UFO事件簿/UFOニュース2015年5月

005.png

006.png

UFOニュース2015年 5月

5月29日/口永良部島の噴火時のUFO!?

YouTube

29日10時頃、鹿児島県の屋久島の西にある口永良部島(くちのえらぶじま)の火山が爆発的噴火をした。
これに関するNHKニュースの映像に、UFOが写っているとしてさっそく話題になっている。


——ハイビジョン画像でも確認しづらいが、ヘリコプターもしくは鳥だろう。
噴火して間もなくの映像のようなので、偶然付近を飛んでいたのかもしれないが、昨年夏から34年ぶりの噴火が起こって警戒レベル3になっていたので、監視ヘリかもしれない。
いずれにせよ、こうした大きな自然災害の時は監視ヘリ、報道ヘリが飛び交うので、それをUFOに誤認するケースが増える。気をつけよう。
動画で音声が二重になってるのが聞きづらいね。

5月29日/ニュージーランド上空の…CG

カラパイア

ニュージーランドのクイーンズタウンで機上から撮影されたという、脳みそのような飛行物体!?



メイキング映像

——ソースサイトでもさっそく読者から指摘があったようだが、YouTubeの投稿者が別の動画で種明かしをしている。
こうした罪もない遊びを取り上げるのはちょっと気が引けるのだが、本人以外のメディアで取り上げられたからには、きちんと指摘も必要だと思うので一応。
今回のコツは、動画をアップロードしている人の他の動画をチェックしたことだ。

5月29日/荒川上空の……電飾凧

dailymotion

動画は転載されたもののようで、年は不明だが、6月22日に東京と埼玉の県境の川口荒川大橋上空で撮影されたという映像。
撮影者も、この物体が凧のような動きをしていると言っている。

——撮影者は鮮明なUFO映像としているが、荒川は以前からLEDによる電飾凧を揚げるおじさんがいて、漫画家清野とおるの「東京都北区赤羽」でも紹介されている。

5月28日/スカイツリーにUFO!?

おたくま経済新聞

5月14日に東京スカイツリーを写した時に、奇妙な発光体が写っていたことが紹介されていた。
大元はツイッターだ。
——一般の方なので今回は写真転載を控えるが(見たい方は上記ソースサイトでどうぞ)、手前にある街灯のレンズゴーストは明らかだ。
知らない人だと、UFOに見えてしまうのだね。知ってるか知らないかの差だけなので、撮影者を笑ったりしてはいけない。
おたくま経済新聞ではドローンではないかと疑っているが、それを報じる側はもっと知識をつけてほしい。

5月27日/ロシアのUFO?

Aol News

ロシアの片田舎で日没時に撮影されたという映像。

——ガスが抜けてゆっくりと落ちてきてる風船だろう。夕日に照らされればなんでも輝く。

5月27日/オランダのクラゲ型UFO?

TOCANAgroninganus(撮影者のブログ)

150527holland.jpgオランダで撮影されたという写真。撮影時にカメラに緑色の物体が短時間映ったのを写したという。
——クラゲ型UFOと言ってるようだが、単純なレンズゴーストだ。
この手のネタはさっさと行きましょう。

5月26日/ゴルフの試合中のUFO?

Aol News

5月9日にフロリダ州のTPCソーグラスで行われたPGAツアー、ザ・プレーヤーズ選手権で、試合中のグリーンに光が反射しているのに気付いた撮影者が、上空に黒い物体が飛んでいるのを撮影したという。

——グリーン上の光って逆三角形の3つの光のこと? 室内の灯りが撮影してるテレビの表面に映り込んでるだけでしょ。カメラが上空を写しても位置変えないし。上空の黒い物体も滑空してるただの鳥だろう。
そもそもテレビ放送を写しただけだろうから、本人が撮ってすらいない。
AOLもこんなくだらないのをニュースで取り上げるな。バカにされてる。

5月22日/水を吸い上げるUFO?

NEVADA COUNTY SCOOPER

150522nevada.jpg150522nevada.jpgクリックで拡大地元の匿名のパイロットが、ネバダ州のスコッツ・フラット(Scotts Flat)湖から水を汲み上げているように見えるUFOを撮影した。
この「水のビーム」は透明のストローのように見えたという。
確認のために他の航空機にも連絡したが、返答は得られなかった。
——一体なんだろう? 矢印で湖と「水のビーム」の接点が見づらいのが残念だ。オリジナルの画像はもっと大きいだろうから、それを見ればもっと何かわかるのではないか。
さっそくスコット・ウェアリングが何か言ってるのだが、そちらは無視で。

5月22日/火星の小さいおじさん(-_-;)

TOCANAUFO Sighting DailyNASAのオリジナル写真

台湾在住の妄想的ビリーバー、スコット・ウェアリングが、NASAの火星写真に小さいおじさんを見つけたといって騒いでいるそうだ。
オリジナル画像の左下に小さく写っているなんだかよくわからない地形が、たまたま人型っぽく見えるというだけのくだらないネタだ。
世の中にはこんなことを信じてしまう人もいるので、否定するために一応取り上げるが、内心かなりうんざりしている。

5月22日/太陽に光の輪。UFO襲来か!?

