UFO事件簿/UFOニュース2013年11月〜12月

005.png

006.png

UFOニュース2013年 11月〜12

12月25日/クリスマスに東京上空にUFO? いえ飛行機雲です

おたくま経済新聞

クリスマスの25日夕方5時前、東京上空に白く光る物体が目撃され、ネットなどで騒がれた。

——写真、動画を見てみると、明らかに夕日に照らされて輝く短い飛行機雲だ。ソースサイトによれば5つ確認されたというので、一度にそんなものがいくつも見えれば、たしかに知らない人は怪しい物体だと思ってしまうのも無理はない。ただ、そろそろこれが飛行機雲だという認識は浸透してきてもいいように思う。

12月15日/オバマ大統領の補佐官が、UFO情報を公開するように進言

The Voice of Russia(日本語)

131215johnPodesta.jpgアメリカのオバマ大統領の新しい特別補佐官ジョン・ポデスタ(John Podesta、元大統領府長官)氏が、自然科学への貢献のために、彼が政府中枢に大量に保管されていると主張するUFOに関する秘密情報を公開するよう提案した。
彼は2009年のオバマ大統領就任当日にワシントン上空に現れた(とされる)UFOを、CNNがスクープした際にも同様の発言をしており、「世界中の人々はUFOにまつわる真実を知る用意が出来ている」と言うが、そんな秘密文書など存在しないのではないかという疑いもある。
——氏はクリントン大統領時代にも大統領首席補佐官であり(1998〜2001年)、かねてから政府の持つUFOに関する情報を公開すべきだと主張しているという。

12月15日/米ロックバンドのドラマー、過去のUFO体験を語る

The Voice of Russia(日本語)

131215theKillers.jpgザ・キラーズ。右から2番めがロニー・ヴァヌッチアメリカの人気ロックグループThe Killersのドラマー、ロニー・ヴァヌッチ(Ronnie Vannucci)が、10年以上前のUFO体験をジャーナリストに語った。
彼によれば「自分がこれまで見たどんなものとも比較できないくらい異常な体験だった」。
まだ無名だった彼が、車でネヴァダ州の95号線を走っていた時、高速で空を移動する奇妙な物体を偶然見つけた。
彼によればそれは「レーザーポインターの光線に似た赤い点だったが、それよりはるかに大きかった。空を生きているかのように上下して、突然急降下して山の向こうに隠れたが、再び現れた。音は何も聞こえなかった。尾根の向こうにストロボスコープがあるような巨大な光が見えた。携帯電話がなかったので誰にも連絡できなかった。」という。
——地図を見ると、95号線はネヴァダ州の北部から西部を通って、ラスベガスの南に抜けている長い道だ。詳しい場所はわからない。

12月8日/ロサンゼルス上空にUFO?

The Voice of Russia(日本語)

131208losangels.jpgロサンゼルスの私立探偵ジョー・ロドリゲス氏が、監視対象の家を監視するために向かったところ、空に光る飛行物体を発見してビデオ撮影した。
ロドリゲス氏は、飛行機やガスの塊ではないと言っている。

——定期的にぶれているのにはイラっとさせられるが、こちらに向かって飛んでくる飛行機のライトが見えているんだと思う。
左右の翼に付けられた翼端灯は、前から見て右が赤、左が緑なので、位置的にも合っている。

12月8日/ロシアでUFOに追われた運転手?

The Voice of Russia(日本語)

ロシア、スモレンスクで、ベンツのトラックに乗った運転手が交通違反による停止要請に応じなかったため、警官がタイヤに向かって発泡する事件が起こった。
身柄を拘束された24歳の運転手は、「UFOやその他の妖しい物体に追跡されていた」と主張したが、その後の調べで友人と一緒に脱法ハーブを使用していたことを認めた。

12月6日/ドイツの鮮明なUFO映像?

