UFO事件簿/UFOニュース2015年2月

005.png

006.png

UFOニュース2015年 2月

2月27日/ミシシッピ州の点滅するUFO?!

Mirror(英語)Heaven

150227mississippi.jpg26日夜中の0時46分、アメリカのミシシッピ州オリーブ・ブランチ(Olive Branch)(もしくはその数km南のルイスバーグ(Lewisburg))の町で、超常現象研究家アンジェラ・アシュトンが自宅上空に点滅するUFOを映像に収めた。
ベッドにいた彼女は窓の外に目もくらむような灯りを目撃し、雪が降る寒い中、映像に収めた。そのUFOはフットボール場くらいの大きさで、20分以上滞空していたという。
映像には白い光体群が点滅して、ライトの配置が変わっている模様が収められている。
アシュトンはこのUFOについて地球外から来たことを確信しており、「それ以外だったら一体何なの?」と語った。


——付近にはメンフィス国際空港、オリーブ・ブランチ空港がある。iPadアプリのPlaneFinderHDで再現したところ、当夜も何機もの航空機が非常に頻繁に離着陸及び上空を通過していたことがわかった。
20分も同じ場所で滞空していたのであれば不思議だが、空港の管制塔で未確認飛行物体を確認していたら、空港閉鎖や離着陸延期などの措置が取られてもおかしくはないが、そういった情報は今のところない。自宅上空というが、仰角も方角もわからないので、実際はずっと低いところにある空港などの灯りなのかもしれない。
Heavenには星のまたたきが映っているというが、ビデオのノイズだ。雪の降っている日には星は見えない。
20分も目撃したわりに、1分程度の映像しか公開されていない上、現地時間26日早朝の目撃なのに、YouTubeの公開日が25日だ。日本との時差を考えてもおかしい。

2月27日/準惑星セレスの謎の発光

AFP BB NEWSNASAの発表Wikipedia

150227ceres.jpg火星と木星の間の小惑星帯にある天体の中では最大の準惑星セレス(Ceres/ケレスとも呼ばれる)の表面を撮影した写真に謎の光が発見された。撮影したのはNASAの無人探査機ドーン(Dawn)。
ドーンのプロジェクト担当者のクリス・ラッセル氏は、「火山のような光源の可能性があるが、より高解像度の画像を待った方がいいだろう」と述べた。
ドーンは来月6日にセレスの軌道上に投入される予定となっている。ただし、夜の部分から周回軌道に入るため、本格的観測は4月中旬からだという。

2月27日/ロシアで奇妙な飛行機雲

TOCANA

150227vladivostok.jpg2月19日正午頃、ロシアのウラジオストクの上空に奇妙な飛行機雲が発生し、映像、写真に撮られ話題になっている。
映像には破線状に飛行機雲ができていく様子が映っているが、肝心の飛行機らしい姿は確認できない。



目撃を伝えるツイッター

——弧を描いて飛んだ後に直線飛行するなど、何かのデモンストレーションのように思える。機影が見えないのは背景に機体が馴染んで見えづらいのと、動画の解像度が240pと低いせいかもしれない。

2月25日/イギリスでUFOが写真に撮られる

Aol.News

150225england.jpg2月17日、イングランドのコーンウォールのビーチで、ビーチを写した写真のすみに何物か不思議な物体が浮遊しているのが撮影された。
この場所は毎年40〜45件のUFOの目撃がある、UFOのメッカと言われている土地だという。
一部では無人機(ドローン)、ロシア軍の爆撃機説などがささやかれているという。

——ドローンのようでもあるし、鳥のようでもある。いくらなんでもロシア軍機はないだろう。

2月14日/太陽の隣に巨大UFO!?

