UFO事件簿/UFOニュース2015年1月

005.png

006.png

UFOニュース2015年 1月

1月30日/メキシコでフライングホース!?

アメナマDaily Mirror(英語)Mail Online(英語)

150130mexico.jpgメキシコ西部の活火山コリマ山(Volcan de Colima)のそばで馬のようにも見える黒い飛行物体が目撃され、定点観測のウェブカメラに収められた。
目撃者ロヨラ・クィンタニラ・ロサス氏(24)によれば、「馬のような大きな動物のように見えた。足は動いておらず、ペガサスでも鳥でもないと思う。」
撮影日時は書かれていないようだ。ウェブカメラはwebcamsdemexico.comにまとめられている中にあると思われる。
メキシコ内務省国民保護室の報道官は「調査中だが、ドローンの類ではないか」と語っている。


——たしかに正面から見た馬っぽくも見えるが、鳥や虫がカメラ前を横切ってそう写ったとしてもおかしくはない。もっと馬っぽい姿をしていても、風船などである可能性もある。

1月25日/火星のキュリオシティに人影!?

TOCANAMail Online(英語)NASAのオリジナル画像

150125mars.jpg150125mars.jpgクリックで拡大イギリスのDaily Mail紙は25日、人類未踏の地、火星を探査中の探査車キュリオシティの撮影した画像に、ヘルメットを外して作業する人影が映っていると報じた。
撮影日時は2012年9月26日13時59分4秒(Sol 50)。
キュリオシティの左のナビゲーションカメラが写したという画像には、背中にバッグを背負い、ヘルメットをかぶらない髪の毛のまま手をのばしているかのような影が映っている。
——キュリオシティの影がたまたま人間っぽく写っただけの話だ。
こんなくだらないことを誰が最初に騒いだかというと、また台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングだ。今年も絶好調のようだ。いい加減にして欲しい。

1月23日/南米で次々と撮影される燃えるUFO?

TOCANAnuevo diario web.

150123argentine.jpgその1:今月23日の夕方に南米アルゼンチンのフリアス(Frias)で撮影されたという火の玉のようなUFO。


150123brazil.jpgその2:今月4日に南米ブラジルで撮影されたというUFO。燃えるように輝くV字の飛行物体が写っている。

——どちらも典型的な「夕日に輝く飛行機と短い飛行機雲」だろう。
この件に関し、どうやらまた台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングが騒いでいるようだ。あけましておめでとうございます。

1月23日/額にアナルプローブを付けた宇宙人?!

アメナマMETRO(英語)Discrose.tv(英語)

150123texas.jpg150123texas.jpgドーソン氏と撮影した写真。右下はUFOが浮かんでいた木アメリカ、テキサス州の石油タンクローリー運転手ロニー・ドーソン(Ronny Dawson)氏がUFOと宇宙人、気の上に浮かぶUFOの母船を目撃、撮影した。
ガソリンタンクの上で写していたが、非常に驚かしたので、タンクの間に隠れた。低解像度の携帯電話しかなかったため、ぼやけた写真しか撮れなかった。
宇宙人の頭、もしくはヘルメットにはアナルプローブ(肛門検査用具)のようなとても大きな角があったが、実際に何のための角かわからないうちに解放された。
「UFO調査者マニュアル」著者のナイジェル・ワトソンは、「匿名のユーチューバー(YouTube利用者)などでないため証言は誠実だが、宇宙人だったのかどうか言うのは難しい」という。
日付や場所が書かれていないが、インタビュー動画の公開日は今月20日だ。

Disclose.tv - Man Escapes Alien Abduction, Has Pictures To Prove It

——久しぶりに明らかなインチキではなさそうな第3種接近遭遇談であるが、写真はブレブレだし、UFOや宇宙人がどうなったのかなど、詳細がよくわからない。

1月22日/台湾歌手の会場にUFO?

