UFO事件簿/レティクル座

005.png

006.png

レティクル座

宇宙人の故郷と噂される星座

reticulum.jpgreticulum.jpg

ヒル夫妻事件をきっかけとしてUFOマニアの間で有名になった星座である。日本では鹿児島県以南でなければ見えない。
レティクルとはそもそも望遠鏡を覗いた時、レンズに描かれた照準の十字線の事である。望遠鏡発明後の命名であるから、当然ギリシャ神話などとは無関係だし、それ以上の特別な意味合いもない。

日本においては、天体観察を趣味とする人の間ではレチクルという言い方の方が一般的であるため、これをレティクル座と言うかレチクル座と言うかで、その人がUFO好きか、天体好きかというのがなんとなく区別できそうだ。

ヒル夫妻は、宇宙人から直接「我々はレティクル座からやって来た」とは言われていない。あくまでも、星図を見せられたことを催眠治療中に思い出し、それを手書きしたものを、高校教師マージョリー・フィッシュが自作の立体星図の中で近い並びを見つけて「レティクル座ゼータ1、ゼータ2ではないだろうか?」と考えただけである。
その説がマスコミ報道を通じて一般に広がったため、猫も杓子もレティクル座から来た宇宙人ということになってしまった感がある。

ところで、星座というものは、あくまでも地球から見た場合に見かけ上隣りあって見える星をまとめて名前を付けたものであるから、同じ星座を構成する星が、実はそれぞれ何百光年も離れていることもあるのだ。
つまり、地球の見かけ上の呼び方を使って「レティクル座から来た」などと言う宇宙人がいることはそもそもおかしいのだ。よほど地球人に気を遣って「あなた方地球人がレティクル座と呼んでいる方向にある星から来た」という意味で言ってくれているなら話は別だが。

また当たり前のことであるが、仮に「レティクル座ゼータ1から来た」と言っても、ゼータ1自体は太陽のような恒星であるから、ゼータ1自体にはとても生物は住めない。つまり「レティクル座ゼータ1の惑星系から来た」というのが正しい表現だろう。

ちなみにレティクル座ゼータ1は、NASAの宇宙望遠鏡による太陽系外惑星探査計画の探査対象の100個の星のうちの一つでもある。(現在その計画は、予算を地球外生命の存在が期待される木星の衛星エウロパの探査にまわすために無期限延期になっている。)
「惑星があるかもしれない」というNASAのお墨付き(?)はもらっているものの、逆を返せば今のところまだ惑星系は発見されていないわけである。むろんその惑星系に生命体がいるかどうか、それが知的生命体かどうかというのはさらにその先の話だ。
それでも惑星系が存在しそうなのは不思議な一致に思えるかもしれないが、フィッシュの立体星図は惑星系がありそうな星をピックアップして作られたので、当然と言えば当然なのだ。

レティクル座、特にゼータ1、ゼータ2について、もっといろいろな情報をネットで調べたかったのだが、マイナーな星座ということもあり、あまり詳しくは調べられなかった。おまけに天文学としては役立ちそうにないUFO関係のページも多いし(苦笑)。



UFO事件簿内検索