UFO事件簿/UFOニュース2014年12月

005.png

006.png

UFOニュース2014年 12月

12月27日/レンドルシャムの森の事件、映画化

クランクイン!映画.com

1980年12月にイギリスで起こったレンドルシャムの森の事件を題材にした映画「クロース・エンカウンター 第4種接近遭遇」(原題:Hanger 10)が、日本でも2015年1月27日から公開される。
アングロサクソンの秘宝を追うドキュメンタリー撮影隊が、思いもよらぬ事態に巻き込まれていく姿を描いたSFパニック映画だという。
予告編のナレーションを矢追さんが務めている。
原題を直訳すると「第10格納庫」だ。


——事件をそのまま映画化したのではないので、1980年の事件についてどこまで扱うんだろうか。

12月26日/ロシアで謎の雪跡

ロシアの声

141226russia.jpgモスクワの400kmほど南東にあるペンザ市で、一晩のうちに雪の上に同心円状の跡がついたのが発見された。
発見した女性は、飼い猫の体調が悪くなり心配して一晩中眠れず、翌朝謎の雪跡を発見して驚いたという。
超常現象の研究家達は、雪跡はUFOが付けたもので、猫の病気もUFOが近付いたためだとの見方をしている。
同様の雪跡や、映画「サイン」に出てくるような野原に付いたサインも他の住民によってこれまで目撃しているという。
発見された日付はソースサイトに書かれていなかった。

——不思議ではあるが、円形というのは一番書きやすい図形なので、麦畑のミステリーサークル同様にイタズラ説を十分に疑うべきだろう。

12月25日/NASA、惑星直列で無重力になるとツイート!?

WEEKLY WORLD NEWS(日本語)、ビートたけしのTVタックル(2015年1月19日放送)、誠文堂新光社・天文年鑑2015

141225nasa.jpgNASA(アメリカ航空宇宙局)がツイッターで、来年1月4日9時47分(日本時間5日午前2時47分)に地球が一時的に無重力状態になると伝えた。地球から見て、木星の真後ろに冥王星が通過する惑星直列の重力変化による影響だという。
イギリスの著名な天文学者パトリック・ムーアも「この時にジャンプすれば奇妙な浮遊感を味わえるだろう」と語ったという。
——年が明けて5日になりその瞬間がやってきたが、当然無重力になるはずはない。当日の冥王星は木星のあるしし座の反対側のいて座の方向にあったし、地球から遠く離れた木星と冥王星が重なったくらいで影響のある重力変化などは起こりようがない。
その後、NASAのツイートは画面を捏造したもので、パトリック・ムーアによる発言も40年前のエイプリルフールのジョークだったということがわかった。
パトリック・ムーアはテレビ番組のキャスターとしても活躍したが、1954年にセドリック・アリンガムを名乗り火星人写真をでっちあげた人物とも言われている。2012年12月9日にすでに亡くなっている。ムーアもとんだ迷惑だったろう。
当日は半信半疑にネタとしてジャンプしてみたツイートも多かったようだ。

12月24日/アルゼンチンの球形UFO?

世界の三面記事・オモロイドLA GACETA

141224argentina.jpgアルゼンチン北部のトゥクマンで、11月24日午後2時24分に、写真業のエミリオ・ドゥミットが撮影した映像。白い球形の物体が雲間に浮かぶ様子が映っている。肉眼だと点にしか見えなかったので、144倍のズームで撮影したという。
ドゥミット氏によれば専門家によって気象観測気球の可能性は否定されており、彼自身は球形の宇宙船だと見ている。

——38秒あたりにクローズアップしたものが一瞬映っているが、これは同じものなんだろうか?
仮に気象観測用じゃないとしても、気球/風船の一種だと思われる。むしろ映像だけでは宇宙船の根拠に乏しい。

12月20日/UFOの軌跡か?! シベリア上空の奇妙な雲

IRORIO

141220russia.jpg12月15日早朝、シベリアの南アルタイ地域のバルナウルという街の上空で観測された奇妙な雲。
細い雲が信じられないようなからまりかたを見せている。
15日の午前6時16分にバイコヌール宇宙基地から、ヤマル401という人工衛星を載せたロケットが打ち上げられているため、専門家はそれによるものではないかと考えている。
また同地域はプロトンMロケット発射基地にも近く、スペースデブリ(宇宙ゴミ)が落下することが多いため、その可能性も考えられるという。

——この雲は狭い範囲でこの形を形成しているのでなく、長く伸びたものがそれぞれ風で少しずつ歪んだものを一方向から見ているためにこう見えるのではないだろうか?
どのように形成されるのか、タイムラプス撮影などで見られるものなら見てみたい。

12月19日/月面で宇宙人の遺跡見つかる?

ロシアの声KeithLaney.net(英語)(情報提供:す〜さん)、SkyscraperCity.com(情報提供:Semさん)

141219moon.jpgインターネットメディアによると、1975年に終了したアポロ15号のミッション中に撮影された、月面の文明の遺跡の写真が発見されたという。
NASAはこの件についてコメントを控えているが、台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングは、「NASAが火星や月の写真を白黒で発表するのは重要な建造物などに気付かせないためだ」という。
——どうやらFederal Pressというロシアのメディアが報じたらしいが、ロシア語のサイトということもあり、うまく元記事を見つけられなかった。
画像はこれが月面の遺跡と言われている写真らしいが、おそらく地球上の遺跡を写したものだろう。
スコット・ウェアリング飽きた。
141219ardeshirPalace.jpg【追記】談話室の方でSemさんが調べてくださったところにより、この写真がイラン南部のアルダシール宮殿(Ardeshir Palace)という紀元3世紀頃の遺跡であることがわかった。LinkIconGoogleマップ
宮殿や周囲の状況が多少変わっていることから、古い航空写真なのだろう。月面の遺跡というのがデタラメだということがはっきりした。
どうもありがとうございました。

12月18日/元CIAエージェント、北朝鮮でUFOを語るか?

