UFO事件簿/UFOニュース2011年4月〜6月

005.png

006.png

UFOニュース2011年 4月〜

6月7日/防衛省開発の空飛ぶ球体!

テレビ東京ワールドビジネスサテライト

110607boueisyou.jpg防衛省技術研究本部が開発した球形飛行体。
大きさはサッカーボールほどで、時速60kmが出る。小回りが利き、着陸時は転がって衝撃を吸収する。
リモコンで操作し、プロペラの風を8枚の羽根でコントロールし、カメラの搭載も考えられている。
開発には1年半かかったが、ほとんどの部品は秋葉原で調達したという。
——将来こんなものが空を飛ぶようになったら、本物のUFOと見分けがつかなくなる。

5月30日/大空のミステリーサークル?

YouTubeYouTube

110530skyMysteryCircle.jpgYouTubeにアップロードされている動画。
青空に煙でⓍの模様が描かれていく様子が映っている。これはいったいなんだろうか?
最初の動画の撮影日は今年の5月30日とある。場所は書かれていないが、撮影者の声や映っている少女はラテン系の感じだ。
他にも4つの動画が上がっていて、撮影日は書かれていないが、こちらはアメリカはカリフォルニア州のプラヤ・デル・レイ(Playa Del Ray)というビーチの上空だという。
2つ目の動画に、小さな飛行機のようなものが映っているので、ラジコン飛行機かなにかでこうした模様を書くのが流行っているのかもしれない。(追記:2つ目の動画は消されたようだ)

5月24日/アルゼンチンのUFO

ContextoInexplicata

110524argentine.jpgアルゼンチンのサルタ(Salta)に住むロドルフォ・アリアス(Rodolfo Alias/38)氏が日曜の午後に撮影したというUFO写真。
色が変わった雲(彩雲のようなものだろうか?)を撮影していたところ、妙な光体に気付いてそれを撮影した。
彼は16枚の写真を写したが、UFOは最後の3枚にしか写せなかった。
UFOはしばらく直進した後、西にあるサン・ロレンゾ(San Lorenzo)の方に高速で飛び去って行った。

5月21日/中国各地でUFOが多発

レコードチャイナ

中国新聞網は5月18日、「今年1〜5月に重大なUFO事件が4、5件発生している」と報じた。
3月15日、雲南省昆明市郊外で市民が撮影したビデオに、丸い光を青い光が取り囲むUFOが写っていた。
4月23日、内モンゴル自治区と甘粛省で同時に、流れ星のようなUFOが目撃された。UFOは南から北に移動し、突然停止したかと思うと花びらのように四方八方に広がって消えた。
記事の中で中国科学院紫金山天文台の王思潮(ワン・スーチャオ)研究員は、「4月23日の事件は信頼度が高いと考えられるが、どういった事態なのかの判断は難しい。明らかなのは未知の事態と世界の終わりを結びつけようとする人がいるが、それは科学的根拠はない」と述べた。
——記事中の事件の正体はわからないが、リンク先のソースにある上海近郊の無錫市で撮影されたという写真のUFOは、おそらくレンズゴーストであろう。

5月18日/アルゼンチンで連日UFO目撃

ロケットニュース24

110518argentine.jpgアルゼンチンの首都ブエノスアイレス近郊の町イトゥサインゴ(Ituzaingo)で、3月8日以降正体不明の飛行物体が多くの市民に目撃されている。
物体は三角形をしており、夕方6時から11時の間に現れ、最後に目撃されたのは13日の夕方7時頃だという。
数十人の目撃情報があり、写真や動画がネットに投稿されている。
一人の少年によると、UFOはものすごく大きな光で、音もなく移動していたという。
別の少女によると、UFOが近くまで接近してきたが攻撃はしてこず、何かを監視しているようだったという。

5月14日?/ロシア軍が巨大UFOに攻撃?!