AFP BB NEWS

21日、メキシコの首都のメキシコシティで、太陽の周りに光の輪ができる光学現象である「暈(かさ)」(英語でハロともいう)が観測された。
これを不吉な現象の前兆ではないかという説や、UFOと結びつけた憶測などがネット上に飛び交ったという。
150523halo.jpeg——虹同様、大気中の水分による光の屈折現象によって起こるもので、気を付けて空を見ていればよく見られる現象だ。
5月22日には日本でも暈および、もっと低い位置に虹色の帯が見える「環水平アーク」という現象が、広い範囲にわたって見られた。
写真は筆者が宇都宮で写した暈。環水平アークは見られなかった。左下の丸い光はレンズゴーストなので、UFOとか言わないように。
これを同日夜の奄美大島の地震(最大震度5弱)と安易に結びつける人もおり困ったものなのだが(虹が出たって地震は起こらないでしょ?)、UFOとはいったいどう結びつくというのか。頭が痛い。
そうした安易な珍説を唱える前に、まず気象現象について知識をつけるべきだ。

5月19日/火星のレーザー銃?

TOCANAUFO Sightings DailyNASAのオリジナル画像

台湾在住の陰謀論系UFOビリーバー、スコット・ウェアリングが、また「NASAの火星の写真にレーザー銃が写っている!」とかくだらないことを言っている。
写り方によってたしかに鉄床(かなとこ)のようには見えるが、これをレーザー銃に結びつける思考回路はお笑い種だ。

5月16日/サンディエゴのUFO

おに怖ニュースNational Paranormal Association

150516sandiego.jpg4月29日にカリフォルニア州サンディエゴ南部、サン・イーサイドロ(San Ysidro)で、NBC 7のテレビクルーによって撮影されたという映像。
夜空に不規則な配置の赤白の光が浮かび、一部が点滅している。

——ずいぶん奇妙な配置の光体群だ。おそらくは大きな物体に付けられた一連のライトなのだろう。滞空しているので飛行船が疑わしいが、確証は持てない。そういったものの飛行記録を調べればわりと簡単に正体がわかりそうな気がする。

5月9日/ブダペストの宇宙人写真!?

cryptozoology newsMUFON検索ページ(Date of EventにApril 25 2015〜、Event CountryにHUNGARYを入れると出てくる)、TOCANA

150509budapest.jpg150509budapest.jpgクリックで拡大世界最大のUFO研究団体であるアメリカのMUFON(ムーフォン)に、匿名で通報された情報。
4月25日の午後早く、ハンガリーの首都ブダペストの森を歩いていた人物が、道にクモのような生物と、明るいオレンジ色の光が浮かんでいるのを目撃し、携帯のカメラで撮影した。
その後覚えているのは、その生物がいなくなったことだけだという。
画像を調べた人物によればカメラはサムソンのスマホGalaxy S5(S5 SM-G900F)で、Photoshopなどで加工された形跡が見られないが、なぜ動画撮影しなかった点はわからないという。
——オリジナル画像は5312×2988という非常に大きなものだ。MUFONの検索では写真と簡単な情報しか出てこない。
等倍表示で見てみると、周囲の草木は細かい部分がつぶれて不鮮明なのに対し、宇宙人(?)だけつぶれもなく鮮明だ。
2013年2月27日のニュースのフィリピンの宇宙人写真同様、スマホアプリには宇宙人やUFOを写し込むイタズラアプリがあるので、これもその類で写されたんじゃないだろうか?(Android端末を持っていないので確認できないが、調べたところ、例えば「UFOフォトブース」などというアプリが出ている)
それなら後からPhotoshopなどでいじった形跡がないのも当然だ。(Photoshopでいじっても、形跡を消そうと思えば消せないこともないだろうが)

5月7日/ロズウェル事件の新写真

Tech insightMETROMETRO(11日)

150507roswell.jpg以前にも伝えたとおり、1947年に起きたロズウェル事件に関して新しい写真の公開が、5日にあった。
写真はUFO研究者のジャーナリスト、ジェイミー・マウスサン(ネイティブな発音ではハイメ・マウサン)が秘蔵していたもので、1940年代後半に石油地質学者のバーナード・A・レイ氏が撮影し、アリゾナ州の弁護士(故人)が所有していたという。
肝心の写真はミイラのようなものが写っているがピントも甘く、「動物のミイラか、そもそも作り物ではないか」という声が上がっている。

11日の続報では、ネットの人々により画像解析が行われ、サンフランシスコ博物館にある2歳の男の子のミイラであることが判明したようだ。
しかしハイメ・マウサンはあくまでもミイラではないと主張しているという。
——ずいぶんもったいぶったが、結局いつもの不鮮明な写真が出てきただけだ。さらにはあっという間に正体まで解析されてしまった。
ハイメ・マウサンもどこまで信じているのか知らないが、インチキネタを持ってきて小遣い稼ぎをするのもいい加減にしてほしいものだ。



UFO事件簿内検索