ロシアの声

150214sun.jpg太陽の近くに正確なひし形をした巨大な物体があることを、台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングが自身のサイトで報じた。
Helioviewer.orgという太陽観測画像を見られるサイトで、2月10日の9時14分41秒(UTC)の画像にそうしたものが写っていたという。
——もう取り上げるのもバカらしいが、太陽表面の模様がたまたまそのように見えただけだ。

2月13日/オバマ大統領顧問、UFO情報の秘匿を残念がる

ロシアの声The Washington Post(英語)TOCANA

オバマ大統領の顧問を務めたジョン・ポデスタ(John Podesta)氏が、オバマ政権での仕事最終日の13日に、「最後に、2014年の私の最大の失敗は、UFOファイルを公開できなかったことだ。」とツイートした。
ポデスタ氏は来年の大統領選に出る予定のヒラリー・クリントンの選挙本部に入る。
——現在はツイッターのアカウントがポデスタ氏から引き継いだブライアン・ディーズ(Brian Deese)のものになっているが、ツイッターは同じアカウントで表示する名前とアカウントIDを変更することができるせいだろう。以前のツイートの画像を見ると、ポデスタ氏が写った写真が出てくる。
ポデスタ氏は以前からUFO情報を公開すべきと主張しており、当サイトでも2013年12月15日のニュースで取り上げている。

2月12日/SETIの科学者、宇宙人との接触を勧める

TOCANAMirror(英語)

12日付のイギリス、デイリー・ミラー紙によると、SETI(地球外知的生命探査)の責任者、セス・ショスタク博士(Dr Seth Shostak)が、アメリカ科学振興協会の学会で「地球はできるだけ早く宇宙人と接触する必要がある」と発表したと報じた。
博士はBBCのインタビューに対し、「学会の何人かはアクティブSETI(地球外の知的文明に向けてメッセージを送る試み)に興味を持っているが、多くの人達は、宇宙人が惑星を滅ぼしてしまうのではないかと恐れてSETIに反対している。しかし地球からはテレビ、ラジオ、レーダーなどの電波がすでに地球外に漏れているので、やって来て一日で惑星を滅ぼすことができるような生命体なら、もうとっくに我々のことは知っているだろう。」と語った。
——ショスタク博士は以前にも「25年後までに宇宙人からの返信があるはずだ」(2月11日のニュース)と語っており、地球外知的生命との接触に積極的だ。

2月10日/ペルーの建設現場に浮かぶUFO

TOCANAその1TOCANAその2UFO CASEBOOK(英語)ロケットニュース24MUFON(英語)

150210peru.jpg2月10日10時30分、ペルーの首都リマのミラフローレス(Miraflores)の建設現場上空2〜300mに、数分間にわたって回転しながら滞空するUFOが現れ、犯罪追跡番組撮影中のテレビ番組クルーによって映像に収められた。
平日の午前中のために見物人が集まり、SNSなどでも騒がれた。



UFO目撃を伝える現地の番組


別の目撃者による映像

そんな中、ラエリアン・ムーブメントのペルー支部が、当日地球外文明と交流するための大使館を設立することを政府に働きかける件で記者会見を予定していたことがわかった。
150210peru2.jpg——回転しているというが、映像を見る限りははっきりわからない。大気の影響でそう見えるだけかもしれない。
再生解像度を上げて見ると、パラグライダーもしくは凧のようなものが浮かんでいるようにも見える。ただしそれにしては位置を変えずじっと滞空しているのが不思議だ。
形はよくあるようなドローン(小型無人ヘリ)には似ていないが、建設現場撮影用のドローンなどの可能性も考慮したい。
それにしても、2時間も滞空してたんなら誰か見に行けばいいのに…。
ラエリアンの件は、それ自体がインチキな団体でもあり、日付がたまたま一緒だった以外の接点もないので、単なるこじつけだ。

2月10日/再びイギリスで光体が撮影される

世界のおもしろニュースHeavenMirror(英語)

150210england.jpgイギリスのデボン(Devon)海岸に備え付けたカメラが、海に落下していく謎の光体を撮影した。
撮影者は自身のFacebook上で「これは鳥か? 飛行機か? スーパーマンか?」と語っている。

——Mirrorの方では隕石落下と思われると書かれているが、そのとおりだろう。
動画は最初の方に一瞬だけ写っており、残りはアップにしてスロー再生しているものだ。

2月9日/イギリスで光体が撮影される

世界のおもしろニュースHeavenDaily Record(英語)Mirror(英語)TOCANA

150209scotland.jpgイギリスで光体が撮影された。場所はスコットランドのロック・ロモンド(Loch Lomond)。日時は2月1日の午後5時25分という。
前の週にトム・ホール(Tom Hall)という人物がYouTubeにアップされたもので、約15分にわたって丘の木にそって白い発光体が輝いている。
最も有力な説は、空に明るく輝いて見える金星が沈むところだという。

