UFO事件簿/UFOニュース2014年2月〜3月

005.png

006.png

UFOニュース2014年 2月〜3月

3月25日/ヤクーチャ上空のUFOは隕石だった

ロシアの声ロシアの声(3月6日の小惑星通過について)

今月6日にロシアのシベリアにあるサハ共和国(別名ヤクーチャ)で目撃されたUFOは、隕石の破片だったことがわかった。隕石は地上20kmで爆発したという。
同日は、地球〜月間を昨年チェリャビンスクに落下した隕石の3倍(推定30〜50m)の小惑星が、地球から35万kmの距離を通過している。距離はかなり離れているが関連はあるのだろうか?

3月18日/シカゴのUFO

YouTube、おたくま経済新聞

140318cicago.jpg18日に早朝のシカゴで撮影されたという謎の光体。
ヘリコプターも近くを飛んでおり、UFOに気付いていたんじゃないかと書かれている。



——3つの動画で、点滅して移動しているのはヘリなのかUFOなのか?
最近照明弾がUFOに間違われることが多いが、どうだろうか。この短時間の動画を見る限りは落下しているようにも見えない。
ヘリの前照灯に隠れて、点滅するライトが見えづらくなっているのかもしれないがどうか。
結局最後にどうなったのか書かれていないのが残念だ。

3月16日/国際宇宙ステーションがUFO群撮影?

ロシアの声

140316iss.jpg国際宇宙ステーション(ISS)に搭載されたカメラが3月10日に撮影したとされる、謎の光体群。
画面の暗部から突然出現するので、次元間ポータルや、時空を結ぶワームホールから出てきた瞬間ではないかと言われている。

——本当にISSから撮影されたとすれば、夜の地域を飛んでいる際に写され、ネットに配信されたものだろう。(NASAはISSのカメラの映像を毎日USTREAM配信している)
おそらくUFOに見えるのは街明かりで、太陽電池パネルなどの陰から出てきたのが奇妙に写ったというだけだろう。

3月12日/ウクライナの葉巻型UFO?

ロシアの声

140312ukraine.jpg政変に揺れるウクライナの北部、コロステンで6日に撮影されたというUFO映像。情報源に関する情報がなく、信憑性が疑われている。
ソースサイトではもうひとつ、2つほどの光点が飛んでいる映像もあるが、こちらも詳しい情報がない。


——光点の方は飛行機かもしれないが、葉巻型の方は仮にCGでないとすれば何だろう? このような細長いバルーン/風船もあるようだ。
ちなみにコロステンは原発事故があったチェルノブイリから110kmほどの距離にある。

3月11日/モスクワ郊外コロムナ市の発光体

ロシアの声

140311moscow.jpgモスクワの南西100kmほどにある小都市コロムナで、10日夜に撮影されたという光体の映像。最高で一度に6つくらいの光点が上空を漂っている。
他にも目撃者はいたらしく、このUFOをブログに取り上げた人がたくさんいたという。
——飛行機の灯りが疑わしいが、写し方のせいか点滅が規則的ではないようだ。動きも小さい。
YouTubeにも詳しい概要が書かれていないので、これ以上はよくわからない。

3月6日/台湾にUFO基地がある!?

新華経済(日本語)UFO SIGHTING DAILY(英語)UFO SIGHTING DAILY(宇宙人写真/英語)

140306taiwan.JPG140306taiwanAlien.jpg

5日付の中国台湾網によれば、台湾在住のスコット・ウォリングという人物が、UFO専門サイト「UFO SIGHTINGS DAILY」に「台湾にはUFOの基地があるかも知れない」と唱えて話題を呼んでいる。
それによれば、
岸壁に人の顔が浮かび上がっている、そこから11km先の台湾空軍の敷地でUFOが写真に写った、さらに3〜40km離れた嘉明湖で宇宙人のような写真が撮れた…という3つの証拠をもとに、「人の顔の浮かび上がった場所がおそらくは宇宙人の基地で、地下4〜6kmの深さにあると思う」とのことだ。

——UFOと宇宙人写真はともかく、岸壁の顔が証拠って…。

3月5日/宇宙飛行士、宇宙人について語る

ロシアの声

Utro.ruによれば、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在したレロイ・チアオ氏が、ISS滞在中に、ロシア人宇宙飛行士とともにナビゲーションアンテナ設置中、不思議な物体を見たという。
「宇宙人が頻繁に地球を訪れていることには懐疑的だが、全否定はできない。宇宙のどこかに理性が存在することを信じている」と語った。
——Utro.ruがロシア語サイトなので、一次情報までは調べられなかった。

2月26日/ロシアでUFOが飛行機を追いかける

The Voice of Russia(日本語)

2月17日10時〜11時に、モスクワの700kmほど西にあるウリヤノフスク、アルハンゲシスコエ村バラタエフカ飛行場で、訓練中のL-29ジェット機2機が正体不明の飛行物体に尾行される事件が起こった。
飛行物体は大型軍用無人機と見られ、高度2100mを時速500kmで飛行した。
国防相では当時大型軍用無人機の飛行予定も実施もされていないと話しており、特別の委員会が10日以内に調査結果を発表するという。
——厳密な意味でのUFOではあるが、形は軍用機ということなので、宇宙人のそれではないようだ。

2月11日/SETIが予測! 25年後までに宇宙人と接触する?!

