UFO事件簿/UFOニュース2015年9月〜10月

005.png

006.png

UFOニュース2015年 9月〜10月

10月30日/チョウのようなUFOが撮影される!

Mirror秒刊SUNDAY

151030ohio02.jpg151030ohio02.jpgクリックで拡大

151030ohio01.jpg10月24日午後7時頃に、オハイオ州のケンタッキー州境付近にある小さな町ニュー・ボストンで撮影された映像。
映像を撮影したのはニュー・ボストンのトーマス・S(Thomas S)で、写真を撮影したのが17歳の息子のクリストファー(Christopher)。
撮影後、親子は2機の軍用ヘリコプターが「宇宙船」の後を飛んでいたと語る。
UFOとの関係はわからないが、目撃の最後のほんの数秒間に二つの明るい閃光が見られたとも語る。
映像はYouTubeのアカウントsecureteam10にアップロードされ、多数のビューがあった。


——日時、場所、撮影者ともはっきりし、動画と静止画の写真もある。かなり興味深い。
少なくとも、何か奇妙なものが実際に飛んでいた可能性は高いのではないだろうか。
撮影場所はストリートビューでははっきりわからなかったが、ウォルマートの看板が見えるのでその付近の駐車場だと思う。
151030ohio03.jpg空に見られた閃光。一瞬後に右の円内にも光が見える。しかしコマ送りで見るとUFOや景色が手ぶれしても光の位置が変わらないので、これはカメラのノイズのようなものではないかと思う。

10月28日/11月にスペースデブリ落下

ESA(欧州宇宙機関)TOCANAmailOnlinenature

151028spaceDebris.gif動いているのがWT1190F

ESA(欧州宇宙機関)によれば、11月13日6時19分(日本時間同日15時19分)にスペースデブリ(宇宙ゴミ)がスリランカの南約100kmのインド洋上に落下するという。
WT1190Fと名付けられたこのスペースデブリは、廃棄されたロケット本体であると考えられているという。
直径は大きくても2m程度で、ほとんどは大気圏で燃え尽きてしまうため、地上に危険はないとされる。
——各国の宇宙機関では大きめのデブリの軌道管理をしているため、こうして落下の予定がわかるんだね。
どの方向から大気圏に突入するかにもよるが、日本から見ることは厳しいのではないか。
ESAではWT1190Fと書かれているが、TOCANAやmailOnlineではWTF1190Fと書かれている。

10月23日/シベリアに巨大UFO出現?!

The Siberian TimesTOCANA

151023siberia.jpg実際の写真かどうかは不明10月初旬、シベリア南部、バイカル湖の南にあるウラン・ウデ(Ulan-Ude)で奇怪な物体が目撃され、騒ぎになった。
目撃者の女性の証言によれば、多くの明るい緑色のライトといくつかの赤と青のライトがついており、車のエンジン音のようなものが聞こえた。
彼女は息子、そして2人の通行人の男性とともに、奇妙な物体が一度消えて再び非常に近くに出現したのを目撃した。
彼女は「男性達は最初、おもちゃの飛行機か無人機ではないかと言っていました。
物体が頭上で止まった時、私は言葉を発せられなくなり、男性達はビルの方に逃げて隠れました。
それは中央に明るい緑のライトが付いた非常に大きな円盤でした。
恐怖にかられた息子が私の手を掴み、一緒に逃げました。このようなものが存在するとは思ってもいなかった。」と語った。

151023siberia02.jpg
2010年7月にはバイカル湖北のリストビャンカ(Listvyanka)でもぼんやりした3つの光が頭上を飛ぶのが撮影されている。

また、ウラン・ウデの東に位置するホリンスク(Khorinsk)でも先月、夜空に輝く球体が目撃されているという。
——一枚目の写真はソースサイトに掲載されていたものだが、撮影したと言う証言がないし、緑の明かりが中心付近にあるという証言とも食い違うので、単なるイメージ画像かもしれない。

10月23日/メキシコとイギリスのUFO映像

怪奇動画ファイル


2012年12月に、メキシコ上空を飛ぶ機内から撮影された葉巻型UFO。
——機内からの撮影であれば他の乗客もいたであろうが、UFOの出現に驚いたような声が聞こえてこない。

2013年2月にイギリスのマンチェスター、デントン市で撮影された葉巻型UFO。
——太陽熱で飛ぶソーラーバルーンと思われる。

10月14日/ブルガリアの鮮明UFO写真?