ROCKET NEWS24蘋果日報(中国語)

150122taiwan.jpg17日、台湾の台南市で、人気女優・歌手のレイニー・ヤン(楊丞琳)のミニライブ会場で、開演前に上空に浮かぶ謎の飛行物体が撮影された。

——ライトの配置と点滅している点から、会場を撮影するための無人ヘリ(ドローン)ではないかと思う。

1月21日/第3の選択DVD発売

Amazon

70年代後半に世界を騒がせたフェイク・ドキュメンタリー「第3の選択(原題:Alternative 3)」のDVDが、特典映像付きで1月30日に発売されることになった。
イギリスのアングリアTVが優秀な技術者が海外に出て行ってしまう頭脳流出の問題を追ううちに、地球温暖化でどうしようもなくなった地球から、選ばれた人達のみ火星に移住させる陰謀が行われていることをつきとめたという体の番組。
日本語吹き替え+オリジナル音源、スタッフ、出演者によるメイキングトークなどの特典映像が48分付いてくる。

1月19日/iPhoneを故障させたUFO?

ロシアの声Daily Mirror(英語)

150119newyork.jpg今年1月14日の午後にニューヨークで、YouTubeID:Von Edgar-Land氏が撮影した映像について、19日付イギリスのデイリー・ミラー紙が伝えた。
空にギザギザな形の物体が浮かんでいるのが映っている。
UFOは3分近くそこに浮かび、怪しい音を発していたために鳥が飛び立ち、撮影していたiPhoneが熱くなって電源が落ちてしまったという。
UFOが最終的に飛び去ったのかなどは書かれていない。

——iPhoneが落ちたのがUFOの影響であればEM効果をうかがわせる。ただしそれと無関係でもOSが落ちることは時々ある。どれくらい熱くなったんだろうか。
YouTubeアカウントの方を見る限り、UFO動画をいっぱいアップしているような怪しげなユーザーではなさそうだ。

1月17日/ブルーブックが全て見られるサイト

TOCANA

150117bluebookcollection.jpg米空軍のUFO調査機関プロジェクト・ブルーブックの報告書全12,618件がネットで見られるサイトがオープンした。公開したのは政府の資料を公開しているサイトTHE BLACK VAULTを運営するジョン・グリーンウォルド(John Greenewald)氏。
文書自体は以前から国立公文書館で公開されており、一部を見られるサイトはこれまでも存在したが、全てを見られるサイトはこれが初めてだという。
こちらがそのサイトLinkIconPROJECT BLUE BOOK COLLECTIONだ。日付とキーワードで検索ができ、PDF書類として見られる。
ケネス・アーノルド事件を受けての設立なので、期間は1947年〜60年代末までで、当然アメリカの事件が中心だが、これを見ることができるのは貴重だ。

1月14日/イギリスのドーム型のUFO?

TOCANAMail Online(英語)

150114england.jpgDaily Mail紙は14日、イギリスのノース・タインサイド(North Tyneside)のタインマス(Tynemouth)で、ドーム型のUFOの映像が撮影されたと伝えた。
撮影したクレイグ・ロウザー氏(43)は、夜の11時半頃に庭でこの光体を見つけ、急いでカメラを持ってきて撮影したという。
ドーム型というか、ひし形の発光体がふらふらとしている様子が映っている。

——おそらくは、おおいぬ座のシリウスがまたたいているのを写したら、ピンボケでひし形になっただけ。

1月14日/マサチューセッツ州の怪光群

YouTube

150114Massachusetts.jpgマサチューセッツ州西部で撮影されたという映像。
上空の少し大きめの発光体から次々と小さな発光体が分裂して動いている様子が映っている。

——マサチューセッツ州西部ということ以外、日付も撮影者も詳細な場所も状況も書かれていない。検証する以前の問題だ。
これだけの光体が浮遊していたら、もっと多くの目撃証言があってもおかしくないはずだが、寡聞にしてそれもない。
それにしても「Oh my god!」ばかり口にしているが、もっと語彙はないのか。
《追記》2015年3月25日のNHK BSプレミアム「幻解!超常ファイル」において、UFO教授こと藤木文彦氏(東大UFO研究会初代会長)がこの動画について見解を述べていた。
最初から小さなUFOが横に並ぶことをわかっていたような不自然な画角、ズームアップしても街灯りのにじみが変化せず、車や信号その他の点滅も一切見られないなどから、静止画の夜景にUFOを追加したものだろうと結論づけた。(氏のツイッターによれば、放送されなかったが他にもおかしな点はあるという)
——ちなみに上の動画の解像度をHDに上げると、 0分45秒のところでズームアップにともなって一瞬不自然な縦線が見える。これはおそらくモニタを撮影している(ズームしてもにじみが変化しないのもこのせいだろう)。わざわざこんな写し方をするのも疑わしい一因だ。