The Voice of Russia(日本語)FOX NEWS(英語)

アメリカにあるSETI(地球外知的文明探査)のセス・ショスタク(Seth Shostak)氏が2月6日にスタンフォード大学で行われたNASAのシンポジウムで、「2040年までには地球人の発する電波に対して、地球に似た惑星に住む知的生命体からの返信があるはずだ」と語ったことを、アメリカのテレビ局FOX NEWSが報じた。
太陽系外惑星の発見をしているケプラー宇宙望遠鏡の調査結果によれば、少なくとも5つに1つの恒星に地球のような惑星が存在しており、天の川銀河全体では数百億ほどのそうした惑星が存在するという計算になるという。
——ショスタク氏は、筆者も@home版で参加しているSETIの、Senior Astronomer(上級天文学者という訳でいいか?)ということだ。多少楽観的な気がしないでもないが、楽しみだ。

フォックスのオリジナル記事に基づいて、セット→セス、20年→25年としました。

2月11日/相次ぐUFO目撃は不安の象徴?

dot.、週刊朝日2月14日号

山形の小学校校長が山の上に浮かぶ不思議な物体を撮影、沖縄で複数の謎の発光体が目撃される、などの謎の飛行物体の目撃情報がい相次いでいることについて、疑似科学ウォッチャーの皆神龍太郎氏らが語っている。
UFO研究家X.51氏は「アメリカで軍事的緊張、社会的不安が高まると防衛本能から空を見上げてUFO騒動が増えるという説がある。日本の現状にあてはめると意味深ではないか。」と分析した。

2月7日/エジプトで鮮明なUFO映像…あれれ!?

The Voice of Russia(日本語)

140207egypt.jpgエジプトの観光地フルガダ(Hurghada)で、音もなく飛行する巨大な飛行物体が目撃され、写真やビデオに収められたという。
環境省によれば、古い人工衛星が砂漠に落下したか、明るい星が地球に近づいてくる様子だったという。
しかし観光客や地元住民はその説を支持せず、空飛ぶ円盤について議論しているという。

——目撃日は、ソース記事に日曜日とあるので2月2日だろうか。
明るい星が近づいてくるというのは、何を言ってるのかわからない。
今回撮影されたとして紹介されている映像はずいぶん前に作られたCGによる有名なインチキ映像だ。元々はタヒチで撮影されたとして2007年頃に登場してきたと思ったが、全く同じ映像でメキシコのUFOと紹介されもした。木がまったく同じ形をしているので、3Dデータを使いまわしていることがバレバレだ。同じ3Dデータを使ったと思われる中国での映像としても登場していた。
今さらこんなものが最新映像として出てきて、メディアが信じて載せるのは、悪い冗談としか思えない。本当にエジプトで撮影されたものがあるなら見てみたいが、期待はできまい。

2月6日/エリア51のパイロット語る

CNN.co.jp

140206area51.jpg現在オハイオ州の国立空軍博物館に収蔵されている「タシット・ブルー」というコード名の偵察機は、ネバダ州の秘密基地「エリア51」で飛行実験を行っていた。この事は2013年にCIA(中央情報局)が公開した資料で明らかになった。
冷戦下の当時、ソ連のレーダーに写らない偵察機が必要とされ、「ブラックプログラム」というプロジェクトで開発されたのが、一人乗りでステルス性能を持つ同機だ。同プロジェクトは1978〜85年まで継続された。
エリア51付近ではUFOの目撃情報が相次いだが、同機のテストパイロットであったラス・イースター氏は「そのような状況は認識していない」として、UFOの正体が同機であることを否定した。
しかし同機初のテストパイロットの故リチャード・トーマス氏の妻は、当時夫と出席したパーティーで、コンチネンタル航空のパイロットという人物が夫に近づいてきて、「あなたがタシット・ブルーを操縦しているのを見ましたよ。もちろんUFOとして報告しておきました。」と耳打ちするのを聞いたという。

2月5日/国際宇宙ステーションにUFOがドッキング?

Exopolitics.org(英語)

140205iss.jpg1月29日に国際宇宙ステーション(ISS)の船外ライブカメラがとらえた映像に、奇妙な物体ISSとドッキングしているような映像があるという。
情報ソースサイトでは、宇宙人のUFOとドッキングしているのではないかと言っている。
——写っているのはロシアのモジュールであるズヴェズダもしくはその付近のモジュールだろうか? 白く光っているのはISSにドッキングされたソユーズ宇宙船らしい。
たしかにひし形を引き伸ばしたような少々見慣れない物体がくっついているように見えるが、様々なISSのミッションの中で、見慣れない物があったからといって、すぐに宇宙人のUFOと考えるのはあまりに短絡的だ。こちら側を向いた太陽電池パネルか何かがこう見えているような気がする。
ISSのライブカメラは2009年から放映を開始したようで、通常は日本時間16時〜4時までの12時間中継されているようだ。LinkIconISSライブカメラ(USTREAM)
現在ISSは、日本人の若田光一さんが船長を務めている。
何やら例の元NASA職員(と言われる)マクレランド氏の「NASAと宇宙人がコンタクトをしていた」などというコメントも載せられている。いやはや。



UFO事件簿内検索