UFO事件簿/UFOニュース2012年10月〜12月

005.png

006.png

UFOニュース2012年 10月〜12月

12月27日/火星人のお茶碗

YouTube、X図鑑

121227curiosityFake.jpg火星人のお茶碗?

ProjectUFOsという海外の団体(詳細不明)にメールで送られた画像。NASAの火星探査車キュリオシティが撮影した写真に、お茶碗のようなものが写っている。
121227curiosityOriginal.jpg121227curiosityOriginal.jpgクリックでオリジナル写真のページヘ——キュリオシティから部品が落ちたということも考えられるので、それはそれで興味深い。
キュリオシティの画像であればストックされているサイトがわかるので、本当かどうか確認してみた。
何千、何万枚もある写真をチェックしたところ、地球時間2012年8月9日5時25分51秒に、キュリオシティのMastcamというカメラで撮影された写真を加工した捏造写真だということがわかった。
X図鑑の方では、もうひとつ「探査機ローバーに忍び寄るクリーチャー」という写真も載せている。いちいち調べはしないが、正体は推して知るべしだ。

12月18日/ロシアの首相がXファイルの存在にふれた!?

時事ドットコム、YouTube

121218medvedef.jpgロシアの前大統領でもあるメドベージェフ(Dmitri Medvedev)首相が、今月7日のテレビ番組終了後のテレビキャスターからのインタビューで、宇宙人についてのファイルの存在について語り、ネットで物議をかもしている。
YouTubeに英訳があったので、拙訳にて紹介する。

女性キャスター「首相、あなたは何でもご存知ですね。宇宙人は地球に来ているんですか?」
メ首相「核兵器のスーツケースと一緒にフォルダを持っていることを最後に言っておきましょう。それは最高機密で、我々の惑星を訪れている訪問者について専門に取り扱っているものです。
報告書は、我が国で宇宙人の管理を取り扱う特別な部門によって提供されています。
大統領の任期終了後、このフォルダと核のスーツケースは新しい大統領に引き継がれます。
もしドキュメンタリー映画を見たなら、もっと詳細な情報を得られるでしょう…(アメリカ映画の)『メン・イン・ブラック』です」

(別の動画のイタリア語訳では、この後に「パニックを引き起こす可能性があるため、多くを語ることはできません」と続けていると書かれたものもあった)
主要メディアは報道しなかったものの、YouTubeなどに数多く転載されている模様だ。
——いくつかの動画を見てみると、番組終了後は笑みを見せていた首相が、このインタビュー中は冗談めかすことなく答えているように見える。だがメン・イン・ブラックが出てきたところで笑い声が起こっているようなので(同映画はコメディだ)、周囲の人にはジョークと受け取られているようだ。
本当にロシア版Xファイルが存在するなら興味深いが、最高機密についてカメラの回っている前で語っているのは不自然だ。
古くはアメリカのプロジェクトサインに始まり、近年でもフランスやイギリスのようにUFO現象を国家機関が調べているケースがある。それと同様にロシアでも、異星人の確たる証拠が見つかったわけではないにしても、国防上、安全上の問題としてそうした奇現象を調べていることはありえるだろう。
ヴォロネジ事件のようなかなり不思議な事件もあるので、広大なロシアであれば、信憑性は別としてもかなり不思議な事件が数多く起こっていることは想像に難くない。
首相の発言がどこまで本気でどこまでジョークなのかはわからない。

12月13日/AKBの篠田麻里子がUFO撮影!?

Google+

121213marikosama.jpgAKB48の麻里子様こと篠田麻里子が、SNSのGoogle+にUFO写真を掲載して話題になっている。
その発言は12月13日に投稿された「UFO?( *`ω´)」という発言だ。
添付された、夕焼け空に光体が浮かんでいる写真は、夕日を反射した飛行機(および短い飛行機雲)だろう。
最近はブログなどが普及してきたため、芸能人のこうした投稿も増えてきた。もっとも、本人たちもそんなに大まじめに投稿しているわけでもないだろう。

11月16日/デンバー上空のUFO?

CNN.co.jp

121116denver.jpgアメリカ、コロラド州デンバーで撮影されたという、上空を高速で飛び回る物体の映像がデンバーのニュース局によって撮影された。
物体は地元の男性が発見して、郊外の丘の上に据えたカメラで撮影した。正午〜午後1時頃に、1週間のうち数回出没したという。
ニュース局はこの男性と同じ場所にカメラを設置して撮影することに成功した。映像には速度を遅くしないと見えにくいくらい高速で飛び回る物体が映っている。
航空専門家のスティーブ・カウェル氏は「航空機でもヘリコプターでも鳥でもない。私には特定できない」と語っている。
米連邦航空局(FAA)によれば、管制塔からの報告はなく、職員による目撃も、レーダーによる捕捉もされていないという。
——映像が細切れでとても見にくく編集されているが、筆者には多くは虫にしか思えない。何かの冗談だろうか?


(CMの後に表示されます)

11月14日/イギリスのUFO?

