UFO事件簿/UFO観測道具

005.png

006.png

UFO観測道具

UFO観測にあると便利な道具

UFO観測と言っても、よほどのことがない限り本物にはお目にかかれないだろう。
あまり根を詰めず、自宅や旅先で面白そうなものが見えたら確認して楽しむくらいのつもりがいいだろう。
それが本物のUFOでなくても、誤認しないための目を養える。
機器の使用に慣れるためにも積極的に使っていこう。

観察と記録のために、あると便利な物をピックアップしてみよう。
べつに全部ないとダメというわけでもないし、他のもので代用できるものもあるだろう。

メモとペン
記録することの基本だ。写真が撮れなくても、UFOの見え方や周りの状況などを記録しておこう。最後はUFO目撃報告書にまとめよう。
デジカメ
デジカメをできるだけ持ち歩いていろいろな物体を写そう。持ち歩くにはコンパクトな方が楽だろう。
小型の三脚
高倍率やスローシャッターで撮影する時に手ぶれを防ぐため
双眼鏡
7倍程度以上で明るめのものがいい
方位磁石
ある程度正確であれば、方位のわかる携帯電話やカメラなどでもかまわない
スマートフォン
いろいろと情報を確認できる
地図アプリ
目撃後はGoogleMapのマイマップ機能やGoogle Earthなどを使って情報を整理しよう
ラジオ
UFO出現があるとラジオにノイズが入ることがあるという(真偽は不明)。カーラジオでもいいだろう。

天体望遠鏡は大きく重く、視界の像が反転するなど、UFO観測にはあまり向かない。
月面観察などに関してはまた別にページを設けて解説したいと思う。

天文アプリ

istellar.jpgistellar.jpg星との誤認を防ぐ上で、天文アプリは便利だ。
例えば日本のアストロ・アーツが出しているiOS端末(iPhone、iPod touch、iPad)用の星図ソフト「iStellar(アイステラ)」は十分な機能を備えている。(AppleのAppStoreで1000円)
太陽が沈んでからもまだ若干空が明るい「薄明期」と呼ばれる時間帯や、街灯りによる「光害」なども再現してくれる。
日時と場所を設定すれば、1900年から2099年までの世界各地の星空の状況を表示してくれるため、過去の事件を調べるのにもちょうどいい。
図はパプア事件当時の現地の星空の模様だ。

Android用にはiStellarの姉妹ソフト「SmartStellar」(Androidマーケットで1000円)や、「GoogleSky Map」という無料ソフトがあるようだ。
フリーウェアの「stellarium」、Webサイトの「つるちゃんのプラネタリウム」なども手軽だ。

ユータンストラップ

矢追さん監修によるこんなグッズもあるので、遊びにはいいでしょう(笑)

デジカメ推奨スペック

UFO観測に便利なデジカメのスペックを考えてみた。
専門的な研究用というよりは、いつ出るかわからないUFOをきちんと記録し、誤認を防げるようなものを基準とした。
ただし全てを満たす製品は今のところないだろう。

  • 1,000万画素以上の高画質
  • 28mmより広角のレンズ(周囲の景色も写せるように)
  • 光学ズーム8倍程度以上
  • 手ぶれ補正機能があるもの
  • ISO1600以上の感度
  • マニュアル露出で5秒程度のスローシャッターが切れるもの
  • HD画質以上で毎秒30フレーム以上の動画。動画撮影中の光学ズームと自動露出可能なもの
  • マニュアルフォーカスか無限大に固定できるモードがあるもの
  • 静止画/動画ともに、撮影後の保存時間ができるだけ短いもの
  • なるべく小型で携帯性に優れるもの
  • 防水仕様
  • GPSにより緯度/経度と方位が記録できるもの
  • 電池のもちが良いもの


