UFO事件簿/UFOニュース2009年

005.png

006.png

UFOニュース2009年

12月18日/モスクワ上空のピラミッドUFO

All News Web

091218moscow.jpgロシアの首都モスクワのクレムリン上空で撮影されたというピラミッド型のUFOの映像が、YouTubeで話題になっている。
問題の映像はそれぞれ夜と昼間に撮られた映像で、ピラミッド型の大きな物体が空中でゆっくり旋回している様子が写っている。
——クレムリン上空というロシアの防衛の最重要拠点のような場所に正体不明の物体が飛んでいるというのに、ロシア政府当局が何も騒いでいないところをみると、信憑性には疑問が持たれる。⇒YouTubeの動画

12月17日/水に覆われた地球型惑星発見

AFPBBNews

米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターは16日、地表の4分の3以上が水と氷に覆われているとみられる「スーパーアース(巨大地球型惑星)」を発見したと、英科学誌のNatureに発表した。
スーパーアースは約42光年の距離にあり、太陽の5分の1ほどの大きさの恒星の周りを公転している。地球の約2.7倍の半径を持ち、「GJ 1214b」と名付けられた。
表面温度は推定120~280℃にも達するため生命体にとっては高温すぎるが、これまでに発見されたスーパーアースの中では最も地球に近い星である。大気がある可能性もあるという。
関連:欧州南天文台が発見したコロー7b

12月11日/ノルウェーでUFO騒ぎ!?

AFPBBNewsエルエル

091211norwayUfo.jpg12月9日早朝、ノルウェー北部のかなり広範囲において、螺旋状に円を描く巨大な光が見られ、数千人の市民に目撃された。ノルウェー気象学会には問い合わせが殺到した模様。
目撃者によると、最初強い白い光の輪が見え、広がり始め、10分程度後にそこから緑の光線が現れた。音などは一切聞こえなかったと言う。
この模様は写真、動画として撮られ、メディアを通じて世界に配信された。⇒YouTubeの動画
当初よりロシアのミサイル実験の失敗が疑われていたが、10日になり、ロシア国防省が発表したことで正体が判明した。
それによると、白海で原子力潜水艦から発射された大陸間弾道ミサイル(ICBM)に問題が生じ、打ち上げに失敗したという。

12月6日/火星にUFOの残骸か!?

livedoorニュース

091206mars.jpg091206mars.jpgドイツの日刊ビルドオンラインは12月1日、NASAが撮影した火星の写真に謎の物体が写り込んでいると報じた。もしかしたら、UFOの機体の一部ではと様々な憶測が飛び交っている。
問題の写真は火星探査機スピリットが今年の5月14日〜6月20日かけて、トロイと呼ばれる砂地帯で撮影された写真の中から発見された。
スピリットは5月以来、トロイの砂場から抜け出せておらず、真相の把握は難しい模様であるという。
——画像をクリックすると拡大するので見ていただきたいが、残念ながら自分にはUFOの残骸のような物にはとても見えなかった。もっと大きな写真だとそう見えるんだろうか?

12月5日/英国防省、歴史50年のUFO調査部署を廃止

AFPBBNews

英国防省は4日、「UFOの調査に国防上の利益を見いだせない」として、50年以上前からUFO(未確認飛行物体)の目撃情報の収集、調査をおこなってきた部署を廃止したと発表した。
過去の調査からは、地球外生命体による脅威が存在するとの証拠が得られなかったという。
一般市民からUFOの目撃情報などを募ってきた窓口は1日に廃止され、たった1人の担当者も異動になったという。

12月1日/火星の隕石に生命痕の新証拠

YOMIURI ONLINE

091201marsMeteorite.jpg11月30日、NASA(アメリカ航空宇宙局)は、かつて微生物の痕跡について物議をかもした火星からの隕石(ALH84001)に、あらためてそれを裏付ける新証拠が見つかったと発表した。
研究チームが最新の電子顕微鏡で隕石に含まれる磁鉄鉱を分析し直した結果、ある種の細菌が作り出したと考える方が妥当だと判断した。
研究チームは自信を深めたが、懐疑派はまだ証拠不足であるとしている。
この隕石は1,600万年前に火星から飛び出し、13,000年前に南極に落下。1984年に米調査隊が拾い、NASAが1996年に「微生物の痕跡が残っている」と発表していた。