THE TRUTH BEHIND THE SCENESカラパイア

121112england.jpgイギリスのパースシャー(Perthshire)で、11月12日、エイドリアン・ムサトという男性が、クルーニーウッドという森の上空に現れたひし形のUFOを撮影した。
UFOは白く光り、色を変化させており、朝の7時30分に出現し、一度消え、10時間後に再び現れたという。
ムサト氏はこの映像をイギリスのUFO研究団体BUFORAに送り、判定してもらっているという。
——星図ソフトでパースシャーの当時の星空を再現してみたところ、まだ夜明け前で(日の出は8時過ぎだ)、南東の空に金星が出ている。(土星と月も出ているが、土星はかなり低い位置、月も月齢27.8とかなり欠けている)
そして約10時間後の夕方6時過ぎには北東の空から木星が上ってくる。
おそらくは金星を見間違え、日の出とともに見えなくなったのを消えたと思い、夕方には木星を再び誤認したのだと思われる。
映像でひし形に見えるのはビデオのピンボケのせいだ。

11月3日/メキシコの火山にUFOが墜落?

ロケットニュース24YouTube

121103mexico.jpg現地時間10月25日前後、メキシコシティーの南東にあるポポカテペトル山(Popocatépetl)という活火山に謎の飛行物体が墜落し、火山が噴火したという話題がニュースになっている。
情報は火山活動監視用のカメラにたまたま写り込んでいたもので、細長く明るい飛行物体が加工の付近に落下していく様子が映っている。
——夜間にスローシャッターで写した静止画をつなげて作った動画と思われるので、細長く見えるのは物体の光跡だろう。光跡が太く、コマごとに光跡がいくらか重なっているので、人工衛星のような点光源ではなく、大きさのあるもののようだ。
映像からは噴火口への衝突による爆発や噴火が見て取れないので、物体と噴火はおそらく関係ないだろう。

10月27日/イギリス人は神よりも宇宙人の存在を信じている

ロケットニュース24WEIRD NEWS

市場調査会社Opinion Mattersの調べによると、イギリスの人口の約半数にあたる3300万人が地球外生命体の存在を信じており、神を信じるという2700万人よりも多かった。
この調査は同社が1359人の成人を対象にした統計データによるもので、

  • 52%がUFOは存在するが、政府の安定を揺るがしかねないという理由で存在が否定されている
  • 44%が神を信じている
  • 10人に1人がUFOを見たことがあると主張
  • 500万人以上のイギリス国民がアポロ月面着陸を捏造と思っている

といった結果が出た。
調査対象が狭いので、この結果に対する疑問の声も上がっている。
——1359人の統計母数が多いといえるかどうかは疑問が残るところだが、なかなかUFO、宇宙人にへの関心は高いようだ。

10月27日/ケンタッキー州上空のUFO

CNN.co.jp

121027kentucky.jpg10月16日、ケンタッキー州上空に奇妙な飛行物体が出現し、映像が撮影された。
撮影したのはアマチュア天文家のAllen Epling氏で、「飛行機やヘリコプターなどではなかった」語っている。
——映像を見ると、望遠鏡の接眼レンズにキヤノンのコンパクトデジカメをのぞかせて撮影したようだ。望遠鏡はおそらくミード社のLX200ではないかと思われる。2000mm以上の焦点距離があるので、100倍程度には拡大されているはずだ。それでもあの大きさなので、かなり遠方にあるのだろう。ソースにあるような「巨大物体」と呼べるかどうかは疑問だ。
日光を浴びて翼が見えにくくなっている飛行機かとも考えたが、高倍率の視界の中であまり動いているように見えない。


CNNのニュース映像


撮影者のオリジナル映像

10月18日/イギリスに宇宙人襲来に対する備えあり?

Japan CNETmsn NEWSstudiotalk.tv

121018nickPope.jpgイギリス国防省に21年間勤めたNick Pope氏はMSN Newsに対し、次のように語った。
「我々が未知の生物から脅威にさらされたときは、(SFテレビドラマの)秘密情報部トーチウッドのような組織ができて、戦いに役立つ装備を得るだろう」
「(UFOについて)我々は議会に『国防にとって重要ではない』と報告したが、本気ではなかった。UFOが防衛基地の間に着陸したら国防に対してとてつもない重要性を持たないはずがない」

——上記ネット番組での発言を受けてのインタビューのようだ。エイリアン・クラフトでなくとも、未確認機が防衛拠点の付近に着陸したら国防上問題なのは当然のことだ。Pope氏がどれほどUFO関連の公務に携わったかはわからないし、信用度もわからないが、今回の発言は「宇宙人が攻めてきたら、そういった防衛組織ができるだろう」という程度の話かと思われる。

10月11日/イスラエルの空港でUFO騒ぎ

The Voice of Russia

情報ソースの記事に詳細な日時は書かれていないが、イスラエルの領空境界付近で未確認飛行物体が確認され、テルアビブのベン・グリオン国際空港の全便の運行が一時停止したという。
警報が作動した後、戦闘機が発進したが、この物体が敵機、無人機ではなく、危険もないことがわかったとして、空港の機能が回復した。正体については伝えられていない。
——リンク先にはYouTubeのスクリーンショットが掲載されているが、元動画が今年6月8日に公開されていることから、本件の画像ではないだろう。動画の方はイラン(ペルシャ)のシーア派によるICBM(大陸間弾道ミサイル)のテストだと書かれている。

10月9日/お台場にUFO?

FNNニュース

121009odaiba.jpg8日の午後9時頃、東京のお台場の上空に、色とりどりの光を放つ飛行物体が出現し、周囲の人達によって目撃、撮影された。
通報を受けた警察が出動したが確認できなかった。
翌日、ある男性の会社が扱うLEDによる電飾凧であることがわかった。
男性は「びっくりさせて申し訳ないのと、喜んでいただいてうれしい気持ちだ」と語った。



UFO事件簿内検索