——正体は書かれているとおり金星だろう。Heavenには「撮影場所からは金星が撮影できない」とあるが、オリジナルの英語記事の方にその記述は見つからなかった。
映像では光体が星よりも速く下降しているように感じるかもしれないが、かなりズームアップしているのと、映像の編集で時間が飛んでいるためにそう感じるのだ。
トム・ホール氏のオリジナルYouTube映像は見つけられなかった。

2月9日/韓国でUFOの目撃相次ぐ

FNN

8日夜、韓国で上空を横切る光体の目撃報告が相次ぎ、「UFOではないか?」という声が当局に寄せられた。
車載カメラでその様子を捉えた人もいた。
韓国の専門家は火球(明るい隕石)の可能性が高いとしている。

2月8日/シベリア地下から円盤状物体出土

アメナマMirror(英語)

150208siberia.jpgシベリア、クズネツクの炭鉱で、地下40mの地中から円盤状の物体が掘り出された。直径は1.2m、重さ約200kg。人工物のように見える。
同様の物体はもうひとつ埋まっていたが、掘削時に壊れてしまったという。
科学者チームが調査中だという。
——空飛ぶ円盤ではないだろうが、これがなんなのかには興味がある。

2月6日/米空軍基地に虫型の飛行物体出現(涙)

UFO Sightings Hotspot(英語)オカルトNEWS★かすぽ

150206california.jpgカリフォルニア州にあるトラビス空軍基地の上空に正体不明の虫型飛行物体が出現し、偶然基地を訪れていた業者が撮影した。
世界最大のUFO研究団体MUFONにも情報が送られ、事件番号63105としてファイルされている。(個別事件のアドレスを取得できないので、事件検索ページのCase Numberに事件番号を入れて検索して欲しい)
確認したところ2013年8月10日午前8時20分の出来事だそうだ(MUFONへの報告は今月5日だが)。ずいぶん古いのを引っ張り出してきたものだ。
——これが虫以外だったら何だというのか、教えて欲しい。悲しすぎて泣けてきた(T_T)
MUFONもまじめにこれ扱ってないよね?

2月6日/フロリダでUFOと第5種接近遭遇!?

TOCANA

150206florida.jpg宇宙人とのコンタクトを試みる団体が、1月27日にアメリカのフロリダ州ベロ・ビーチ(Vero Beach)で行ったコンタクトイベントの最中に最大2つの光体が現れ、映像に収められた。
撮影時間は午後9時10分〜15分だという。
彼らはこれをUFOや宇宙人との対話を行う第5種接近遭遇(CE-5)体験だったという。

——映像(静止画含む)には上り始めたおおぐま座の星が写っていて当時の天体の配置と合っており、光体が現れたのは北東だということがわかる。
明るく映っているのは超高感度撮影のせい。肉眼で見るともっと暗かったはずだ。
雲に反射している様子から見てかなり遠方だと思われる。よく見ると画面右側にわずかに流れながら落下して消えているので、米軍の訓練の照明弾の可能性が高いのではないか?
緑の光は高い位置にいたメンバーが向けたレーザーポインターだろう。
カメラマンでオカルトサイトを運営するX51氏も同様の見解だ。

2月3日/フェニックス・ライト再び

TOCANAUFO Sightings Dialy(英語)

150203arizona.jpg2月3日にアリゾナ州フェニックスのグッドイヤー(Goodyear)で、エストレラ山(Mt. Estrella)南上空に現れたUFOが運転中の車から撮影された。
映像には最大8つほどの発光体が、横一列に並んで滞空しているのが映っている。
撮影者は、光体群が消えた方向に行ってみたが、何も発見できなかったという。
台湾在住のUFO研究家、スコット・ウェアリングは「このUFOは目撃されることを承知で光っているのではないか」と語っているという。

——エストレラ山の南は荒れ地になった場所だ。メキシコ国境に近づくとさらに顕著になる。
かつて騒がれたフェニックス・ライトと同じフェニックスだし、光の感じからも米軍の演習の照明弾が疑わしいのではないか。



UFO事件簿内検索