かもしれないが、映像が粗いのでこれ以上はなんとも。



UFO事件簿内検索