UFO事件簿/UFOニュース2015年3月

005.png

006.png

UFOニュース2015年 3月

3月31日/NASAの元職員、スペースシャトルの宇宙人について暴露!?

TOCANAMirror(英語)

150331McClelland.jpgマクレランド氏28日、NASAで1958年〜1992年まで働いていたという元職員のクラーク・マクレランド氏。彼はその間、航空エンジニアとしてアポロ計画、スペースシャトル計画、初期の国際宇宙ステーションなど、800以上ものミッションに携わってきたという。
そんな彼が、1991年のスペースシャトルの極秘ミッション(特定は避けている)の模様をフロリダ州のケネディ宇宙センターの管制室で見ていたところ、命綱を着けて船外活動中の2人の宇宙飛行士のそばに、身長2.7mはあろうかという人影が現れ、一緒に作業を行っていたという。
その人影は宇宙服を着て2本足で立ち、人間そっくりで、共同作業は1分7秒ほど続いたという。
また、その時シャトル後方にUFOが停まっていたとも語った。
マクレランド氏は「宇宙人はすでに地球にやって来てすぐそばにいる。各国の政府に入り込んでいる可能性もある。」と訴えた。
その一方、NASAのサイトには彼の名前が一切見つからないという。



再現映像

——以前にも紹介した(2014年1月13日同2月5日)マクレランドだが、NASAに勤めていたという経歴はかなり怪しいもののようだ。
身長が2.7mというのもどうやって計ったか知らないが、宇宙服を着ていたのになぜ宇宙人と決め付けるのか。
証言まるごと嘘っぽいが、あえてそういうシーンがあったとして、遠近法などでたまたま一人だけ背が高く見えたのではないか?

3月27日/エリア51に運ばれるUFO!?

TOCANA

150327area51.jpg米ネバダ州のエリア51付近の路上で、パトランプをつけた警察車両のようなものに先導された円盤状の物体が、トレーラーの荷台に載って輸送されている様子が映像に撮影された。
撮影者は友人とガソリンスタンドに立ち寄った時に撮影したという。
目撃場所がUFO目撃多発地帯の空軍秘密基地・エリア51付近ということで、同施設へ運ばれるUFOを疑われているという。
またノースロップ・グラマン社の実在する無人ステルス機、X-47Bではないかという説もある。

——エリア51と言っても中心となるグルームレイク基地は周囲何十kmにもわたって荒涼とした大地が続いているので、どこまで付近かはわからない。
空軍のものを警察が先導・警護して輸送するものなんだろうか? 
X-47Bはもう秘密兵器というわけでもないようなので、なかば公然と輸送されるんだろうか。
エリア51は開発中の軍用機のテストフライトが行われているので、UFOじゃなくそういったものが運び込まれてもおかしいことではない。

3月26日/メキシコに雲に偽装したUFO!?

アメナマ

150326mexico.jpg毎度うんざりおなじみの台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングが、メキシコのコリマ山上空の笠雲を「UFOが雲に偽装したものだ!」と騒いでるご様子。

3月23日/火星にキノコ雲!?

TOCANAMail Online(英語)

150323mars.jpg英Daily Mail紙によると、YouTubeのUFOvni Disclosureというチャンネルが、インドの火星探査機「マンガルヤーン」が撮影した火星の写真に、核爆発のキノコ雲のようなものが映っていると主張していると伝えた。
場所はマリネリス渓谷のOudemansクレーターのあたり。
オーストラリアのサザンクイーンズランド大学科学研究センターの天文学者、ジョンティ・ホーナー博士は、クレーターの溝が角度によってキノコ雲のように見えただけだと反論している。

——ホーナー博士の言うとおり、光の加減でそれっぽく見えただけだ。火星の写真を見ればすぐにわかることなのに、よく調べもせず(わざと?)騒ぎ立てるのは悪質だ。

3月22日/MS創業者のポール・アレン、SETIにも協力

THE PAGE

Microsoftの共同創業者で、資産家のポール・アレン氏が、先の大戦で沈没した戦艦武蔵を発見して話題になったが、SETI(地球外知的生命体探査)についても、故カール・セーガン博士らによって作られたSETI協会に多額の寄付をしているという。
協会はアレン氏からの寄付を基に、アレン氏の名前を関した電波望遠鏡を運営し、地球外知的生命からの電波を探しているという。

3月21日/東京の夜に光の柱

IRORIO

東京の夜空に光の柱が目撃され、ツイッターなどで一部話題となった。
光は雲から発せられたかのようにも見える。
投稿者によれば光は環状8号線のあたりだという。
——環八のどのあたりかはわからないが、板橋区に住んでいた頃に同様の光を目撃して、自転車で行ってみたことがある。環八、環七、それとも中山道だったかは忘れてしまったが、要はパチンコ屋さんが宣伝用に上空に向けて照らしていたサーチライトだった。これもおそらくその類だろう。

3月21日/オクラホマのライブカメラに写った高速UFO?

