UFO事件簿/UFOニュース2011年7月〜8月

005.png

006.png

UFOニュース2011年 7月〜

8月25日/中国初の砂漠のミステリーサークル

exciteニュース中国網_日本語大紀元BMWの公式動画

110825china.jpg中国青海省デリンハ地区の砂漠化した牧場に、直径2kmもの巨大な円形のミステリーサークルが現れたと、中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。
地元の目撃者によると、サークルは一夜のうちに突如現れたそうで、専門家によると砂漠地域のミステリーサークルは中国でも初めてだという。
1970年代、この地域(青海省の徳令哈)は宇宙人の遺跡で世界的に有名だったという。
——中国らしくスケールが大きいが、一夜でできたという証言は本当に信じられるのだろうか? 砂漠化した牧場というと、地面は土か砂だろうか? 土砂をどけたりする分、麦を踏むよりちょっと難しそうに思うが、どのように作ったのだろう。
【追記】 謎解き超常現象3 によると、自動車メーカーのBMWが「UN1QUE For One」という新車コンセプトの広告のために作ったことを8月23日の時点で公表していたという。

8月25日/中国のUFO騒動はミサイル

8月24付サーチナ8月25日付サーチナ

20日午後9時前後、中国各地で謎の光体が目撃されたという報告があった。
内容は、上海周辺の空港関係者から空中の謎の光源の報告、北京のアマチュア天文家から泡状の不明物体の報告で、内モンゴルや山西省でも同様な報告があった。
1971年からUFOの研究をしている中国科学院紫金山天文台の王思潮研究員は「重大なUFO事件だ」とし、「人類が作った飛行物体とは考えづらい」と述べた。
しかしその後、ある科学愛好サイトが「UFOの正体がミサイル発射後に燃え残った燃料が気体となって拡散したもの」との分析結果を発表した。北京天文館の朱進館長も「分析は正確で信用できる」とコメントした。
同サイトによると、南東から北西に向けて発射された大陸間弾道ミサイルを発射した際に現れたものという。
——当サイトでもいくつも取り上げているとおり、ロケットやミサイルの誤認が多い。上海の南東というと、東シナ海だが、ここから大陸間弾道ミサイルが発射されたとすると、訓練だったとしてもかなり物騒な話だ。

8月25日/ペルーで隕石落下?

テレ朝newsAeronoticias、YouTube

110825peru.jpg8月25日午後2時頃、ペルー南部の都市クスコ上空で、巨大な隕石のような物体が落下しているという映像が撮られ、報道された。
——映像を見る限り、ずいぶん遅い落下速度だ。結論から言えばこれは夕陽を浴びたジェット機と飛行機雲だろう。おそらく午後2時というのも間違いじゃないかと思う。いくつかの筋が確認できるのも、両翼のジェットエンジンから出た排気ガスの粒子を核にして雲が発生するのと一致する。非常にありふれた現象なのだが、知らない人は多いようだ。

8月23日/戦闘機がUFOを護衛する動画

ROCKET NEWS24、YouTube

110823twoJetAndUfo.jpgYouTubeの動画で、UFOが2機のジェット戦闘機を連れて飛んでいる動画が話題になっているそうだ。
動画では、川沿いを動画撮影しながら歩いている人物がジェット音に気付き、円盤状の飛行物体と2機のジェット機が飛ぶのを目撃し、急いでカメラを向けた様子が写っている。
掲載したと思われるのは、YouTubeID:eemuller、プロフィールでAlien Zetaと職業UFOジャーナリストを名乗る人物だ。アップロードは8月18日。
——
ジェット音が目撃寸前にしか聞こえないのは妙な気がする。あれだけ近くを飛んでいれば、もうちょっと早く聞こえないものだろうか?
動画についての詳しい説明がなく、コメントも評価も無効になっているところを見ても、作り物の映像だと考えるのが適当だろう。

8月20日/NASAが宇宙人による人類滅亡を警告?!

