UFO事件簿/UFOニュース2008年

005.png

006.png

UFOニュース2008年

10月23日/開示された英国防相の機密ファイルの中身

GIZMODE JAPAN

英国防相が開示したUFOに関する機密ファイル19点の中に以下のような事件があった。
1957年5月20日、出撃命令を受けてノーリッジを飛び立ったミルトン・トレス(Milton Torres)操縦士(当時26歳)は、レーダーに写った未確認の物体の撃墜命令を受けた。トレス操縦士がロケット弾の発射準備をすると、UFOは時速9,941マイル(15,998km)の超高速で去ったため発射には至らなかった。
現在77歳のトレス氏が語ったところによれば、事件翌日にNSA(アメリカの国家安全保障局)を名乗るトレンチコート姿のアメリカ人が尋ねてきて、「事件について口外するな」と迫ったという。
UFO専門家は、CIAがおこなっていた偽レーダー読み取り実験「Project Palladium」の可能性を示唆しながらも、ロケット弾発射命令が出されたことに疑問をはさんでいる。

17年前、アリタリア航空の旅客機が、ロンドンのヒースロー空港に接近時、高度22,000フィート(6,706m)の上空でUFOと正面衝突寸前だったが、直前にUFOの機体が消えたので大事にはいたらなかったという。
同様の機密ファイルは今後4年間で200点ほど開示になる予定だ。

7月25日/UFOに関する意識調査結果

アメーバニュース

日本のリサーチ会社、株式会社アイシェアが、20〜40代の男女505人に対しておこなったUFOの存在についての意識調査によると、「地球上に存在していると思う 9.7%」、「宇宙のどこかには存在すると思う 73.9%」という結果であった。
存在は信じるものの、地球に来ているとは思っていない人が多いようだ。UFOというより地球外知的生命体(≒宇宙人)に関する調査という感じがするが。

6月22日/イギリスで警察ヘリがUFOを追跡

AFPBBNews

6月20日の英大衆朝刊紙Sunが伝えるところによると、イギリスのウェールズ南部の都市カーディフ(Cardiff)上空で現地警察のヘリコプターがUFOに攻撃された。ヘリは急旋回してUFOとの衝突を避け、ブリストル湾(Bristol Channel)上空を数kmにわたってUFOを追跡したが、燃料が足りなくなって断念した。UFOは飛び去ったという。
UFOは円盤型をしており、縁の部分が点滅する光に包まれていたとのことである。
現地警察も、警察ヘリが今月上旬未確認飛行物体を目撃したことを認めた。
英防衛省は、何の報告も受けていないとしながら、「警察のヘリコプターが、未確認飛行物体ともとれる物体を追跡することは賢明ではない」と述べた。

1月22日/NASAのスピリットが火星人を撮影?

エルエル

martianBySpiritRover.jpgNASAのローバー(火星探査車)スピリットが撮影した写真に、人が座っているように見える写真が見つかり、ちょっとした話題になっている。
問題の写真はスピリットが2007年に撮影し、今年1月3日に公開したパノラマ写真の中に見つかった。
人が岩の上に座って右手を前に出しているように見える。
地球と勝手が違うために遠近感がわかりづらいが、スピリットと比べてかなり小さいようだ。単に面白い形をした岩なのだと思われるが、なぜこんな形になったのかは興味深い。いつか近くに行って撮影してみて欲しい。
NASAのオリジナル画像
⇒関連:火星



UFO事件簿内検索