TOCANAFOX NEWS

141218northKorea.jpg中国から川を渡って北朝鮮に不法入国したというアメリカ人男性アルトゥーロ・ピエール・マルチネス氏(29)が、14日に平壌で会見し、北朝鮮を賞賛するとともに、アメリカを非難している。
複数メディアが報じたところによれば、マルチネス氏はこれまで「アメリカはイラクに対して違法な戦争をしてきた」などと語る一方、「UFOは地球外文明によるものでなく、麻薬を秘密に運ぶためにアメリカが生み出したドローン(無人機)だ」とも語っていて、敵国の人に作用する超音波デバイスにも言及しているという。
氏は元CIAエージェントで敵国の情報入手などにあたっていたが、性格上、組織内で揉めた末に精神病院に入れられた過去があるそうだ。認められたいために北朝鮮に渡ったのではないかとみられる。
——ロシアに亡命を希望しているエドワード・スノーデン氏を彷彿させるが、はたして今後もUFOについて言及するんだろうか。

12月14日/自由の女神上空を飛ぶUFO

AOL News.

141214newyork.jpgニューヨークの自由の女神像を撮影した映像に、奇妙な黒い飛行物体が写っていた。目撃したのは家族旅行で訪れたスコット・ケンジントン氏ら3人で、撮影したのは妻。
映像には像の背後をゆっくりと水平に飛行する丸い物体が写っており、
映像を見た専門家ナイジェル・ワトソン氏は、空飛ぶ円盤ではなく、ソーラーバルーンか撮影のためのドローン(無人ヘリ)ではないかと語っている。

——かなり黒く丸い物体なので、ソーラーバルーンもしくはただの風船の可能性が高いと思われる。

12月11日/宇宙ステーションのカメラに、ビームを出すUFO?

TOCANA

141211iss.jpg12月5日に、国際宇宙ステーション(ISS)のライブ中継を見ていた視聴者が、カメラに映る赤い光体と、そこから伸びる赤い光線を目撃し、画面キャプチャーを撮った。
これに対して台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングは、自身のサイトで「このようにビームを発射しているUFOが撮影されたのは初めてだ」と述べたという。

——とりあえずスコット・ウェアリングは出てくるな。
YouTubeの方も静止画だけなのでよくわからないが、もし船内からの撮影であれば、計器のランプが窓に反射しているのかもしれない。

12月5日/火星の文明は核攻撃で滅亡? 次は地球

TOCANAmailOnline(英語)ブランデンバーグ博士の論文(PDF)

141205Brandenburg.jpg11月に行われた米国物理学会秋季年次総会にて、プラズマ理論物理学者のジョン・ブランデンバーグ博士(Dr John Brandenburg)が、「火星の古代文明は宇宙からの核攻撃によって滅亡した。このままでは次のターゲットは地球だ」などと語ったという。
この件について台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングも、火星が核攻撃で滅んだ場所は海の近くだったと指摘している。

——この博士、どこまで本業がまともなのかは知らないが、この件に関してはいまだに火星の人面岩なんかを持ちだしているようだ。
仮に太古に高度な文明が栄えていたのなら、地表にその痕跡が大量に残っていておかしくないはずだが、そんなものは一切見られないのだから(ビリーバーが言うこじつけの痕跡は別として)、せいぜい微生物止まりだったんだと思う。
記事を選んでるわけではないのだが、最近スコット・ウェアリングがどこにでも出てくる。

12月3日/テキサスで撮影されたUFOの大群?!

TOCANA

141203sanantonio.jpg10月4日にテキサス州サンアントニオで撮影されたという映像。ビデオカメラに赤外線フィルターを使ったという。画像を信じるならば撮影時刻は夕方5時50分だ。
月の付近をおびただしい数の光体がぐるぐると回転しているように飛び交っている。
台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングは、鳥やコウモリなら翼が写るはずだとして否定し、UFOの可能性が高いと言っている。

——星図で確認すると確かに月は出ていたが、まだ日没前で明るかった時間帯だ。なぜわざわざ赤外線フィルターを使ったんだろうか?
検索したところ、サンアントニオでは昨年、空を覆い尽くすほどの大量の鳥が撮影されていた。おそらくこの類だろう。UFO動画は見てのとおり動画の解像度が低いこともあり、翼がはっきり写らなくても当然だ。スコット・ウェアリング黙れ。

12月3日/火星にオバマ大統領の石像!?

新華ニュースmailOnline(英語)NASA JPLの実際の画像(07-Nov-2005)

141203marsObama.jpg英デイリーメール紙によると、2005年に火星探査機スピリットが撮影した画像に、オバマ大統領の頭に見える石があったという。
台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングが火星の分析をしている時にこれに気づいたという。「これは石像であり、肩から下の部分は埋まっていると思う」と語った。
——オバマというよりガッツ石松の方が似ている気がする。
スコット・ウェアリングはいい加減にした方がいい。



UFO事件簿内検索