livedoorニュースglobal post

英紙ガーディアンによると、NASA(アメリカ航空宇宙局)は「宇宙人との遭遇の際に想定されるシナリオを検討する科学者チーム」を結成し、「地球外生命体との接触は人類に益となるか害となるか:シナリオ分析」という論文を発表した。
それによると、銀河系を人類による破壊的な拡張から守るため、宇宙人が人類を滅ぼそうとする可能性があるという。
報告書では「人類の過度な発展を制限し、地球の生態系への人類の影響を抑えるべき。大気の成分は宇宙の他の惑星から観測できるため、特に温室効果ガスの排出制限が重要だ」と述べている。
また、宇宙人探査のために人類の情報を宇宙に送信する際に生物学的情報を出すと、それをもとに対人類の兵器を編み出すことができるから、絶対に出してはいけないと警告した。
——地球の生命にとってはとても重要な問題だが、もっとひどい極限環境がざらにある宇宙の中で、温室効果ガスの影響はどこまで大きな問題なのだろうか。銀河系に影響を及ぼせるような太陽系外への進出もまだまだ先の話だ。宇宙人の名を借りて、人類に対して環境問題の警告をしているんじゃないかという気がする。

8月13日/カリフォルニア上空の無数の…風船

YouTube

110813california.jpgアメリカはカリフォルニア州サクラメント近くのカーマイケル(Carmichael)上空で、15分あまりにわたって撮影されたという無数の白い飛行物体の映像。
——掲載した当人はUFOを疑っているようだが、ズームアップされたその姿は風船にしか見えない。風船の下に伸びる紐のようなものまで写っている。これをUFOと認めてしまうなら、へたに風船も飛ばせなくなる。

8月12日/隕石からDNAの成分発見

CNN.co,jp

NASA(アメリカ航空宇宙局)は、隕石から生命の設計図であるDNA(デオキシリボ核酸)の基となる物質が発見されたと発表した。
NASAの研究チームの調査によると、DNAを構成する核酸塩基の主要成分であるアデニンとグアニン、生体内の筋肉組織に含まれるヒポキサンチンとキサンチン、さらに核酸塩基に関連した3種類の分子も微量に含まれていることがわかった。
生命の源となる物質が物質が小惑星や彗星で形成されているとの説は有力視されており、今回の発見はその説を裏付けることとなった。

8月9日/グレイの内臓に手を突っ込むくじ

アキバBlog

110809宇宙人解剖くじ.jpg特殊造形などの会社「㈱LINK FACTORY」制作の「宇宙人解剖くじ」というのが、秋葉原にある「とらのあな」という店で行われたようだ。
1回1,500円で、グレイの内臓に手を突っ込んでくじを引くというもの。
商品はアダムスキー型UFOモデル、介良事件UFO1/1モデル、ガルフブリーズ型UFOグラス、うつろ舟風鈴、キャトルミューティレーション箸置きなど悪趣味で面白そうなものばかり。
6月11日にも同様のイベントが行われたようで、そこではUFOディレクター(矢追さんの顔)キーホルダー、トマト面(トマトマンの頭部)、捕まった宇宙人4WAYバッグなども当たったようだ。
今後継続的にどこかでくじが引けるのか、または景品を販売するのかはよくわからない。
——介良UFOが欲しい…。

8月5日/火星に水の流れの痕跡を発見

CNN.co.jp

110805marsWater.jpgNASA(アメリカ航空宇宙局)は4日、火星探査機マーズ・リコネサンス・オービター(MRO)によって、火星の表面に液体の塩水が流れている痕跡が新たに見つかったと発表した。
MROが撮影した写真によれば、その痕跡は斜面に冬の間は消え、春になると復活する特徴があることが分かった。

8月2日/フロリダの海にUFO墜落?

ROCKET NEWS24THE TRUTH BEHIND THE SCENES

110802florida.jpg7月27日、アメリカのフロリダ半島の中東部、フラッグラー・ビーチ(Flagler beach)の沖合に光の尾を引く光体が墜落したという事件がテレビで報道され、UFOが墜落したのではないかと話題になっているようだ。
静止画の写真はあるが、動いている映像は今のところないようだ。
——詳細な情報が記述されていないが、UFOを疑うよりも隕石や火球(大きな流星)を疑うべきだと思う。
ROCKET NEWSの方にベトナムで撮影されたUFO映像というのが一緒に載っているが、UFOと建物のピントの動きが一致していないので、おそらく作り物だろう。