AREA ZONE 51 & UFO秒刊SUNDAY

10月8日にブルガリアのソフィア上空で撮影されたというUFO写真。
非常に速い速度で鋭角ターンをする飛行物体を発見し、静止した瞬間を狙って撮影したという。

——ビルと比べ UFOの下側の影が薄いなど、いささか不自然な点がある。アプリは確認できなかったが、おそらくはスマホのジョークアプリで作ったものじゃないだろうか。
こうした画像を今後も検証、指摘しなければならないのかと思うといささか面倒だ。

10月8日/蜃気楼か!? 中国で天空に浮かぶ都市

Facebook、YouTube

中国の広東省仏山市上空に現れた都市のような姿。
地元メディアは蜃気楼だと報じているようだ。
——これは真下のビル群が上に投影されているんだろうか? こんな蜃気楼は初めて知った。
探せばもっと鮮明な写真も出てくるだろうか?

10月6日/NASA、アポロ計画の写真8000枚超を公開

COLOSSAL

AS11-40-5903

NASA(米航空宇宙局)がこの度、アポロ計画のミッションで撮影された8,000枚を超える写真を、写真共有サイトFlickr(フリッカー)で公開した。

9月29日/火星に液体の水が存在する証拠

ロイターハフィントンポスト

予定どおり開催された会見では、「火星の地表に液体の水が存在する証拠を発見した」と発表された。
これまでも探査機の撮影した写真から、特定のクレーターの斜面で、暖かい季節にだけ現れる暗い線が見つかっていた。
探査機マーズ・リコネッサンス・オービターによる調査の結果、水を含んだ塩とみられる物質が確認された。火星が生物を育む可能性が残されているという。
0度以下の低い気温でも液体でいられるほどの濃い塩水と思われるため、微生物の生存は難しいという説もある。

——一足飛びに生命体の存在にまで飛躍して言及できるものではないが、今後の調査が楽しみだ。
2014年9月8日のニュースでも、キュリオシティが何かの液体が流れたような写真を撮影していることを報じた。それが今回発表されたのと同様の液体の水であったかどうかはNASAの言及がないのでわからないが、非常に興味深い。

9月27日/NASAが火星について特別会見

CNN.co.jp

NASA(米航空宇宙局)が、日本時間29日午前0時30分から「火星に関する重要な科学的発見」についての特別記者会見を開くことがわかった。
会見は「NASAテレビ」と公式サイトを通してライブ放送される模様。
さっそく「火星人発見か?」といった噂もSNSで飛んでいる様子。
——NASAは2010年12月にも「宇宙生物学上の重大な発見」に関する会見を開き、「リンの代わりに猛毒のヒ素を食べて生きる細菌が発見された」ことを発表した。
これは生物学上の常識を覆す発見で、これまで考えられていた以外の環境でも生物が発生する可能性があることを示唆した反面、宇宙人の発見などを期待していた人達を肩すかしさせた。
今回はどんな発見なのだろうか。楽しみだ。

9月16日/姿を変えるUFO?

TOCANASHEAMAGAZINE

今月12日午前5時頃、ニューヨークで空に浮かぶ光体を撮影した映像。
奇妙な夢で目覚めた投稿者が窓越しに北東の空を見ると、そこに奇妙な発光体があり、20分以上も目撃したという。

——夜明け前の東の空には明けの明星(金星)が出ている。映像からも光体が位置を変えている様子は見られないので、金星で間違いないだろう。
「姿を変える」というのはピンボケに加えて、窓ガラスの屈折による変形であることは明らかだ。

9月9日/メキシコ、ティファナ市上空のUFO映像

スプートニク

今年9月4日に米カリフォルニア州との国境の町、メキシコのティファナで撮影されたという映像。
複数の撮影者による別の映像をまとめたものらしいが、最大5つの光体が夜空に浮かび、ゆっくりと位置を変えたり消えたりする様子が映っている。

——信頼度の著しく低いロシアのニュースサイト、スプートニク(旧ロシアの声)の情報であるが、元ネタはYouTubeのUFO関係のチャンネルだ。
撮影方向がわからないが、米軍などによる照明弾ではないだろうか?

