UFO事件簿/UFOニュース2010年7月〜8月

005.png

006.png

UFOニュース2010年 7月〜8月

8月30日/日本のUFO映像

ALL NEWS WEB

100830japan.jpg日本で撮影されたとされるUFO映像。→YouTube
怪しげな物体がふわふわと空に浮かび、時折急降下/急上昇している。まわりには最低でも男2人、女1人がいるようで、撮影しながら「UFO鑑賞会(笑)」などと談笑している。
1ヶ月前に携帯電話で撮影されたらしいが、相変わらず誰が、どこでという情報が抜け落ちている。先方のサイトがどこから映像を入手したのかも不明だ。
見た目や動きは風船に似ている。上空の乱気流で上下に流されているんだろうか?
CGによるフェイクの可能性も考慮すべきだが、それにしては上手に出来過ぎの感もある。ラジコンでこういうのがあったりするのだろうか。
エイリアン・クラフトであろうとなかろうと、正体には興味がある。
日本人なら、どこかブログにでも記事を書いていそうなので、見つけた人は掲示板などで教えて欲しい。


100830japan720p.jpg

追記
掲示板で“所長”さんより、これの元動画を教えてもらいました。ありがとうございました。
それにより、2009年1月11日に滋賀県草津パーキングエリアで、BENTENという即興音楽の方々が撮影したものとわかった。→YouTube
元のそれは時間ももっと長い。撮影日が全然違い、映像もカットされていたわけだ。第三者によるいい加減な投稿だったんだろうか。不確かな情報は疑うべきだとあらためて感じた。
720pHDの高解像度に切り替えて画面いっぱいに拡大してみたところ、つぶれていたディティールまではっきりと見ることができた。その姿はYouTubeでも指摘されていたとおり、凧以外の何ものでもなかった。

8月16日/25年以内の異星人発見を天文学者が予測

SPACE.com

SETI(地球外知的生命体探査)研究所の集まりにおいて、上級天文学者のセス・ショスタク博士が「今後25年以内に、地球外知的生命体の存在が証明される可能性がある。」と発言した。
博士はドレイクの方程式(地球外知的生命体の存在数についての方程式)からその予想を立てたとし、「北カリフォルニアで建設中の電波干渉計アレン・テレスコープ・アレイが完全運用されれば、異星人探しは大きく前身するだろう。」と述べた。
また博士は「異星人からの信号を受け取っても、それを解読するには長い時間がかかるだろう」とも言った。
——これはあくまでも異星人からと思われる信号を見つけることについてだ。実際に会うまでには膨大な時間が必要となるだろう。宇宙の途方もない広さを考えると、永遠に無理かもしれない。それでも非常に夢のある話だ。ぜひ友好的な異星人からのメッセージを発見したいものだ。(参考:SETI@home

8月12日/ブラジル、UFO目撃情報を収集

AFP BB NEWS

ブラジル政府は10日、「UFOを目撃した軍用機と民間機のパイロットおよび航空管制官は、写真や動画などの証拠物件とともに、ブラジリアの航空宇宙防衛司令部へ報告すること」という政令を発令した。
証拠物件は空軍の歴史文書保管施設に保管され、地球外生物の研究者や一般人にも閲覧できるようにするという。
——政府はUFOという言葉をエイリアン・クラフトの意味で使っているようだ。集めるのはいいが、どれだけ信憑性の検証がされるんであろうか。トリンダデ島事件のようにあまり安易にエイリアン・クラフトを肯定せず、慎重に検証して欲しい。

8月6日/コロンビアのダイヤモンド型UFO

ALL NEWS WEB

100806colombia.jpg南米コロンビアで、2週間前の7月に家の上空に現れたUFOが目撃された。その姿はビデオに収められ、話題になっている。
このダイヤモンド型の飛行物体は、消えるまでの間1時間ほど夜空に浮かんでいたという。
YouTube
——このダイヤモンド型は、あきらかにビデオカメラのピンボケによるものだろう。詳しい時刻や方角は情報がないのでわからないが、日没後に金星が西の空に輝いていた時期なので、それの可能性がある。
ビデオカメラのピンボケ映像はよくUFOに間違われるので注意が必要だ。説得力のある映像を写したいなら、ぜひマニュアルフォーカスで無限大に合わせよう。アップばかりでなく、周囲の景色も入れて撮りたい。
4月11日の中国のUFO映像とそっくりなのもピンボケの為せる技だろう。

8月5日/今月10日は惑星直列…っぽい?

