UFO事件簿/海王星

005.png

006.png

海王星

現在知りうる太陽系最遠の惑星

計算で予言されていた惑星

neptune.jpg
  海王星 地球
赤道直径 49,528km
(地球の3.9倍)
12,738km
軌道   ほぼ円軌道
地球を1とした場合の
赤道表面での重さ
1.125
大気組成 水素
ヘリウム
窒素 78.1%
酸素 20.9%
アルゴン 0.93%
水蒸気 1%以下
平均表面気圧   約1,000ヘクトパスカル
表面温度   -90℃〜60℃
(平均9℃)
1日の長さ 約0.67地球日 1日
(約24時間)
1年の長さ 165.23年 365.25地球日
衛星 13個
(トリトン、プロテウス他)

地球より大きく、木星より小さなガス惑星。岩石の核の周りに水、水素、ヘリウム、メタンなどの層が取り巻いていると考えられている。陸地は存在しない。

天王星が発見された後、その動きに乱れがあることがわかり、別の惑星の影響だと考えた学者らによって、その存在と位置があらかじめ計算されていたという逸話がある。
そして1846年にドイツのガレによって、海王星が実際に発見されたのだ。

海王星に接近したボイジャー2号の観測で、表面に大暗班という暗い模様が見つかった。これは高気圧性の渦で、反時計回りに回っている。大暗班の上空には白い雲が浮かんでいるのも見られる。
この大暗班は1994年のハッブル宇宙望遠鏡の観測で消えているのが確認された。

冥王星が惑星の条件から外れたので、現在発見されている太陽系の惑星の中では最も遠い惑星になった。
距離は30.11天文単位(AU)=0.000476光年であり、1光年にはるかに及ばない。

噴煙の上がる衛星トリトン

triton.jpg海王星最大の衛星トリトン海王星最大の衛星トリトンでは、ボイジャー2号の観測によって噴煙が上がっているのが確認された。
地下の窒素が温められて、地表付近の炭素化合物や窒素の氷を噴出しているのではないかと考えられている。
海王星と逆方向に自転しているため、徐々にスピードが落ちている。
別な場所で誕生し、海王星の重力に捕えられたのではないかと考えられている。

参考資料



UFO事件簿内検索