TOCANAKOCO.com

150321oklahoma.jpg12日の午前6時頃、オクラホマ州の地元放送局KOCOが設置したカメラの映像に、高速で画面を横切る光体が写っていた。
地元ローズ州立大学の工学と自然科学を専門とする人物に見解を聞いたところ、非常に小さな隕石か宇宙ゴミかもしれないということであった。
これに対し、毎度おなじみ台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングは、「宇宙ゴミの証拠がどこにあるのか? これはまさしくUFOだ」などと相変わらずのコメントをしているという。

——映像を見ると、空の彼方に飛び去るのでなく、地平線よりも下の部分に落下している。隕石だったらその辺りに落下した痕跡が残ると思う。(家の屋根に穴や凹みができるなど)
もしそうしたものが確認されていないのであれば、カメラの比較的近くを飛ぶ虫が、下からのライトアップに照らされてそう見えている可能性が高いんじゃないかと推測する。

3月19日/オバマ大統領、バラエティ番組でUFOについて語る

ロケットニュース24

150319obama.jpg3月2日放送のアメリカの深夜バラエティ番組「Jimmy Kimmel Live!」にオバマ大統領が出演し、司会のジミー・キンメルからUFOやエリア51についての質問を受けた。
キンメルの「UFOとエリア51の資料を見たのか? クリントン元大統領は資料を確認して何もなかったって言ってましたよ。」という質問には大統領は「何も言えないよ。だってそう言うように指示されているからね。」などと冗談交じりに返答していた。


オバマ大統領出演時

これより前に出演したクリントン元大統領は、「2期目の任期中にロズウェル事件の記念日があり、エリア51の地下に宇宙人が捕らえられているっていう映画があったから確認しに行ったけど、宇宙人はいなかったし、ロズウェル事件の資料にも目を通してみた。エリア51で宇宙人を見ていたらもちろん本当のことを語るよ。」などと語っていた。


クリントン元大統領出演時

——動画を見ると、大統領宣誓の時に聖書の上に手を置いて云々の後にエリア51のことを聞くなど、大統領経験者が来た時の決まりの質問のようだ。
現役を退いたクリントン氏はともかく、現役の大統領は知ってても知らなくても「何も言えない」というのは当然の態度だろう。
日本でも2007年12月20日に、当時の石破防衛大臣がUFOについて嬉しそうに語ったことが面白かった。
これは当時民主党の山根隆治参議院議員による質問主意書に、福田康夫総理が答弁をしたことで話題になっていたことを受けてのものだった。
ただ、UFOをエイリアンクラフトと限定して語っているところは、UFO事件を一面的な見方しかしていないんだろうことがうかがえた。


石破大臣ご満悦のUFO会見

3月17日/準惑星ケレスにオバマ大統領の顔!

TOCANANASAジェット推進研究所のオリジナル動画UFO Sightings Daily

150317ceres.jpgNASAの小惑星探査機ドーン(Dawn)が撮影した準惑星ケレス(Ceres/セレスとも呼ばれる)の写真から作ったアニメーションに、オバマ大統領の顔らしきものが写っているということを、台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングが言っている。
元々の情報自体はFacebookで寄せられたらしいが、「なぜ顔の半分が隠されているのか?」というようなことを言っているようだ。単に撮影の都合だと思うのだが。
——アホらしくて批評する気にもなれない。

3月16日/宇宙人のミイラをメキシコで公開!?

ロシアの声

メキシコのUFO研究家ジェイミー・マウスサンは、「1947年にロズウェルで撮影された本物の写真を、今年5月5日に1万人収容のホールで公開する」という。
宇宙人の映像は皆塗りつぶされているが、1枚だけは例外で、よく見ると見分けることができるという。
——久しぶりにロシアの声からの記事。ジェイミー・マウスサンというのはテレビにもよく出るハイメ・マウサン(Jaime Maussan)のことだろう。
タイトルには宇宙人のミイラとあるが、本文にはミイラのミの字も書かれていない。ロシアの声は日付からして大きく間違えていることがあるので、期待せずに様子を見よう。

3月12日/ウィスコンシン州の葉巻型UFO

msn、YouTube

150312wisconsin.jpgウィスコンシン州アップルトン(Appletopn)北部で撮影された映像。
葉巻型のUFOが雨空にじっと浮かんでおり、最後には短くなって消えてしまう。
msnが掲載した動画がキーワード検索に引っかかったのだが、2013年5月31日とのことだ。なぜいまさらmsnがこれを取り上げたのかは不明だが、たいした意味はあるまい。
台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングが、当時さっそくこの件に関して自身のサイトで記事にしていたが、いちいち取り上げない。

——最初、ソーラーバルーンではないかと思ったが、雨の中だったという。
最後消えてしまう過程はUFOが縮んだのではなく、向きを変えたためにそう見えただけで、遠ざかって雲の中に消えたようにも見える。
最初に取り上げたと思われるYouTubeID:UFObookは、他の動画も地上の風景や目撃者がほとんど写っていない中途半端なクローズアップシーンの短いものばかりだ。この者が作ったフェイク動画の可能性が高いのではないか。