10月30日/LED風船によるUFO騒ぎ

Daily Telegraph

091030ledUfo.jpg農業を営むジョニー・ヒューイット氏(Johnny Hewitt/35)は、友人を招いてのパーティー会場の目印として、小型のLEDが入ったいろいろな色をしたヘリウム風船を何百もつなぎ、網に入れて空中に浮かせたところ、それを知らない人々にUFOや流星雨の一部に見えて騒ぎとなってしまった。(事件の詳細な日付は不明)
——ヒューイット氏がすぐに弁明したので騒ぎは収まったようだが、案外こういったものが原因のUFO騒ぎは多いんじゃないだろうか? フライングヒューマノイドとかフライングワームなどとよばれる一連の騒動も、実に風船っぽい。

9月22日/イランでUFO撃墜?

PRESSTV

090922iran.jpgイランの非正規軍であるイスラム革命防衛隊(IRGC)は、ペルシャ湾上に発見された未確認の3つの輝く物体のうち、1つを撃墜したと伝えた。
地域の最高指揮官Ali Razmjou准将は、「3つの輝く物体がペルシャ湾諸島のKharkとKhargouを飛行しているのをレーダーが捉えた。レーダーはそれをイラン国籍機ではないと示したため、3つの物体に発砲した。運良く1つを標的にすることができ、ブーシェフル(Boushehr)行政区の海に墜落させた。墜落機の残骸は見つかっていない。」と述べた。
正確な時間と、怪しい飛行物体の目撃および墜落位置は発表されなかった。

9月17日/太陽系外に初めて地球型惑星発見  

CNN

欧州南天天文台は16日、地球から約500光年離れたいっかくじゅう座の中にある惑星「コロー7b」について、太陽系外では初めて、地球のような固い地表を持った惑星が見つかったと発表した。
コロー7bは欧州宇宙機関のコロー宇宙望遠鏡で2008年に発見され、観測が続けられてきた。
質量は地球の約5倍と、太陽系外の惑星としてはこれまでに見つかった中で最小。密度の測定の結果、木星のようなガス惑星とは異なり、地球のような地表が確認されたという。
公転速度は地球の7倍。恒星に極めて近いうえ、表面の一方が常に恒星側を向いており、熱を分散させるような大気も存在しないので、この表面は融解していると考えられる。そのため昼の側の気温は2000度を超え、夜の側は−200度にもなり、生命が存在できる環境ではないという。
研究チームはこの観測結果について、10月22日に学術誌に発表予定である。

9月13日/南京の天文台が日蝕中にUFOを撮影

Daily Telegraph

090913chinaUfo.jpg中国は南京のパープルマウンテン観測所(中国科学院紫金山天文台)が今年7月22日の日蝕の際の40分間に、太陽のそばに発見したUFOを撮影したと報告している。天文台のJi Hai-sheng氏は、「今後分析の必要があり、最終的な報告が出せるまで1年はかかるでしょう。」と述べた。
また地元の学生もこの物体をカメラで撮影した。(それを伝えるテレビニュースのYouTube動画)この輝く青い球体は出現してから何度も形を変えたという。
——左の写真は学生がデジカメで撮影したものだ。たしかに円盤っぽく見えるが、日蝕観測用気球か何かという可能性はないだろうか。天文台の正式発表が待たれるところである。

