UFO事件簿/UFOニュース2013年9月〜10月

005.png

006.png

UFOニュース2013年 9月〜10月

10月20日/アイスランドの怪光

The Voice of Russia(日本語)Mirror紙(英語)抜粋前の映像ウェブカメラ(写真をクリックでリアルタイム更新ページに)

131020iceland.jpgアイスランドの定点観測のウェブカメラに奇妙な光体が写っていて、ミラー紙に取り上げられて話題になっている。
撮影日は9月の29日の午後4時頃だという。場所はアイスランドのアークレイリ(Akureyri)。
気付いてYouTubeにアップロードしたのはYouTubeID:Bjarki Mikkelsen氏。彼はデンマークからウェブカメラを見ていて気付いたそうだ。
とても明るい光体が画面上から現れ、建物の屋根のあたりまでゆっくりと下降している様子が写っている。光体の到達点に、火がついたかのように明かりが揺らめいているのもわかる。
——車の動きと比較して、かなりゆっくり降下していることがわかる。少なくとも隕石のようなものではないだろう。ネット上では照明弾/信号弾の類ではないかという推測もされていた。
Mikkelsen氏が設置したウェブカメラでないなら、どうやって画像データを入手したのだろう? もしアーカイブされているならそちらを確認したいのだが。


ウェブカメラの置かれた場所は特定できた。ほぼ真北を向いて置かれている。対岸にも別なウェブカメラが置かれているので、もし画像が保存されているならそちらと比較したいところだが。


大きな地図で見る

10月20日/ペルー空軍、UFO調査部署復活させる

AFP BBNewsEXONEWS(英語)examiner.com(英語)

ペルー空軍は19日、2001年〜2008年に活動していた、空中で発生する特異現象(未確認飛行物体(UFO)の目撃情報など)についての調査部署、空中特異現象調査局(DIFAA/Departamento de Investigación de Fenómenos Aéreos Anómalos)を復活させると発表した。
DIFAAは空軍職員、社会学者、考古学者、天文学者らで構成され、現象の発生頻度や日時、場所などについて分析するという。
DIFAAは運営上の問題で一時閉鎖されたが、国内での目撃情報の増加と、そうした情報が報道機関に伝えられていることを復活の理由にしている。

10月6日/香港でどら焼き型UFO?

ROCKET NEWS24

131006hongkong.jpg香港の青一(チンイー)で10月6日夜、どら焼きのようなUFOが上空でビデオに撮影された。
映像にはビルの上空低めに滞空する光体が写っており、ズームアップすると横長のどら焼きのような形になっている。
——方角がわからないが、おそらく当夜南西の空に出いていた金星だろう。ひし形/どら焼き型になったのはカメラのオートフォーカスが合わずにピンボケになったものだ。

9月27日/オバマ大統領、宇宙人の存在を認める!?

NINE INCH NEWS(英語)カラパイア

130927obamaHoax.jpgアメリカのオバマ大統領が、なんと宇宙人の存在を認める記者会見を行ったというニュースがある。
報じたのは英語サイトのナインインチニュース。
それによれば、「早朝に行われた予定外のホワイトハウスでの記者会見で、オバマ大統領は『第二次大戦後から、主要国の政府は宇宙人によってコントロールされていた』と述べた。」という。
大統領は続けて、宇宙人のグレイがトルーマン大統領に対してテクノロジーと引き換えに地球に拠点を作ることの許可を求めたことや、宇宙人から宇宙の同胞として認めるために核兵器の放棄を求められ、それをソ連とともに拒否したことなどを語った。
最後にオバマ大統領はこらえきれずに笑いながら冗談だったことを告白し、「我々人間の問題は自分自身で解決する責任がある」と語ったという。
——いくらジョークに寛容なお国柄とはいえ、わざわざこんな冗談を言うために特別な記者会見を開いたのなら内外から非難を浴びるだろう。そうでなくても世界中のメディアで報道されるはずだが、このナインインチニュース以外の情報ソースが出てこない。
同サイトの他のニュースをいくつか見てみると、日本でいう「虚構新聞」ばりのジョークニュースを扱うサイトのようで、記者会見自体が存在しなかったと思われる。
ニュースはあまり広まらなかったようだが、中には信じてしまっている人もいるようだ。情報の判断能力が求められる。

9月22日/ユカタン半島に火の玉落下

TEATRO Y CULTURA(スペイン語)Strange Sounds(英語)日刊ナックルズ

130922yucatan.jpg

9月22日午後8時30分頃、メキシコのユカタン半島にあるキンタナ・ロー州(Quintana Roo)で、大きな音と爆風を伴った火の玉が落下するのが目撃された。火の玉はイチュムル(Ichmul)という小さな町に落ち、停電が起こった。
落下地点を調べると、電線に衝突して地面に突っ込んでいる奇妙な物体が発見された。
中には人型をしたものも含まれていた。
——人型と言われるものは胴体と足のようにも見えるが、二股に分かれているからそう見えるだけのようにも思える。
ソースサイトでは人工衛星の破片ではないかと推測している。

9月20日/火星で生命活動の痕跡見つからず

毎日jp

NASA(米航空宇宙局)は19日、火星の無人探査車キュリオシティーで6回にわたって火星の成分を分析したが、生命活動の証拠となるメタンが発見できなかったと発表した。
「地球にいるようなメタンを放出する微生物が、火星に生息している可能性は低い」としている。
——あくまでも現在の話なので、太古の昔に微生物がいたことが否定されたわけではない。

9月11日/カナダの野球場のUFO映像

ナリナリドットコム

130911canada.jpg9月3日の夜、カナダのバンクーバーの野球場ナット・ベイリースタジアムで、滞空するUFOが約1800人の観客によって目撃、撮影された。
ネットユーザからは「店で売られているラジコン飛行機のよう」「(目撃された方向にある)国際空港のジェット機ではないか?」と様々な推測がなされた。
カナダ紙バンクーバー・クーリアーによれば、同市でプラネタリウムを運営しているマクミラン宇宙センターが「プラネタリウムの利用者に向けた話題作りで行ったもの」と発表したという。

9月5日/バルチック海でUFO撮影される?

The Voice of Russia(日本語)

130905russia.jpg2011年7月に、カリーニングラード〜ゼレノグラツク間を走る車から撮影された写真。
撮影した男性によれば、夕方の7時40分に走行中のサイドミラーにエーテル色の球体が動くのが見られた。車と同じ時速200kmほどで動き、急加速や急停止をし、形を変え、不規則に動きまわったという。
——夕日の左上に映ったレンズゴーストがそれだというなら、この男性の話の信ぴょう性は限りなくゼロだろう。いくらロシアでも時速200kmで走るのは危険だと思う。



UFO事件簿内検索