3月12日/土星の月、エンケラドスに生命生息可能な環境

朝日新聞DIGITAL

日米欧のチームが、土星の衛星エンケラドス(エンケラドゥス)に生命が生息可能な環境が存在する可能性が高いとする研究結果を発表した。
氷に覆われた表面から噴出している水蒸気を分析したところ、二酸化ケイ素の微粒子(ナノシリカ)が含まれていることがわかった。ナノシリカは岩石が高温の水に溶けて急冷されてでき、地球でも温泉や海底から湧き出す熱水に含まれる。
つまりはエンケラドスの厚い氷の下に海のようなものが存在し、ナノシリカの生成に必要な90度以上になっている可能性が高いというわけだ。
地球ではそうした場所は多様な微生物が生息し、生命誕生の場の一つともいわれている。
——観測が進み、太陽系のいくつもの衛星の地下で生命の確認が期待されている。知的生命体は無理だが、微生物だけでも発見されれば大ニュースになる。確認は容易ではないだろうが、今後が楽しみだ。

3月11日/カリフォルニアのUFO群!?

YouTube

150311california.jpgカリフォルニア州サクラメント(Sacramento)の昼間の空に現れたという白い飛行物体の群れ。

——よく騒がれる風船だ。東日本大震災の3.11の日なので、もしかしたら日本の被災者の追悼のために放たれたのかもしれない。そうでなくともバルーンリリースはよくあることだ。

3月11日/シリコンバレー上空の超高速UFO?

TOCANA

150311siliconValley2.jpg比較明合成した軌跡

ハイテク企業が集まるカリフォルニア州のシリコンバレーを撮影した映像に、超高速で飛行する謎の物体が写っていたとして話題になっている。
撮影者はYouTubeID:1darmino氏。3月5日4時22分頃、私的に所有しているドローンで265フィート(約81m)の高さから撮影したという。
映像はドローン(無人ヘリ)に搭載された4Kカメラによるもので、画面中心奥から左手前にかけて猛スピードで飛んでくる白い物体がほんの一瞬映っている。
この件に関し台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングは、「虫や鳥などではあり得ない。人類に科学技術を教えるためにシリコンバレーで暮らしている宇宙人によるものではないか。」などと相変わらずの妄言を語っているようだ。


オリジナル


スロー

——右に見える自動車の速度から、フィルムの早回しなどではなさそうだ。山の彼方から飛んできているように見えるが、もっと小さい物体がずっと手前から飛んできたのがそう見えるのかも知れないが、確証は持てない。CGによるフェイクかどうかまでは判定が付けかねる。
撮影者はオリジナル映像の他に解説付きのスロー映像も公開している。他は4年前にモトクロスの動画を上げているだけなので、胡散臭いUFOマニアというわけでもなさそうだ。

3月5日/アルゼンチンのニュース中のUFOはCG

超魔界帝国の逆襲TOCANAHuffingtonpost(英語)TECNO(TNのサイト/スペイン語)

150305argentina.jpg

アルゼンチンのテレビ局TNで先月28日に放送された映像の背景に、空を横切るUFOが写っていたとして話題になった。
しかしその後当のTNが、オリジナルの映像とともに「あれはCGによるデマである」と発表した。

——今回はすぐにわかったものの、こういったイタズラは今後も後を絶たないだろう。
またスコット・ウェアリングが何か言っているようだが無視。

3月4日/リバプール上空のUFO?

msn

150304liverpool.pngイギリスのリバプール上空を飛行中の飛行機から撮影されたというUFO。
動画を埋め込めないのでソースサイトの動画を見て欲しいが、窓の外に丸い物体が飛行機と並んで飛んでいたのが、急降下して飛び去っている。
——撮影日、撮影者などが一切不明だ。CG加工したインチキ動画の可能性も高いと思う。

3月3日/火星で聖書発見!? 頭痛が…

TOCANAUFO Sightings DailyNASAのオリジナル画像

150303marsBible.jpg左がオリジナル、右がウェアリングの画像処理後台湾在住のUFO研究家、スコット・ウェアリングは、NASAの火星探査車スピリットが撮影した画像に古文書のようなものが写っており、表紙に十字の窪みが見えるので自分の家の古い聖書を思い出したと語った。

——相変わらずこの人は「たまたまそれっぽく写ったもの」をムチャな解釈で発表している。頭が痛いニュースだ。どこまで本気なんだろうか? 日本にも故コンノケンイチ氏をはじめ、こうした困った人がいる。

3月1日/カナダ豪雪地帯にUFO不時着!?

AOL News

2月18日、カナダのマニトバ湖周辺で巨大な光る物体の目撃報告が市民から寄せられ、SNSなどで話題になった。
これに対してカナダ軍は「あれは宇宙人ではなく、我々の空軍の演習で、150人が北極の地上捜索の演習を行っていた。飛行機の離陸の際の光が、何らかの形でUFOのように見えたのではないか。」と説明した。

——動画に映っている円盤はあくまでイメージ画像だろう。



UFO事件簿内検索