9月8日/米軍のロケット、UFOに誤認される

新華ニュース

150908rocket.jpg今月2日午前6時頃(現地時間)、アメリカのフロリダ州でUFOを撮影したとされる動画や写真がネットにアップされた。
しかしこれは米海軍が通信衛星を打ち上げるために発射したアトラスVロケットだった事がわかった。

9月7日/タイで真昼の隕石が撮影される

Aol NewsTBS News iTOCANA

150907thai.jpgこの現象は7日午前8時41分にタイの全土で目撃された。
映像はバンコク近郊のノンダブリー県で撮影されたもので、ドライブレコーダーの映像に、青空を落下する光体が映っている。
航空機の事故や流れ星、スペースデブリ(ロケットなどの宇宙ゴミ)、災の前兆といった様々な噂が広がった。
この件に関しさっそく、台湾在住のUFO研究家スコット・ウェアリングは「UFO墜落の瞬間をとらえたものだ!」などと騒いでいるようだ。

その後、タイの国立天文学研究所は14日に、「この物体は直径4m、重さ66トンの隕石だったとみられる」と発表した。今年大気圏に突入した隕石では最大級で、タイ西部カンチャナブリ県に落下したとみられる。

9月4日/9歳の少年を追いかけ回したUFO?

カラパイア

150904atlanta.jpg今年8月25日の午後3時頃、ジョージア州アトランタの郊外で撮影されたという映像。
黒く不規則な形の浮遊物体が、回転しているのか形を変えながら忽然と消える様子が映っている。
下校した9歳の少年が母親に、「一日中変なものに空から追いかけられていて、まだ近くにいる」と伝えた。
母親は全く信じなかったが、あまりにしつこいので証拠を撮ってくるようにスマートフォンを渡したところ、この映像を撮影してきた。
子供の両親は地方警察に連絡したが、何も発見はできなかったという。

——カラパイアのコメント欄では、UFOをフレームの中央に写さない不自然な構図などが疑われている。
構図などは9歳の少年の撮影ということを考えればありえないこともないとは思うが、撮影した少年の特定や、本当に警察に届けられたのかなどがわからない限りは、これ以上なんとも言えまい。

9月4日/火星の奇岩

TOCANANASAのオリジナル画像

150904mars.jpg150904mars.jpgクリックで拡大UFO研究家のジェイソン・ハンターという人物が、火星探査車キュリオシティが撮影した画像の中に奇妙な光景を発見した。
画像には動物の骨に似た状態になった岩が並んでおり、そのうちのスプーン状の岩が宙に浮かんでいるように見えている。
スコット・ウェアリングも同じ画像の右側に同様の浮かんでいる岩を発見して騒いでいる。
画像はキュリオシティの左側のMast CameraがSol 1089の2015年8月30日1時0分25秒(UTC)に撮影したもので、実在する。
NASAはツイッターで「これは風食礫(風によって侵食された岩)だろう」と見解を述べた。
——岩が宙に浮いていると言っても、見てのとおり一部が他の岩につながっている。
同日2時33分56秒に同じ場所を写したもう一枚の画像があり、映っているキュリオシティの影と比較すると、岩はかなり小さい事がわかる。
NASAの説明どおり、小さく細長い岩の下が侵食によってなくなって、一部が浮いたような状態になった面白い風景なのだろう。重力に逆らって空中浮遊しているかのごとく大騒ぎするようなものでもあるまい。
2時33分の画像には白っぽい砂が出現しているが、これはおそらく分析のためにキュリオシティがドリルで削ったものだと思う。

9月2日/ロシアで宇宙人の死体発見?

MailOnline秒刊SUNDAY

150902russia.jpgロシアのレニングラード原子力発電所近くで、奇妙な生物の死体が発見された。
宇宙人のミイラなのではないかという声もあるという。
科学者(名前は不明)は「全く得体の知れないものだ」と語り、クラスノヤルスク生物物理学研究所のYegor Zadereev博士は「この生物が一体何であるかわからない」と述べた。
毎度おなじみの台湾在住の自称UFO研究家スコット・ウェアリングは「この小さな宇宙人は他の動物と少しも類似点がない。ロシアの科学者による検査結果を待つ必要がある」と語っているという。
——たしかに見慣れない生物ではあるが、証拠もないのになんでもかんでも宇宙人と結びつけてはいけない。そもそもミイラ化すればどんな生物でもだいたい見慣れない姿になる。



UFO事件簿内検索