UFO事件簿/UFOニュース2012年7月〜9月

005.png

006.png

UFOニュース2012年 7月〜9月

9月10日/メキシコの袋型UFO

ロケットニュース24、YouTube

120907mexico.jpg今年の9月7日メキシコシティのティフアナ(Tijuana)という町で撮影されたという奇妙な飛行物体。
——ビニール袋か何かのように見えるのだが、はっきりはわからない。
動画の最初の方では左側から陽の光を受けているようだが、後半では右側から光を受けて強く輝いているように見える。エイリアン・クラフトではないだろうが、いったい何が、なぜ、どうやって空中に浮かび、どうしてああした光り方をしたのかに興味がある。

【追記】正体として気づいたのは、タイのお祭りなどで上げられる紙製のランタンだ。コムローイ、天灯、孔明灯、スカイランタン、チャイニーズランタンなどと呼ばれ、熱気球の要領で揚げる。
ポーランドではカトリックのお祭りで揚げられ、メキシコでも揚げられた実績があるようだ。
NHKBSプレミアムの番組、コズミックフロント「UFOの謎に迫れ!」(2012年9月20日)によれば、フランスでも流行になっており、夜に揚げると必ずUFOと間違えた通報があるという。
このランタンかその類のものが疑わしいと思うのだが、いかがだろうか。

9月7日/声優・神谷明がUFO撮影

神谷明の屁の突っ張りはいらんですよ!!/これって何???/改めて・・・UFO?!/10月2日

120907kamiyaAkira.jpgキン肉マンなどの声優の神谷明氏が、奇妙な飛行物体を撮影したとして自分のブログで公開している。
6日の夕方に東の方の空に飛ぶ鳥のようなものを撮影し、パソコンで見てみると、鳥と思えない物体が写っていたという。
10月初めの東スポでも取り上げられた。
——場所は書かれていないが、東京だろうと思われる。飛び方などの詳細も書かれていないが、公開された写真から想像すると、おそらく星型の風船じゃないだろうか。ただ、普通の星型と思えないようないびつな写真もある。中のヘリウムガスが抜けて、風を受けて凹んで見えているのかもしれない。
どんなカメラで撮影したかわからないが、写真上の大きさから、物体はわりと近くを飛んでいたんじゃないかと思う。撮影時に気づかなかったのは鳥だという思い込みがあったせいだろうか。

8月30日/クアドロコプターの編隊飛行

アドバタ会議、YouTube、ARS ELECTRONICA

120830quadrocopter.jpgオーストリアの企業アルス・エレクトロニカによる4つのプロペラを持つラジコンヘリ「クアドロコプター」49機の編隊飛行の様子。
動画で速度が変わっているのは早回ししているためだが、実にきれいにフォーメーションを変えている。
こんなものが空を飛んでいたらUFOとして騒がれそうだ。


7月20日/月の裏のピラミッドはどこ?

COAST to COAST AM並木伸一郎のMYSTERY TODAY

120720moonPyramid.jpg120720moonPyramid.jpgアメリカの科学ジャーナリスト、リチャード・ホーグランド(Richard C. Hoagland)が、1969年7月20日にアポロ11号が月の裏側で撮影した「AS11-38-5564」という写真に写っているという、巨大なピラミッド様の構造物の写真を発表した。
——さっそくNASAのサイトで問題の「AS11-38-5564」という写真を探してみた。写真はすぐに見つかったが、縦横3900ピクセルという大きな写真のどこを探してもピラミッドらしきものは見つからない。これでは写真の検証以前の問題だ。
筆者の探し方が悪かったのかもしれないが、誰か探して教えてほしい。

当サイトの談話室で「す〜」さんからピラミッドの場所を教えていただいた。ありがとうございます。
120720moonPyramid2.jpgオリジナルの写真を、ピラミッド写真に合わせて右90度回転させたもの。
赤枠のところがホーグランドがピラミッドがあると言っている場所だ。


120720moonPyramid3.jpg120720moonPyramid3.jpg問題の部分の拡大。まわりの地形は同じだが、どう見てもピラミッドなどない。
ピラミッドの左側はもっと濃い影になるはずなのにうっすらとピラミッドが見えていたり、画像の解像度が悪かったりするのも捏造写真を裏付けているだろう。
ホーグランドか他の誰かが作ったのかはわからないが、コラージュだったわけだ。
ジョークのつもりだったのか、だまされやすい大衆をからかったか、それとも陰謀論を信じさせるためだったのか?
ともあれ、オリジナル写真を確認したからこそこの事実がわかったわけだ。

7月12日/イギリス政府、UFO関連文書を公開

AFPBBNews47NEWS英国立公文書館

英国立公文書館は12日、シェフィールド・ハラム大学講師で、UFOについての著書があるデイビッド・クラーク氏の情報公開請求に基づき、これまで機密扱いしてきたUFOに関する文書25件(約6700ページ)を公開した。
内容は以下のようなものだという。

  • トニー・ブレア首相在任時(1997年〜2007年)に首相官邸で行った長々としたUFO政策についての報告
  • 英国防省のUFO担当部署の職務内容
  • UFO担当者の「UFOが存在する確証はないが、もし目撃が本物なら、①軍事的偵察、②科学的調査、③観光、などが飛行目的と考えられる」という分析。宇宙人の技術は人類よりはるかに進んでいて、英国の軍事技術への取り入れも可能だという予測。
  • リンカンシャー州の住人が3人組の黒ずくめの男がやってきたと通報した事例
  • サッカーのチェルシースタジアム上空で警官がUFOを目撃し事例
  • ウェールズのホテル経営者が、畑に着陸したUFOから銀色のボディスーツを着た顔のない2人のヒューマノイドが何かの測定を始めた、と地元議員に訴えた事例(おそらく1977年4月19日のヘイブン・フォート・ホテルの事件と思われる)

英公文書館によるUFO資料の公開は9回目(前回の公開は2011年3月3日)となり、80年代〜90年代のものが多い。

7月5日/二子玉川にUFO? Twitter騒然

JCASTニュースtogetter

7月4日夜8時前後から、東京都神奈川県の境にある東急田園都市線二子玉川駅付近でUFOを目撃したという情報が相次ぎ、Twitterで騒がれた。
写真も数多く撮影されたが、携帯電話のカメラが多いのか、いまひとつはっきりしないものが多い。しかし、中でも望遠レンズで撮影したという高解像のそれを見ると、アーチ状に光が並んでいる。色も赤、青、緑とカラフルだ。
まず間違いなく、近くの多摩川河川敷で揚げられている電飾たこであろう。
電飾たこは北区赤羽付近の荒川河川敷でも揚げられており、時々UFO騒ぎが起きている。



UFO事件簿内検索