7月27日/ベルギーのUFO写真は発泡スチロール

AFPBBNews

belgiumUfo.jpg1990年にベルギー上空で撮影されたUFO写真は、パトリックと名乗る当時18歳だった男が、友人数人と作って撮影した発泡スチロール製だったことをベルギーのテレビで明かした。
1989年から90年にかけて何件ものUFOの目撃情報があった際、男らは数時間で発泡スチロールUFOを作り、その晩のうちに吊るして写真を撮って発表したのだという。


110727belgiumUfoPatrick.jpg写真公開数日後には、ベルギー空軍機が領空内のUFOの追跡を命じられる騒ぎとなった。
パトリックはそろそろ白状する頃だと思い告白し、「人をだますのは簡単だ。こんなガラクタみたいな物を使ってもね」と語った。
——男の告白が真実ならあの有名な写真は否定されたわけだが、それ以外の多くの目撃が否定されたわけではないことを間違えずにおきたい。

7月22日/GoogleEarth喜望峰のUFO?

GoogleEarth、リアルライブ360Cities

110722capeOfGoodHope.jpg地球儀ソフトGoogleEarthのパノラマビューに、はっきりと円盤型のUFOが写っている写真があり、話題になっている。
場所は南アフリカ共和国の喜望峰。
GoogleEarthで「34°21'12.70" S 18°29'24.09" E」を検索し、レイヤのギャラリー/360Citiesにチェックを入れ、「Good Hope」と表示される360Citiesの赤いアイコンをクリックしよう。(上記の360Citiesのリンクでも表示できる。GoogleマップではEarth機能を使っても表示できない)
表示されるデータによれば、パノラマを撮影したのはVasiliy Nikitenkoという人物だ。
全方向のパノラマムービーに写っているはずの太陽が写っていないため、レタッチ後にパノラマ化されているのは明白だ。レタッチの際にイタズラでUFOを合成したのが真相だろう。
360Citiesの個別表示のページ名も「www.ufo-good-hope.com」になっている。

7月22日/メキシコの謎の飛行物体? 実は…

YouTube、ロケットニュース24

メキシコで7月19日に撮影されたと紹介されていた。
映像には青白く強烈に輝く光体が写っている。
映像を見る前は、21日に最後のミッションを終えて帰還したスペースシャトルの日付間違えではないかと思ったが、映像を見てすぐに日本の小惑星探査機はやぶさがオーストラリアのウーメラ砂漠に帰還した時の映像だとわかった。
メキシコでも7月19日でもない明らかなデマカセ情報だったわけだ。

7月9日/月面のUFO?

YouTube

110709moon.jpgYouTubeID:flaxiousさんがカメラのテスト撮影をして写ったという謎の物体。月の右横から次々と光体が出現し、月面に影を落として消えて行く。
撮影中は気付かず、パソコンで再生したところ気がついたという。
——最初月による背後の星の食現象かと思ったが、月面に影が見えるのでその線はなさそうだ。突然現れてすぐに見えなくなってしまうので、月の縁でのみ観測される現象なんだろうか。大きさからして月観測衛星などではないだろう。CGでないなら、正体はわからない。

7月6日/アリゾナの砂嵐の怪光

CNN

110705arizona.jpg7月5日にアメリカのアリゾナ州フェニックスで起こった巨大な砂嵐を撮影したCNNの映像に、輝く数機の光体が写っていて、UFOではないかと騒がれている。
街を飲み込むような砂嵐の画面左に0分20秒あたりから光体がひとつ、またひとつと姿を現し、一機は途中で形を変えながら上空に飛び去っている。
また1分55秒あたりからかなり低い高さで砂嵐の前を横切る光体も見られる。
——砂嵐がひどくなったのは時刻は夕方の6時〜7時30分頃にかけてのようだ。日が沈むのが遅いため、西日を浴びた取材の飛行機が輝き、一機は上層の比較的薄い嵐を透かして見えているんだろうか? 形が変わったように見えたのは、ちょうどライトをつけたためだろうか? 嵐の中や直前を通り過ぎるなどは、かなり危険な取材のように思う。



UFO事件簿内検索