ALL NEWS WEBTHE TRUTH BEHIND THE SCENES

日本にもほど近いハバロフスクのLesopilniyという村(注:具体的な位置は地図で確認できなかった)で、住民が回転する巨大な飛行物体に気付いた。
(日付は5月14日付けで「先週起こった」としているサイトと5月16日に起こったとしているサイトがあり、まだ確認できていない。時刻についても記述がないのでわからない)
UFOにはとても明るい2つのライトが付いており、大きさは最低でも656フィート(約200m)ほどもあったという。
UFOは村の上空に音もなく浮かんでおり、驚いた何十人もの老若男女が集まってきた。
UFOは軍のレーダーで捕捉され、近くの軍事基地からすぐに照明弾と対空ミサイルが打ち込まれたが当たらず、UFOは向きを変えて空に消えて行ったという。
この出来事は2時間もの間続き、何人もの村民が携帯電話のカメラでUFOを撮影しようとしたが、うまく写らなかったという。
政府職員はテレビ取材に対し、「妙なものではなく、流星か、5月と9月に沼の水によって光が屈折して起こる現象だろう。」と述べた。政府の昆虫の専門家は「明るく発光する虫の大群だろう」と言った。
しかし、目撃者達はこれらの説明に納得していない。
——翻訳なので状況が把握しきれない点があることはまずご容赦願いたい。まずは日時と場所の正確な情報が欲しい。
200mはあったというが、正確に測ったものではないので話半分に聞いておいた方がいい。それだけ近くに大きく見えたということだろう。
2時間にわたり目撃され、軍が攻撃したが当たらず、映像にも写らなかったというのはどう解釈すればいいのだろう。

5月8日/ロシアのUFOの正体判明

ロケットニュース24

110508rossia.jpg5月5日の夜、ロシアのエカテリンブルグで長い尾を引いて飛行する発光物体が目撃され、インターネットを通じて公開された。
「UFOだ!」という声が挙っていたが、この物体の正体は4日の午後9時41分(モスクワ時間)にプレセツク宇宙基地から打ち上げられたソユーズロケットだとわかった。

5月8日/新宿上空にUFOの大群?

YouTube

110508tokyo.jpg最近ネットで話題になっている動画。
ゴールデンウィーク最終日の5月8日、午後4時頃に北新宿3丁目(大久保駅付近)で撮影されたという。
外が騒がしいので見てみたら、100機くらいのUFOの大群が飛んでいたという。
「新聞に電話して!」と大騒ぎしているのは撮影者ではないという。
——空に何かが飛んでいるからといって、すぐUFOと決めつけることはできない。よほどはっきりと形が確認できたり、異常な動きをしていたのであればともかく、動画を見る限りは結婚式などのイベントで放たれた風船(バルーンリリース)ではないかと思う。
「日本が大変ですよー」とお願いするところは、神仏に頼るような心理が見えて面白い。

5月2日/震災直後の東京のUFO?

ROCKET NEWS

110502tokyo.jpg3月11日、東日本大震災を起こした東北地方太平洋沖地震の発生当日の夕方6時頃、東京の空低くに光体が出現し、映像としておさめられた。
光体は動かず、光が遠のいていくように消えたというが、映像では一度引いた後、再び寄ると見えなくなっている。
——当日、西の空には木星が出ていた。高さ的にも光体と同じくらいだろう。ただ、はっきりした雲が見えないので木星が薄い雲に隠れたのかどうかは判別できない。YouTubeのコメントでは震災の警戒で飛んでいたヘリなども疑われている。
せめて正確な時刻と方角を書いてほしいのだが。

4月30日/夜空を飛び交うUFO群?