ROCKET NEWS 24

100813chokuretu.jpg今月10日、太陽系の惑星の配置が一直線上に並ぶ惑星直列になるのだという。
調べてみると、きれいに一直線に並ぶわけではないが、わりと同じ線上に固まっているようだ。ただし、海王星や冥王星はまったく別な方向にある。
画像は天文ソフト「Mitaka Plus」でシミュレートしたものだ。
オカルト関係では、惑星直列になると引力が強く作用していろいろと不思議な現象が起こるなどという話があるが、惑星間の引力は非常に弱いので実際は目に見える影響はない。
また10日がそうだと言っても、それは最も一直線に近くなるというだけで、その前後何日も似たような状態にあるのだ。

8月5日/英国、UFO関連機密文書を初公開

REUTERS(ロイター)

イギリスで、過去数十年間非公開だったUFO関連文書数百点が国立公文書館で4日に公開された。内容は国内での目撃情報、状況説明メモ、第2次世界大戦中に軍パイロットがUFOに遭遇した件についてチャーチル元首相が50年間非公開を命じたとする書簡も含まれるそうだ。
自然現象として解決されたものもあったが、大半は未解決のままという。

8月5日/バービーボーイズの杏子がUFO撮影?

杏子の今日このゴロゴロTwitterのツイート

元バービーボーイズのヴォーカル杏子が、自身のブログに載せた写真にUFOのようなものが写っていて、ちょっと話題になっている。
7月12日付けの「さらば、沖縄」というブログで、空港の写真に白い円盤状の物が写り込んでいる。
本人はブログ読者のコメントによって後から気付いたようで、Twitterで「ギョッ!ワシのblogの7/12【さらば、沖縄】に写ってるの、マジ、UFO?」とツイートしている。
しかしある読者のコメントにあるとおり、ガラス窓越しに写されたために室内のライトが写り込んだ物だと思われる。

8月3日/中国の研究家が「2年以内に大きなUFOが飛来」

ROCKET NEWS 24

中国各地でUFOが頻繁に目撃される中(その多くは誤認の疑いが高いが)、中国科学院の研究者によれば「大きなUFOが2年以内に地球に飛来するだろう」という。
その研究者によれば、西暦の末尾が1、2、7の年にUFOが頻繁に目撃されているため、今後2年の間に大きなUFOが目撃されるだろうと予想している。

7月31日/オランダの奇妙な光体

ALL NEWS WEB

100731netherlands.jpg7月26日にオランダのAlmereで撮影されたUFO映像。
空に浮かんだ光点が、尾を引いて動いたり、分裂したり、別の場所に現れたりしている。
ヨーロッパのUFO研究家によれば、この映像はUFOに間違いないとのことだ。
YouTube
——撮影状況の詳細が書かれていないのが相変わらずだが、映像を見る限りは星や飛行機であるとは考えにくい。
昨今はどんな映像もCGの可能性を疑わなければいけないが、仮にCGでないならなかなか興味深い。

7月23日/ブラジル上空のUFO

UFO CASEBOOK

100723brazil.jpgブラジルのリオデジャネイロ上空で飛行機を監視するUFOの写真を、乗客がカメラで3枚撮影した。写真のデータによると、7月14日午後3時40分であった。
写真は撮影者の友人で、UFO CASEBOOK読者エンリケ・コスタ氏によって投稿された。
目撃した数人の乗客によると、それは卵形の光で、雲間から2分近く飛行機を監視していた。
UFOが飛行機に近づき過ぎたため、乗客達は衝突の危険に叫び声を挙げた。
——UFOの飛び方や、その後どうなったかが書かれていないのが残念だ。自然現象で何か説明できるようなものなんだろうか。

7月23日/杭州のUFOはやはり自家用機か?

レコードチャイナ

杭州市上空にUFOが現れ、一時空港が閉鎖された事件に関連して、最近、富裕層達が自家用機で勝手に飛び回ることが問題となっていると新民週刊が伝えた。
自家用機の飛行に関しては許可が必要で、低空エリアについては飛行禁止のはずなのだが、無許可で勝手に低空エリアを飛ぶ者達が増えているという。
今回の事件の犯人はわかっていないが、今後管理体制が強化されるであろうという見方が強い。

7月12日/杭州UFOの写真続報

YouTube

100712chinaUfo.jpg杭州のUFOに、その後また別な写真数枚が公表された。YouTubeに静止画を組み合わせたものとしてアップされており、先日の麻氏による写真以外は誰が撮影したかなどを今のところ筆者は把握していない。そのため信憑性に関してはなんとも言えない。
どうやら機体横のライトを定期的に点滅させ、下に向けて動くサーチライトを放っている物体のようだ。
写真はどれも数秒の長い露光で撮影されているようで、物体が細長く写っているのは移動したためのようだ。
正体に関しては自家用機ではないかという説が出ているようだ。未届けの自家用機が空港付近を飛行したために起こった騒動だったのだろうか。たしかに点滅するライトは飛行機(もしくはヘリコプター)の特徴であるが、残念ながら写真からは機体らしきものがわからない。

