UFO事件簿/UFOニュース2015年6月

005.png

006.png

UFOニュース2015年 6月

6月25日/UFO目撃マップ

ギズモード・ジャパン

150625ufoMap.jpg今月7日付でもUFO目撃マップを紹介したが、こちらはまた別のマップ。IDV Solutionsのジョン・ネルソン氏が作成したもので、こちらもNational UFO Reporting Center(NUFORC)の情報に基づいて1970年代〜2013年までの証言をマッピングしたもの。
UFOの形の情報、目撃時期などもマッピングされている。70年代は円盤型だが、2013年は火の玉のような形が多いという。

——サイト上でデータベースと連動して描かれるのかと思ったら、どうやらまとめられた大きな画像しか見つからない。それでもなかなか興味深いまとめだ。

6月24日/伊勢でUFO撮影!?

伊勢志摩経済新聞

150624ise.jpg三重県伊勢市で洋服店を営む新井さんという女性が、今年1月13日午後5時7分に撮影した2枚の写真。
遺跡の斎宮跡地上空を飛行する「ほうき星のような、飛行機でないけど飛行機のような不思議な物体」を目撃し、スマホ(GALAXY Note 3 SCL22)で撮影したという。後で確認したところ、実際に目撃した物体の他に、別の赤い光の物体も写っていたという。
——目撃して写そうとしたのはお馴染みの夕日に照らされた短い飛行機雲(ショート・コントレイル)であることは確かだ。
一方の赤い光はレンズゴーストの可能性が高いが、元となる強い光源が写真中には見られないが、レンズ内で複雑に屈折、反射をすれば視野外の光源でもゴーストを作ることはありうるだろう。
赤いので信号か車のブレーキランプあたりが疑わしいが、これ以上は判断付けかねる。
ソースサイトはきちんと撮影日時とカメラの機種名の他、撮影地点も特定してグーグル・マップにマーカーしてくれており、とても好感が持てる。

6月24日/準惑星ケレスにピラミッド状地形

CNN.co.jp、NASAのオリジナル写真その1その2(右側のFull-Resのリンクをクリック)

150624ceres02.jpg150624ceres01.jpg

NASAの探査機ドーンが接近して調査を行っている準惑星のケレス(セレスとも)に、標高4,800mにもなるピラミッド状の山が見つかった。14日に撮影された画像。
ネットではさっそく宇宙人説などが飛び交っているという。
NASAでは「比較的平坦な地域から突き出ている、興味をそそられる山」としている。
——どのようにこうした山が形成されたのだろう。ケレスでは地表に強く輝く部分が発見されており、そちらとともに興味深い。

6月24日/雲間の動く怪光

カラパイアTOCANA

アメリカのインディアナ州グリーンウッドで撮影されたという映像。
雲間からサーチライトのような光が動いている。

——HAARP(ハープ/米軍による高周波オーロラ調査プログラムなのだが、陰謀論者から気象兵器のための施設だと疑われている)によるものだという根も葉もないデマもさっそく出ているようだ。
こうした現象はクラウン・フラッシュ(Crown flash)と呼ばれるようだ。
NASAの関連サイトによると、上空の雷雲の稲妻によって、日光を反射していた氷晶(上空に浮かぶ氷の結晶)の電界を一時的に変化させることで生じたものだと推測されるという。(自分の英訳なのでわかりづらくて恐縮だが)


NASAのサイトに掲載されていた、シンガポールで撮影された同様の現象

なおこの件に関して、台湾在住の妄想的UFO研究家スコット・ウェアリングは、「UFOの光を反射したものだ」と、相変わらずのことを言っているようである。いやはや…。

6月22日/小金沢くんのUFO写真

東スポWeb

2004年10月に、演歌歌手の小金沢昇司氏が神奈川県秦野市のゴルフ場で撮影したとされる写真が、いまさらながら東スポで紹介された。
富士山の周りに紫と赤の光が見えたので面白半分に写真を撮ったところ、上空にUFOが写っていたという。
他にもメキシコで、ニヤニヤした現地スタッフに言われたとおり斜めから鏡をのぞいたところ、鏡の中に宇宙人の姿を見たという。
——写真はソースサイトで見て欲しいが、太陽光がレンズ内で反射して作り出した典型的なレンズゴーストだ。
鏡の中宇宙人というのも、現地スタッフによるいたずらだろう。おそらくは斜めから見るとそういうものが浮かび上がるイタズラ鏡があるのではないか?