9月4日/レンドルシャムの森の事件は自分の仕業と老人が告白

Daily Telegraph

090909peterTurtill.jpg1980年12月にイギリスのサフォーク州に駐留しているウッドブリッジ米空軍基地付近で、警備兵によって謎の光が目撃された事件、通称「レンドルシャムの森の事件」に関し、「あれは自分の仕業だった」と告白する老人が現れて物議をかもしている。
「英国のロズウェル」とも呼ばれ、長い間、研究者達によって真相究明が試みられてきたこの事件について、イプスウィッチ(Ipswich)に住むピーター・ターティル(Peter Turtill/66)老人は、「盗んだ肥料をトラックいっぱいに積んで戻る途中、基地の近くでトラックが故障してしまい、証拠を隠すために肥料に火をつけた。」と告白した。
「トラックにはアルミニウムが使われていたため、変わった色の炎になった。警備兵は銃を持っており、関わりたくなかったので、燃えている車両を引っ張って動かした。それが驚くほど回転しているように見えただろう。しかしそれは宇宙船ではなかった。」
長年この事件を調査してきたブレンダ・バトラーは、即座にこれを否定した。
「彼が言っていることは受け入れられません。多くの目撃者がいました。それが嘘だと言うなら、彼はもっと多くの証拠を出さなければいけません。なぜ29年もたってから告白したんでしょう?」
仮に12月27日の件がそれだったとしても、30日に宇宙人と会見したなどという件は説明できないだろう。

9月2日/ファーストレディがUFO体験?

ロイター

先の衆議院選挙で第一党となり、首相就任間近である民主党の鳩山由紀夫代表(62)の幸(みゆき)夫人(66)が、昨年出版された著書「私が出あった世にも不思議な出来事」の中で、20年ほど前に「肉体が眠っている間に、魂が三角形のUFOに乗って金星に行って来た」と告白していたことがわかった。「ものすごくきれいなところで、緑がいっぱい」だったとのことである。
——鳩山代表自身、その容姿などから宇宙人とあだ名されているが、まさか夫人まで。
同じ民主党の蓮舫議員はその昔クラリオンガールだったけど、最近話題のクラリオン星人とは無関係なのは言うまでもない。

8月31日/2006年ロサンゼルスのUFO

UFO Casebook files

090831LAufo.jpg2006年10月、ケムトレイル(何者かが毒物を混ぜて散布しているのではないかと言われている飛行機雲)を撮影していた人が、見慣れない飛行物体を見つけて撮影したところ、このような写真が写っていた。
光学物理学者の友人は、物体のうしろに延びているのは、単なる飛行機雲ではなく、物体によって作られたプラズマではないかという。
——ホコリっぽいところでデジカメ撮影をすると、ホコリに反射した光がちょうどこんな形に写る。何か関係はあるだろうか。

8月27日/中国重慶でUFO目撃

xinhuanet

090827china.jpg8月23日午後10時頃、中国の重慶の北碚浜江路上空にV字型のUFOが現れ、市民数百人に目撃された。
UFOは赤、青、緑、黄色、白の光球が並んでいて、色を変えていた。エンジン音のようなものは聞こえなかった。
その間に通った一般の飛行機と比較して、UFOは明らかにより高空を飛んでいたという。
およそ30分の後、UFOの周辺がまたたき始め、そのまま夜空に消えてしまった。

8月18日/英国防省、800件のUFO目撃情報を公表

AFPmetro.co.uk

英国防省は17日、1981年から1996年までの間に記録・保管された約800件のUFOに関する目撃情報の詳細を公表した。以下はその内の一例。

090818england.jpg1995年5月4日、少年2人が野原を歩いていたところ、レモンのような頭をした宇宙人が突然目の前に現れ、「We want you. Come with us.(おまえたちが欲しい。われわれについて来い)」と言われた。約100メートル離れた家を4つ重ねた高さの場所にUFOが浮かんでいた。
2人は警察で動揺し困惑した様子で一部始終を話した。
2日後に警官らが現地に赴いたところ、作物に水をやる農民1人がいるばかりだったという。

最後の農民のくだりはそれだけ田舎だったということ? それとも少年二人と会えなかったということ?