ROCKET NEWS24

131206german.jpgドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州ロイトリンゲンのオーメンハウゼン(Reutlingen "Ohmenhausen", Baden-Wuerttemberg, Germany)という所で撮影されたという鮮明なUFO映像。
丘のような所に着陸した円盤型UFOの周囲で溶けるように消える2体の白い宇宙人。
UFOはその後、音を出して急上昇し、ゆっくりと飛び去りつつ、最後に急加速して閃光とともに消滅している。

——YouTubeのアカウントのO7TVは「100%ベストのUFOだ」と煽っているが、誰がいつ撮影したかもわからない映像だ。(YouTubeの公開日は12月6日)
同アカウントの他の動画を見ると、年末の「ビートたけしの超常現象㊙Xファイル」でも放送されたイギリスのドラゴンの他、人魚、テレポーテーション、恐竜、巨大犬などの動画を次々とアップロードしている。すべてCGなどによるジョーク映像だろう。

12月6日/渋谷でUFO騒ぎ

TwitterTwitterTwitter

東京渋谷で夕方、赤青4つのライトを付けた奇妙な飛行物体が目撃、撮影され、Twitterなどでちょっとした騒ぎになった。
ツイートによれば、「信号待ちしてたらみんな上見てるから何かと思ったら何か光る物体が飛んでて、ラジコンだろと思ってたらパッと消えた(笑)」ということだ。
一番最初の報告が4時1分、次の写真付きツイートが4時40分ということで、同じものがずっと見えていたのか、ツイートが遅くなったのかはわからないが、大勢の目撃者がいたのだから、何かが飛んでいたことは間違いないだろう。(その割にTwitterの数人以外に実際に見た情報、撮った写真がネットで出てこない。目撃が嘘とも思えないが、ちょっと不思議だ)
——形からするとラジコンヘリが疑わしい。近年海外で、デモなどの様子を搭載したカメラで撮影していたマスコミのラジコンヘリが、UFOと間違われたことがあった。
パッと消えたように見えたのは、ライトを消したために機体が暗闇にまぎれて見えにくくなっただけなのかもしれない。
当日は保険会社のメットライフアリコが、スヌーピーの絵が描かれた飛行船を飛ばしていたようだが、写真を見る限り飛行船ではなさそうだ。

12月1日/イギリス、風力発電所上空のUFO?

mail Online(デイリーメール/英語)日本新華夏株式会社(新華通信社/日本語)

131201england.jpg131201england.jpgクリックで拡大英紙デイリー・メールによると、11月23日にイギリス・デヴォン州のフラブルック(Fullabrook)風力発電所上空に円盤状のUFOが現れ、風景を撮影していたプロのカメラマンによって撮影された。
撮影後に写真をチェックしていたところ、UFOに気付いたという。
付近の都市チブナー(Chivenor)の捜索救助隊は、当日に訓練をしていたので、UFOがその訓練機だったかもしれないと指摘した。
——救助隊の飛行機が一番疑わしいが、どうも素直に飛行機には見えない。

11月28日/山形県新庄市のUFO?

山形新聞

131128yamagata.jpg27日午後5時半頃、宮城県新庄市で不規則な動きをする光体が映像に撮影された。
市内の女子中学生がホームビデオで撮影した光体は、1時間15分ほどにわたって南西の方角に目撃され、「白や赤に次々と色が変わり、すごい速さで移動しているように見えた。ミラーボールのようにギラギラ光り、膨らんだり縮んだりしていた」という。また撮影時、手ぶれ防止のためにベランダにカメラを固定していたという。
——記事の中で大学教授も指摘しているとおり、南西の空には金星がまぶしく輝いていた。当日は7時15分に沈んだので、1時間15分という目撃時間ともほぼ合致する。(角度が低くなれば金星没前でも暗くて肉眼での観測が難しくなるし、建物や雲に隠れればなお早まる)
YouTubeはオリジナルからの抜粋と思われるが、カメラの操作音らしきものが聞こえるので、光体が移動して見えるのは手ぶれだろう。どれほどしっかり固定したかはわからないが、そうとわかる映像はないんだろうか。
結論としては金星が一番疑わしいということになる。金星と別に輝いていたというならともかくだが、それについての言及もないわけだし。
撮影者の女子中学生はこれに懲りず観察眼を養って、立派なスカイウォッチャーになってほしい。