7月11日/チューリッヒの怪光

All News Web

100711zurich.jpg6月27日、スイスのチューリッヒで撮影された映像。夜空に光がゆっくりと輝いては消えている。
YouTube
現地では正体について熱い議論が交わされたという。
一部のUFO学者は、宇宙人が人類に友好的なコンタクトを取っているのではないかと語っている。
——光どうしは動いたりしていないようだ。何の光だろう。

7月10日/ペルーのUFO極秘回収映像?

All News Web

100710peruUfo.jpg昨年ペルーに墜落した無傷のUFOを、極秘で回収していると言われる映像が公開された。
YouTube
なにやら白い服を着た人物達が、黒い物体を車に積もうとしている場面が写っている。
——この手の映像の常で、誰が撮影して、どこに持ち込まれた映像なのか詳細がわからない。映像はぶれまくりでピントも悪く、現場の音声もない。積み込もうという車も軽自動車のようなもので、軍隊のような専門機関とも思えない。映像もぶつ切りで終わっている。怪しさたっぷりの映像だ。

7月9日/杭州のUFOの写真?

sina新浪網金羊網

100709chinaUfo.jpg7日に中国の杭州市にUFOが現れ、空港が一時閉鎖された事件の続報として、そのUFOのものという写真が公開された。
新華社のサイトに載っていたものと違い、ちゃんと夜間に撮られていることがわかる。
細長く、かなり強い光を発する発光体で、機体横にもスポットライトだか窓だかのようなものも見て取れる。
撮影者は麻という姓の人。8時26分頃の撮影で、Canon EOS500D、ISO感度1600、レンズは18mmシャッタースピード2秒、絞り3.5だったという。
しかし建物が二重に写っているが、UFOはそうなっておらず、左上に伸びる白い線も妙に思える。
二重になった窓の中から外を写し、UFOに見えるのは室内のライトじゃないかとも思えるのだが、どうだろうか?

7月8日/中国、杭州のUFO騒動、空港一時閉鎖に

Yahoo!ニュース新華網

7日の午後9時頃、上海の南東約100kmにある浙江省杭州市で、レーダーに謎の飛行物体が映ったため、杭州蕭山国際空港が約1時間にわたって閉鎖されることとなり、多くの便に影響が出た。
空港関係者によると、UFOはレーダーにのみ映り、肉眼で確認することはできなかったという。

このニュースを配信した新華社のサイトによれば、物体は時々発光しており、肉眼での目撃者もいたようだ。その後短時間で蕭山空港の南東側上空に姿を消したという。
空港では安全を優先し、8時41分〜9時41分までの間空港を閉鎖した。
——こちらの正体は不明だが、情報が入り次第続報をお届けしたい。
新華網にはネットの掲示板からという写真も載っているが、どう見てもただの飛行機だし、9時前後にしては明るすぎるため、写真の信憑性は低いように思う。
新華網は中国語サイトなので、筆者の翻訳がより不確かなことをあらかじめお断りしておく。

7月8日/中国、新疆のUFO騒動

asahi.comsorae.jp

100708chinaUfo01.jpg6月30日の午後11時45分頃、中国西部、新疆ウイグル自治区の烏魯木斉(ウルムチ)市などで、光る円形の物体が上空を東に飛んでいく様子が多くの人に目撃される騒ぎがあり、翌日にインターネット上でも話題となった。
新疆天文学会は、アメリカのカリフォルニア州にあるヴァンデンバーグ空軍基地から発射された大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではないかと推測した。
その後の報道によると、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたソユーズUロケットの可能性が高いという。

7月5日/イギリスのUFO動画

Telegraph.co.uk

100705berkshireUfo.jpgイギリスのバークシャー州レディングで、撮影されたUFO動画。撮影した3人によれば、朝4時45分〜5時53分の間に21の飛行物体を見たという。
UFOは棒のようだったが飛びながら回転し、非常に高い高度をゆっくり飛行していて、音は聞こえなかった。そして2〜3秒間に強く小さなフラッシュを発していたという。
——飛行機と飛行機雲そのままという気がする。長方形に見えるのは単に拡大し過ぎてドットが見えているだけだろう。かなりの高度を飛んでいたということから、回転していたという証言も本当かどうか怪しい。



UFO事件簿内検索