1980年12月27日早朝に米空軍兵士3人が、英国東部の基地付近の森の中に奇妙な輝く物体を見た。森全体が白く輝いていて、物体は上部が赤く、下部が青く光っていた。浮かんだり着地したりを繰り返しており、パトロール隊が近づくと、木々の間をすり抜けて消えた。
この報告については、米軍の元上官が当局に対し、真剣に受け止めるよう促したとする逸話が残されている。

レンドルシャムの森の事件だね。

1989年11月から1990年4月にかけてUFO目撃が相次ぎ、ベルギー空軍のF-16戦闘機がスクランブル発進し、UFOをレーダーで自動追尾した。

1996年7月15日早朝、英国北西部ウィドネス(Widnes)の墓地上空で、レーザー光線を地面に向けて発射したUFOが目撃された。

当局に報告のあったUFO目撃件数は1995年には117件だったが、翌1996年には609件に激増した。なおこの1996年にはUFOに関連した映画「インデペンデンス・デイ」がヒットしている。

8月12日/BBCのお天気カメラに写ったUFOがYouTubeで話題に

ナリナリドットコム

090812bbcNews.jpgイギリスBBCの8月6日朝のニュース番組「Breakfast」で、司会者の背後に映されていたお天気カメラの映像に謎の飛行物体が横切っているのが写っており、YouTubeで話題になっている。
英北東部に位置するニューカッスルを流れるタイン川に架かっている歩行者専用のミレニアム・ブリッジを映したものだが、白い物体が左下から右上に1秒足らずの間に飛び抜けている。
——鳥か、虫か、光のいたずらか、それとも…?

8月9日/矢追さん、コスモアイル羽咋の名誉館長に

中日新聞

UFOがよく目撃されるため、UFOで町おこしをしていることでも有名な石川県羽咋(はくい)市鶴多町にある宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」の名誉館長に、これまで数々のUFO番組を作ってきた矢追純一さんが就任した。7日夜に就任セレモニーがあり、山辺芳宣羽咋市長が矢追さんに委嘱状を手渡した。

8月6日/火星にモノリス発見?!

ROCKET NEWS 24nantoka.net

090806marsMonolith.jpgNASAが撮影した火星の地表の写真に、映画「2001年宇宙の旅」で人類の進化を促す役割を果たした石板「モノリス」を彷彿させるような長方形の一枚岩が見つかり、大きな話題となっている。まるで人工的に作られたように見えるため、映画と同じように宇宙人が置いたのではないかと言うわけだ。
NASAからは正式なコメントが出ていないため、詳細は不明である。
科学者のアルフレッド・マッキュアン博士は「どこの星にでも四角い岩はいくつもあるので、これを人工物だと決め付けるのはまだ早い。」と語っている。
GoogleMarsでの位置(画面中心付近。拡大率が低いため、実際のモノリスは見えない。)
アリゾナ大学のサイトにあるオリジナル画像(「JP2 QUICKLOOK (IAS Viewer)」を開いた中の「Full image〜」をクリックするとビューアーが起動する。)
——アポロ11号で月に行ったバズ・オルドリン元宇宙飛行士が最近「火星の衛星フォボスにモノリスがある」と発言しているようだが、この写真とはまた別の話である。2009年末のテレビ朝日「たけしのXファイル」の中ではこれをフォボスの写真として紹介していたが、明らかに間違いである。

8月1日/UFOの証拠を求め不正アクセスしていたハッカーの訴え棄却

AFP

英高等法院は7月31日、UFO実在の証拠を探すため米軍やNASAなどの米政府機関のコンピューターに不正侵入していたとされる英国人男性ゲイリー・マッキノン(Gary McKinnon)被告(43)が、米国に引き渡すという決定を取り消すよう求めていた訴えを棄却した。
被告は2001年から2002年にかけて、米政府機関の97台のコンピューターに不正侵入したとされる。米国の裁判所で有罪になった場合、生涯を刑務所で過ごす可能性もある。
被告の弁護団は、被告がアスペルガー症候群であることに配慮してこの決定を取り消すように求めていた。弁護団は訴えが棄却されたことに対し、控訴することを示唆した。

6月20日/女性格闘家がUFO撮影?