11月19日/モスクワ郊外で謎の閃光

The Voice of Russia(日本語)Земля. Хроники Жизни. (ロシア語)

131119moscow.jpg18日深夜、モスクワ郊外のリュベルツィとコテリニキ(コチェリニキ)で謎の閃光が監視カメラの映像に収められた。リュベルツィとコテリニキは、モスクワ中心街から見て南西に20kmほどにある隣合わせの町だ。
今のところ原因は不明だが、さっそくUFO研究家達が関心を示しているという。
映像のタイムスタンプを見ると、18日午前0時59分55秒あたりから3秒間ほど、まばゆい閃光が起こり、夜の街が照らしだされているのがわかる。1時00分6秒からの映像も一本あるが、時計が遅れていたせいかと思われる。



TBNnewsの映像

——思い起こされるのは今年2月15日に、同じくロシアのチェリャビンスク上空を通過し、衝撃波で大きな被害を出した隕石だ。今回もまた天体現象だろうか? 局所的なものであれば花火や照明弾のようなものも考えられるか?
もう消されてしまったYouTube動画に付いていたコメントには、送電システムの事故によるものだという書き込みがあった。2本目のTBNnewsの映像にもそれらしいシーンが収められている。それが正解なのかもしれない。

11月9日/ロシアの宇宙飛行士、UFOについて語る

ロシアNOW(日本語)RG.RU(ロシア語)

日本人宇宙飛行士の若田光一さんらを乗せて、7日に打ち上げられたロシアのソユーズロケット。
出発前に、同乗のミハイル・チューリン宇宙飛行士にインタビューがなされ、宇宙空間でのUFOの目撃についても質問された。
インタビュアー「宇宙で説明できないような現象に遭遇したことはありますか。」
チューリン飛行士「UFOのことですか? 一度も見たことがありません。『私は見たことがある』と答えた人も誰一人知りません。」
——身も蓋もない(笑) 少なくとも宇宙人の乗り物のようなものは見ていないのだろう。

11月8日/人工衛星GOCEが落下の予定

CNN.co.jp(日本語)

燃料を使い果たした欧州宇宙機関(ESA)の人工衛星「GOCE(ゴーチェ)」が、米国時間10〜11日頃に地上に落下する予定だ。
GOCEは重さ約900kg。大気圏突入によってバラバラになり、破片が地表に降り注ぐと思われるが、海上または無人地帯に落下する可能性が高いと予想されている。
大気圏突入が迫れば落下予想地点の絞り込みが可能になるという。
——被害があっては困るが、日本から見えるようであれば興味深い。
《追記》ESAは、GOCEが予定どおり日本時間11日午前9時頃、大西洋上に落下したと発表した。1100kgの衛星のほとんどは上空で燃え尽きたが、25%程度が地表に到達したという。被害は出ていない。

11月6日/バイコヌール近郊でUFOの破片発見?

The Voice of Russia(日本語)

カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地から約100kmにある村落コジャバクィ近郊で、羊飼い達がロケットノズルのような破片を見つけ、未確認飛行物体のものと言われている。
現場は一般の立ち入りが禁止され、専門家らが調査しているが、放射線レベルは正常で犠牲者もない。
インターファクス通信が専門家の情報として伝えたところによれば、2006年7月26日に発射後にすぐ事故を起こした「ドネプル」ロケットの一部ではないかという。
——厳密に言えばUFOなんだろうが、なんでもかんでも奇怪な物体として報道するのはどうか。
バイコヌール宇宙基地は、国際宇宙ステーションに人員や物資を運ぶロケットの打ち上げにも使われている。



UFO事件簿内検索