UFO事件簿/天王星

005.png

006.png

天王星

横倒しに回り続ける惑星

ハーシェルが見つけたガス惑星

uranus.jpg
  天王星 地球
赤道直径 51,118km
(地球の4倍)
12,738km
軌道   ほぼ円軌道
地球を1とした場合の
赤道表面での重さ
0.889
大気組成 水素
ヘリウム
メタン
窒素 78.1%
酸素 20.9%
アルゴン 0.93%
水蒸気 1%以下
平均表面気圧   約1,000ヘクトパスカル
表面温度   -90℃〜60℃
(平均9℃)
1日の長さ 約0.72地球日
(17.2時間)
1日
(約24時間)
1年の長さ 84.25年 365.25地球日
衛星 27個
(ティタニア、オベロン他)

天王星は木星などよりもだいぶ小さなガス惑星だ。岩石の核の周りに水、水素、ヘリウム、メタンなどの層が取り巻いていると考えられている。陸地は存在しない。
当時音楽家で、後に天文学者になったドイツ出身のイギリス人ウィリアム・ハーシェルが1781年に発見した。
公転面に対して自転軸が98度も傾いている。つまりほぼ横倒しになっているのだ。元々は普通だったのが、他の天体の衝突によって傾いてしまったのではないか? 土星や海王星などの惑星の引力の影響ではないか? と推測されているが、詳しいことはわかっていない。
13本の細くて暗いリングと、27個の衛星が発見されている。

参考資料

  • 太陽系のすべて 改訂新版―次々に投入される探査機が明かす (ニュートンムック Newton別冊)
  • 「小学館の学習百科図鑑」宇宙
  • 誠文堂新光社・天文年鑑2011年版



UFO事件簿内検索