6月19日/ロシア上空のUFO映像

テレビ朝日「グッド!モーニング」2015年6月19日放送、テレ朝news(実際の映像)

150619goodmorning.jpg視聴者からの投稿動画を紹介していた。
ドイツから日本に向かう機内、ロシア上空で撮影された映像。飛行機と同じ高度を飛ぶ黒っぽい物体が方向を変える様が映っている。
撮影者はshane coronと名乗る日本人女性(と思われる)。
「変な物体がすごい速度で飛行機に追いついてきたので、ちょっと怖かったです」と語る。
たま出版の韮沢さんに意見を求めたところ「まさにUFO。惑星から来ている宇宙人が2〜3人は乗っている。飛行機の搭乗者に、『友達にならないか?』という感じではないか」
それに対し元全日空パイロットの前根明氏は、「戦闘機が作った飛行機雲ではないか。戦闘機は環境対策がされていないので飛行機雲も黒くなる。何度も見たことがある」
——前根氏の言うとおり飛行機雲だろう。方向を変えているように見えるのは互いの機が旋回したためだと思う。
機体が見えないのは、おそらく実際の距離はだいぶ離れているため見かけが小さくなり、背景に紛れてしまったのではないだろうか。
飛行機雲が大きく見えるので近く感じるという、一種の目の錯覚があると思う。

6月17日/中国の寺院にUFO?

TOCANAMail Onlinepeople.cn

中国の安徽省にある白塔寺で、防犯カメラの映像に、約7分間にわたって形を変えながら飛行する光体が写っていた。
撮影日は5月29日深夜11時。大雨が降っていた。
防犯の監視システムが鳴ったので住職が調べたが、何の異常も見られず、監視カメラを見たところ、この光体が見えた。UFOは最後、急旋回して消えていったという。
気象学者によれば、球電現象などではなく、監視カメラに近づきすぎた虫の可能性もあるという。

——立体感がないので、直接光体を写したのでなく、監視カメラレンズ前のガラスにあたった光を写しているのではないか? どの位置から当てられた光で、なぜ形が変わるのかなどはよくわからない。
防犯センサーが鳴ったのだから、UFOでなく誰か人がいたのではないか?

6月17日/テキサス州で雲の誤認相次ぐ

Techinsight

ここ最近、アメリカのテキサス州でレンズ雲が現れ、遠くから見た人がUFOと間違え、SNSや気象庁などに目撃報告をしているという。

6月13日/ネス湖でUFO撮影?

新華ニュースMail OnlineTOCANAcarters NEWS AGENCY

150613lochNess.jpg150613lochNess.jpgクリックで拡大UMA(未確認生物)ネッシーで有名なネス湖で、UFOらしき物体が撮影された。
ヨークシャーに住む夫婦が休暇で訪れたネス湖で、ネッシーを見ようとしたところ、湖の上に飛行するUFOらしき物体を撮影したという。
——画像を見ると、ガラス窓越しに撮影しているようだ。おそらくUFOと思われるものは室内の灯りが窓に映ったものだろう。
TOCANAやそのソースになっているCarters News Agencyの写真では、右下に映る室内の反射がわかりやすい部分がトリミングされてしまっている。

6月8日/月に化けたUFO!?(-“-;)

UFO Sightings DailyTOCANA

150606russia.jpg5月30日〜31日に、ロシアの黒海に面したクラスノダール(Краснодаром)で、月に化けたUFOの映像が撮影されたというが…。
駐車場で複数の男性が月を見ていると、月が小さくなりながらゆっくり上昇し、最後は右上の空に加速して飛び去っていく様子が映っている。
TOCANAでは「クラノスダール」になっているが、これは間違いだろう。