Night Vision UFO Skywatch

110430sandiego.jpgNight Vision UFO Skywatchというグループが、4月30日にナイトビジョン(暗視カメラ)で撮影したという映像。
星空のような映像の中を、いくつかの光点が動き回っている。モニターに映されているのを数名で指差しながら見ているのだ。
時々見える緑色の光はレーザーポインターか何かだろう。
グループはUFOの証拠写真を撮るために集まった映像製作者、学者、UFO研究家らだという。
同グループはサンディエゴ・スカイ・ウォッチとも呼ばれているようなので、撮影場所はカリフォルニア州のサンディエゴだろうか?
——物体の動きは、筆者の知る限り飛行機や人工衛星、流星などと思えない。強いて挙げれば鳥だろうか?
これが星空を写したものだとして、いったい何座のあたりを写したのだろう?
筆者の調べ方が悪いのか、詳しい撮影状況が書かれていない。これほど奇妙な現象が撮影されたのなら、ちゃんと詳しい状況が書かれ、モニターを撮影した映像ではなくオリジナルの映像が公開されるのが普通だと思うのだが?
奇妙な映像だが、にわかには信じ難い。

4月23日/鹿児島の怪しい光跡

YouTubeカラパイア

110423kagoshima.jpg鹿児島県姶良郡加治木町で2006年2月22日、7時20分頃撮影されたという映像。
世の明けきらない空に怪しい光跡が描かれており、撮影者の奥さんと思われる人が「原爆(核ミサイル)ではないか?」とさかんに怖がっている。
南東の方角65kmほどにはJAXAの内之浦宇宙空間観測所があるため、撮影者はそこから発射されたロケットではないかと疑っている。

調べてみたところ、ズバリその日にそこから赤外線天文衛星「あかり」が打ち上げられていることがわかった。ただし打ち上げ時刻は6時28分なので、撮影者の記憶違いか、カメラの時計が進んでいたのではないだろうか。
あかり打ち上げの瞬間の映像(ニコニコ動画)
カラパイアやYouTubeの転載された動画では今年の4月24日の撮影としているが、アップロードされたのが4月23日なのでそのあたりの勘違いだろう。

4月20日/シベリアのニセ宇宙人

ROCKET NEWS24

110420siberia.jpgシベリアのイルクーツクで撮影されたとされる宇宙人の死体映像。
イゴール・モロビッチという人物他一名によって撮影された。
雪の中に横たわる、やせたグレイのような不気味な生物の死体と思しき映像だ。
YouTubeで公開されるや、250万ビューを超えて話題になったが、映像を見た人が「幼児の死体ではないか?」として警察に通報したため、撮影者が「実は鶏肉の皮の中にパンを詰め込んで作った偽物でした」と告白して騒動は幕となった。

4月19日/自動車メーカーがUFOをデザイン

ROCKET NEWS24

110419citroen.jpgフランスの自動車メーカーのシトロエンが、「未来の輸送手段」としてUFO型のコンセプトカーを発表した。
タイヤもなく、浮遊することを前提にデザインされている。
——もちろん実際に飛んだりはしないのだろうが、なかなかユニークだ。UFO現象自体はかなり疑いの目で見られることが多いが、未来の乗り物として人々の思い浮かべるのは、やはりUFO(空飛ぶ円盤)なのだろう。

4月15日/ウクライナのUFO映像

All News Web

110415ukraine.jpgウクライナのオデッサで撮影されたとされる映像。
上空を灯りのついた物体が何機も飛んで行くのが写っている。
住民達は何世紀もの間、このような不思議な球体を目撃しているという。
——撮影者の情報は相変わらず記載されていない。無理してみるとヘリのように思えないこともないが、解像度の悪い映像なのでこれ以上はなんとも言えない。

4月5日/ロシアのUFO写真
UFO CASEBOOK

110405russia.jpg現地のテレビで紹介されたUFO写真。

撮影日が調べがつかなかったが、YouTubeで発見した最も古い動画は4月5日にアップロードされたものだった。
ロシアの内陸部に位置するハンティ・マンシースク(Hanti Mansijsk)という都市に住む男性(動画中でインタビューされている)が早朝3時過ぎに目覚めた。煙草を吸うために外に出ると、上空に青く細長い物体を見つけ、携帯電話で数枚の写真を撮影したという。
初め軍の飛行機かヘリコプターだと思っていたが、まったく音がしなかったため、すぐにそうではないと思った。
物体は最初静止しており、形を変えながら向かって右にゆっくり進んだという。
3月29日にニュージーランドのクライストチャーチに現れたUFOに似ているという。



UFO事件簿内検索