1月13日/フランス上空の謎の三角形

ロシアの声

150113france.jpgパリ郊外のマウント・ヴァレリアン上空に出現した三角形の雲状物体。数分後に紡錘形の物体も目撃し、撮影も間に合った。
——まずロシアの声の記事がでたらめ。YouTubeに書かれた詳細によれば、「数分前にタマゴ型の物体を目撃したが、撮影できなかった」とある。ここは以前からかなりいい加減な翻訳をしている。わざとだろうか?
元動画を公開しているYouTubeアカウントWTFflowは、自分や友達が撮影したといういくつものUFO動画を公開している。どれも光点のようなものが多いが、これだけ多く撮影しているということは逆に怪しい要素である。今回のものも含め、CG加工を疑って見る必要があると思う。

1月12日/スカイツリーに箱舟UFO?

東スポWeb

150112skytree.jpg東京スカイツリーで新年の2日午後1時頃に、港区在住の小学校教師トレイシー・シャーマン氏によって撮影された写真。スマホで撮影したところ、船とオールのような物体が写っているのに気づいたという。
——ピントが甘いので、カメラ前を横切った虫か鳥ではないだろうか? 撮影時に気づいていないし、他に目撃者もいないようであるから、そのような誰も気にしないようなものが正体なのだろう。

1月5日/カリフォルニアの謎の飛行物体

MailOnline(英語)ROCKET NEWS24TOCANA

150105california.jpgロサンゼルスの北西100kmほどにあるサンタバーバラで撮影されたという映像。ほうき星のような尾を引いて飛ぶ物体が、途中で丸い物体を放出。それが後方に飛んで行くのが映っている。さっそく、故障したUFOから飛び出した脱出用ポッドではないかという憶測も飛んでいるようだ。
撮影者はケン・ロバーツ(Ken Roberts)氏で、動画の方には明確な撮影日時は書かれていないが、動画の公開日は今月5日だ。撮った即日にYouTubeのUFO動画チャンネルに投稿し、キャプションを付けて公開されるのは手際が良すぎるので、撮影日はもっと前かもしれない。
仕事から帰宅する途中に気付き、車を停めて撮影したもので、音などは一切せず、放出された物体もまっすぐに飛んで消えたという。その瞬間を撮影できなかったのは残念だと語っている。
アメリカ流星学会所属のマイク・ハンキー(Mike Hankey)氏は、今月4〜5日にカリフォルニアでの他の目撃が報告されていないことから、フェイク映像に見えるという。
MailOnlineからの質問に対し、ロバーツ氏からの返答は今のところないという。

チャンネル名はUFO Viral Videosだが、これがロバーツ氏によるオリジナルの映像なんだろうか?(なぜか42秒以降ブラックアウトした画面が続く)

別チャンネルで同日に公開されたキャプション付き動画。
——隕石のようにも見えるが、スピードが遅すぎる。放出された物体が後ろに飛んでいっているのも不思議だ。隕石が分裂したのなら、慣性によって本体の後を追ってくると思うが、まるで自力で飛行しているように飛んでいる。
もしCGなどでないなら、向かい風の中を飛ぶ飛行機から大きめの氷がはがれ落ち、周囲に極々短い飛行機雲を作りながら向かい風によって後ろに飛ばされた…などというこじつけはできないだろうか。しかし引力で落下する感じは見られない。
あとは、ロケットと切り離されたブースターなども考えたいが、現時点でこれ以上はわかりかねる。
翌6日であれば、フロリダのケネディ宇宙センターからスペースX社のロケットファルコン9が早朝に打ち上げられる予定だったが、10日に延期になっているので関係ない。まずは日時がはっきりしないとわからない。
ロバーツ氏がきちんと回答しない限り、飛行機雲の動画に丸い物体を書き加えたフェイクとみなされてもおかしくはない。

1月5日/ロンドンの新年の花火に現れたUFO?