——画面奥の男性達もスマホか何かで撮影している模様。最後、UFOが右上に飛び去っても、それを誰も追わず、正面を指さしている始末。イタズラで作った映像だろう。
こんなネタに騒いでいるのは、毎度おなじみ台湾在住のUFO妄想家スコット・ウェアリング。彼のネタはあまりにくだらないのでできるならもう扱いたくないのだが、面白がって他のメディアが扱うので、一応否定のために掲載する。こんなものでも信じてしまう人がいるので。

6月7日/アメリカUFO目撃マップ

プロメテウスMirrorUFO Sightings Map

150607ufoMap.jpgアメリカのNational UFO Reporting Center(NUFORC)の目撃データに基づき、1905年以降の全米のUFO目撃地点と目撃者数をプロットした地図が作られた。
作ったのはMax Galkaという人物。プロフィールによればUFO研究家ではなく、こうしたデータを使って統計を取ったりすることを楽しんでいる人のようだ。
当のマップを見てみたところ、ちゃんと事件内容や画像、映像なども見られるなかなかの作り。でも1905年以降というわりには、クリックして出てくるのは古くてもここ20年くらいのものばかりのようだ。

6月7日/世界中で奇怪な音の鳴る現象が報告

TECH TIMES JAPAN

「宇宙人?」というキーワードで引っかかってきて、興味深かったので掲載する。
世界各地で、空から不協和音を奏でるトランペットやゴジラの鳴き声のような、不気味な音が聞こえる現象が報告されているという。録音に成功した人達がYouTubeなどに投稿しているのだ。
NASA(アメリカ航空宇宙局)の研究者らによると、地球の背景雑音(Background noise)によるものである可能性があるという。
なぜNASAの研究者が回答しているのか、背景雑音なるものがいかなるものなのか、よくわからないが、自然現象ということなのだろうか。動画を見る限り、かなり大きな音で鳴ることもあるようだ。
都会などなら、仮に鳴っていても車などの騒音と勘違いして気付かないかもしれない。
同種の現象にアポカリプティック・サウンド(apocalyptic sound/この世の終わりのような音)という現象があるようだ。

ソースサイトでは自然電波放射という言葉を持ちだしているが、窓の隙間風がピューピュー言うように、風が狭いところを吹き抜けることで笛と同じ状態になって、こうした音が出ることも十分考えられる。
原因はよくわからないが、昔なら妖怪や奥山に住む大男の伝説などの元になりそうだ。

6月7日/太陽系に似た惑星系発見

DMM NEWSMail Online

イギリスのケンブリッジ大学の天文学者を中心としたチームにより、地球から約360光年離れたケンタウルス座の中に、誕生して間もない太陽系によく似た天体集団が発見された。
それはHD115600と名付けられた恒星で、太陽より少し大きい程度。できてから1500万年とまだ若い星で、太陽系で海王星の外にあるエッジワース・カイパーベルト天体にあたる天体もあるという。
まだ若い星なので周囲に惑星があってもまだ生物は発生していないだろうが、今後何億年かした後には生物の発生が期待される。

6月1日/ソーラー・インパルスでちょっとしたUFO騒動

NAVERまとめYOMIURI ONLINE

1日夜、名古屋などの上空に奇妙な飛行物体が目撃され、SNSなどでちょっとしたUFO騒ぎとなった。
実はこれはソーラー・インパルス2という太陽光エネルギーだけで飛行する、翼の長さが72mもある有人飛行機。
3月にアラブ首長国連邦(UAE)を飛び立ち、中国の南京を経てハワイに長距離飛行する予定が、天候不良のために急遽名古屋の空港に着陸したもの。
《追記》ソーラー・インパルス2は、約一ヶ月後の29日未明に名古屋空港を飛び立ち、次の寄港地であるハワイに向かった。



UFO事件簿内検索