なかなか良さそうなのがカシオのEXILIM EX-H20G。筆者も買った。
上記条件にかなり当てはまる。

  • 141万画素
  • かなり広角な24mm(35mmフィルム換算)
  • 光学10倍ズーム(デジタルズーム併用で最高約160倍)
  • 手ぶれ補正あり
  • ISO80〜3200の感度
  • 夜景モードで最大4秒のシャッタースピード(マニュアル露出はなし)
  • 1280×720のHD画質の動画(撮影中のAF、光学ズームはなし)
  • マニュアルフォーカスあり、無限大固定可能
  • スウィングパノラマ撮影機能あり(カメラをまわししながら撮影し、その場で合成)
  • 撮影後の保存時間は普通。連写機能はなし。
  • 小型
  • 防水防塵はなし
  • ハイブリッドGPSにより緯度/経度/方位を記録し、電源オフでも移動ログを記録
  • 世界地図内蔵(詳細な地図は一部のみ)
  • フル充電で撮影枚数600枚
  • 移動ログをGoogleEarth用に書き出せる
  • GPS電波で時計まで補正してくれる

豊富な撮影モードが付いているので、もちろん普段の撮影もばっちりだ。

双眼鏡推奨スペック

今は手ぶれ補正のついた高倍率のデジカメが便利なので無理に買う必要はないと思うが、コンパクトデジカメの液晶画面よりは目標物が探しやすい。気分的にも感じが出るし。
視界が明るく、広く、大きさは小型なものがいいだろう。
明るさや広さと大きさは相反するものだが、何を優先するかでバランスを考えて購入するといい。
倍率は7倍程度もあれば十分だろう。あまり高倍率にしても手ぶれで見にくくなる。


ちなみに筆者が使っている双眼鏡。
国内のメーカー、ビクセンの「ASCOT ZR8×42WP」。
8倍で対物レンズが42mm、ひとみ径5.3mm、明るさ28.1でなかなか明るい。
見かけ視界が65.6度と広いので、物体が見つけやすい。
15mmとアイポイントが高い。(接眼レンズに目を密着させなくても見えるということ。メガネを付けていても使える)
防水設計なので少々の雨や雪でも使える。
それなりに大きさがあるが、自分は天体観察と兼用なので明るさと視野を優先し、携帯性は犠牲にした。
高空を飛ぶ飛行機や、肉眼では見えないような人工衛星の灯りが夜空を横切って行くのを見るのは楽しい。

専門団体の観測道具

psiVector.jpg左上下はスタンフォード会長とUFO VECTOR、右はレーダー

アメリカのPSI(Project Starlight International)というUFO研究団体が1980年当時に設置していたUFO観測機器。(現在は同団体がどうなっているか不詳)
左の機器はUFO/VECTOR(UFO/Video Experiment Console for Transitional-Overt Response)と呼ばれている。
このPSIは、会長であるレイ・スタンフォードが主宰するテキサス州公認の免税・非営利の科学的宗教団体Association for the understanding of manの調査部門である。

  1. CRITERION社Dynamax-8・シュミット・カセグレン望遠鏡(焦点距離2110mm)
  2. ビデオ変調ライコニクス605M・ヘリウム=ネオン・レーザー(赤色波長)
  3. カスタムメイド・フォト・マルチプライヤー/ビデオ・アンプ
  4. ビデオカメラ(ソニーAVC-3400)
  5. GPLリモートコントロールヘッド(全天候・高速自在回転)
  6. デュモント・ジョイスティック自在回転コントロールユニット
  7. 遠距離照準用ビデオモニター(自動追尾装置付き)
  8. ライコニクス605M用高圧電源および中間周波数コンポーネント
  9. フォトマルチプライヤーユニット用高圧電源
  10. 8用の再生機
  11. 3用の再生機
  12. 7によるUFOイベントの再生機(観測者のリアクションも)
  13. ビデオモニター
  14. 追加ビデオモニター

一度照準を向けると自動的に機械がUFOを追跡記録し続けると同時に、ビデオテープから変調レーザー光線でアイデンティフィケーションデータ(自己証明)がUFOに向かって送信される。
マグネトメーター(磁気計)がUFOによる次期以上を探知、記録する。

宗教団体がベースになっているのがちょっと気になるが、当時の民間の観測機器としてはかなり先進的なものであったろう。
今であればGPSを活用した移動式にもできるだろう。

参考資料

  • 二見書房・宇宙からの侵入者(南山宏)
  • NICAP/psi



UFO事件簿内検索