GBR

090620miku.jpg女性格闘家のMIKU(クラブバーバリアン)が携帯で太陽を撮影したところ、UFOのような黒いシルエットの物体が写っていたことを自身のブログで明らかにした。
レンズに傷などはなく、他のものを写しても同じものは写らないという。本人は「これ合成ぢゃないよ! たまたまだと思いますが、すごいよねーオモロー♪」と不思議がっている。
——実際に物体があった場合、太陽の強烈な光を背にしているのだから輪郭が見えにくくなるであろう。
物体の形に合わせて光条が左右に伸びているので、そのあたりが謎を解く鍵か?
太陽の強烈な光のせいでカメラの撮像素子が一時的に異常になり、黒く抜けてしまったのだと思われる。

4月17日/マレーシアでUFOが数時間滞空

マレーシアナビ

マレーシア、ジョホール州ラーキンのタマン・ダト・オンで、モハマド・ザムリさん(30)がUFOを目撃し、デジタルカメラで撮影していたと、マレー語紙「コスモ!」が報じた。
写真を拡大すると白と緑の光を発していることが確認できたという。
UFOは3月上旬から数回出現していたが、この日は数時間もの間、頭上に滞空していた。UFOはやがて雲のかなたに消え去ったという。ザムリさんによれば、当時空には雲が立ちこめており、レーザーライトや飛行機の反射の可能性はないと主張している。
——肝心の画像は入手できませんでした。

4月13日/エリア51にUFOはないと元職員が証言

GIZMODO JAPAN

米軍が宇宙人のテクノロジーを利用してUFOを作っているのではないかと噂されているネバダ州にある秘密施設、通称エリア51の元職員5人が、軍事機密が解除になったのを受けて初めて「エリア51にUFOはない」と証言した。
証言したのはヒュー・スレーター(Hugh "Slip" Slater)大佐(87)をはじめとした、いずれも70歳以上の高齢の元職員だ。
彼らが言うには、冷戦時代のソ連(現ロシア)の偵察用に作られた超音速偵察機SR-71ブラックバードなどを作っており、機密保持のために虚偽の報告をさせられたりと、大変だったようだ。

3月30日/UFOのように浮く新型飛行艇

FujiSankei Business i.

090330hikoutei.jpg栃木県下都賀郡に研究所を持つベンチャー企業「グローバルエナジー」 が、両翼のない飛行艇の実験をおこない、各国から視察や交渉の申し込みが殺到するなど、注目を集めている。
それは「ベルシオン飛行艇」といい、「空気をつかむ」という新しい理論で飛行、ホバリングをおこなっているという。
模型による飛行実験を視察したある航空理論の専門家は、目の前で見ていながら信用せず「どういうトリックを使っているのか」と声を荒げた。
同社は同じ理論に基づく、微風状態から回転して音もない「ベルシオン風車」を開発しており、大手コンビニが店舗での風力発電に導入を検討している。この飛行艇もベルシオン風車の理論を証明するために開発されたという。
同社のサイトでは実際の実験映像も見られる。

1月28日/英国のパブ上空にUFO出現

Web-Tab

英紙サン(電子版)が27日伝えたところによれば、22日の夜、英国ヨーク郊外Nether Poppletonにあるパブの店主キース・ゲルダードさん(53)と数人の客が、上空に浮かぶ4個の球状の発光体を目撃した。
発光体の出現後には周辺地域で原因不明の停電が起きたという。停電発生時に、その発光体のビデオ撮影もされているという。(映像は未入手・雅)
ゲルダードさんによれば、「はじめは遠い空中で静止する発光体2個が目に入り、音も立てずに近づいてきて、そのうちに4個に増えた。発光体が去っていく間に停電が起き、近隣では警報器の音が鳴り響いた。」という。
発光体を最初に発見したジェイソン・ミッチンソンさん(45)によれば、「発光体はオレンジ色で、光る輪で囲まれていた。パブの上空でしばらく静止した後、スカーバラの方に向かって飛んでいった。飛行機と違ってほぼ直角に向きを変えていた。」と驚きを隠せない様子で語った。
パブは英空軍のLinton-on-Ouse基地に近接しているが、基地によると、22日夜に上空を飛んでいた航空機はなく、レーダーも稼働していなかったため、発光体の姿は確認されていないという。地元の警察当局にも、ほかの目撃報告は届いていないようである。



UFO事件簿内検索