カラパイア

150105london.jpgイギリスのロンドンで新年のカウントダウンで打ち上げられた花火のテレビ中継に、明らかに花火とは違う動きをする光体が写っていたため、UFOではないかという声が上がっている。
中継をしたのはBBC放送。
4分34秒からは、観覧車の右側から左上、そして右上に飛んで行くリング状の発光体が写っている。


他にも6分25秒〜などに映っている。

——おそらくは花火を撮影するため、もしくは妖精などを模した演出のための小型無人ヘリ(ドローン)だろう。それにしてもずいぶん花火の危険な中を飛ばしたものだ。

1月5日/CIAが改めて発表、1950年代のUFOはU2偵察機

新華ニュースMirror(英語)

150105u2.jpgU-2偵察機3日付けの英紙デイリー・ミラーによると、アメリカ中央情報局(CIA)は、1950〜60年代に報告されたUFOは、60,000フィート(約18,000m)以上を飛行するアメリカのU2偵察機だったと発表したという。

——この件は昨年7月3日付でもCIAのツイッターですでに告白されている。今回はより詳細なPDF文書「The CIA and the U-2 Program 1954-1974」を公開したことを伝えている。

1月5日/ブラジルにUFO脱出ポッド落下!?

TOCANACAMPO GRANDE NEWS(ポルトガル語)

150105Brazil.jpg昨年末の12月28日の現地時間午前2時18分、ブラジルの小さな町サンタ・リータ・ド・パルド上空で、閃光と爆発音が聞こえ、空を流れていく複数の火の玉が目撃、撮影された。
そしてその翌日、その火の玉の正体と思われる物体が同町のフランシスコ・スーザ・ダンタス氏の農場に落下しているのが発見された。深夜3時頃に7つの火の玉が降ってきたのだという。
農場には落下物を見ようと多くの人が押し寄せているという。
スペースデブリ(宇宙ゴミ)の可能性が指摘されているが、台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングは、自身のサイトで「UFOが撃ち落とされたか何らかのトラブルに見舞われ、農場に落下したのは脱出ポッドだ」などと語っている。

——今年も絶好調のスコット・ウェアリングはほっとくとして、指摘されているようなスペースデブリか、当日にどこかで打ち上げられたロケットの部品か何かではないだろうか。燃え尽きずに地表に達するとは危ない。

1月2日/ベルギーの高速UFO!?

Kz.UFO現象調査会(Kz.UFO Network Japan)別室

150102belgium.jpgベルギーのシャルルロワ(Charleroi)で今年1月2日午後5時30分に撮影された映像。青空を白い物体が一直線に飛んで木陰に消えている。
撮影者などは書かれていないようだ。

——どっちの方角を撮影したのかは書かれていないが、当日は4時51分に日没し、5時30分は薄明期ということを考えると、西〜南の空と思われる。ただ夕焼けが見られず、明るすぎるような気もする。
拡大映像を見る限りは飛行機の翼などが見えないが、かなり小さく撮ったものを拡大したものなので、翼などが確認できないことはあり得る。西日を浴びて強く輝けばなおのことだ。速いと言っても飛行機で不可能なスピードではない。
付近にブリュッセル・サウスシャルルロワ空港もあるので、離発着は多いと思う。
ソースサイトのKz.UFO現象調査会は、並木伸一郎氏のJSPS(日本宇宙現象研究会)のメンバーのようだ。

1月1日/ハワイ上空に謎の光体?

ロシアの声大地震・前兆・予言.com

150101hawaii.jpg12月14日早朝3時55分、ハワイのマウナケア山上空を飛ぶ細長い光体の姿が、山頂に取り付けられたウェブカメラで捉えられた。
物体に翼、ジェットエンジン、尾翼がなく、飛行機と異なり一本の蒸気トレイル(飛行機雲)が残っているため、飛行機ではないとみられている。

——夜間、遠くを飛ぶ飛行機をスローシャッターでインターバル撮影すれば、翼もエンジンも尾翼も写らない。飛行機雲だってエンジンの数だけ分離しては写らないだろう。



UFO事件簿内検索