UFO事件簿/未整理写真集その2

005.png

006.png

未整理写真集その2

ここでは、まだ独立した項目にするほどでもない小ネタ、整理途中のネタを紹介してみることにする。
基本的には詳しいことはまだ調べていないので、そのつもりで読んでいただきたい。

20世紀初頭、イギリスの怪人

1901england.jpg1901年夏、イギリスのウェスト・ミッドランドのボーンズブルックでフランク青年が遭遇した怪人。
軍服のようなユニフォームを着て、2本のワイヤーが突き出たヘルメットをかぶっていたという。
——ケネス・アーノルド事件のはるか昔、20世紀初頭の事件のようだ。この頃はまだ宇宙人なんていう概念は希薄だったと思うのだが、宇宙から来たようなことを感じさせる事件だったんだろうか?

イタリアの小人宇宙人

19470814italia.jpg1947年8月14日、イタリアのミラノに住むラプッジ・ルイジ・ヨハニ教授が、チアソル山の渓谷で遭遇した、身長90cmの小人宇宙人。
肌の色が緑で、手の指が8本あったという。
——手の指が8本というのは、4本ずつということだろうか? チェンニーナ事件の宇宙人に背格好が似ている感じがする。

スペインの怪物体

spainUfo.jpgスペインのアンドラ・パス付近でX・ムニック夫人が景色を撮影したところ、偶然に飛び上がるUFOをとらえた。
——別な写真で走行中の車から道路標識を撮影したところ、UFOのように写ったという事例があるが、これもおそらくはそうだろう。

ベネズエラの怪物

19541128venezuela.jpg1954年11月28日、ベネズエラのペタレのカラカス郊外で、球形のUFOから出現した全身剛毛の怪物。
身長は90cm〜1m20cmで、目が光り、手はかぎ爪状だった。
——UFOが球形で、頭部も球形だったようだ。

片胸の膨らんだ怪物達

19550525usa.jpg1955年5月25日、アメリカのオハイオ州ブランチヒルに出現した、身長1mばかりの3体の怪物。
顔の色はグレーで、体にぴったりしたグレーのスーツを着ていた。
右胸が腋の下から腰のあたりまで異様にふくらんでいた。

エイモス・ミラー事件

amosMirror.jpg1968年2月2日早朝、ニュージーランドのオークランド郊外の牧場主エイモス・ミラー(Amos Mirror/39)と息子のビル(17)がブーンという高い音を聞き、そちらを見ると200m離れた林の上空に円盤型のUFOが浮かんでいた。
エイモスが着陸したUFOに近づいたところ、UFOから出た光線で射たれて倒れてしまった。UFOは直後に飛び去って行った。
ビルが駆け寄るとエイモスはもう亡くなっており、髪と頭皮が溶けてなくなり、頭蓋骨が露出。骨からはリンの成分が完全になくなっていた。

もう一つ伝わっている話では、UFOからメロンのような脳を露出させた宇宙人が出てきて光線銃でエイモスを射ち、エイモスは死ななかったものの体からリンとカルシウムが大量になくなり、怒りっぽい性格になったという。
——話が不正確な点と、怪しげな写真、そしてほとんど日本でしか語られることがない珍事件としてその筋では有名な事件だ。海外のサイトを検索しても元々の情報は日本発の情報だったりする。
写真を見ると、どうやら水辺のようだ。
UFOや宇宙人に射たれるという事件は、トラヴィス・ウォルトン事件をはじめ、いくつか伝わっている。

  • 1967年8月13日、ブラジルでUFOからの緑色の光線で人が射たれ、2ヶ月後に白血病で亡くなった事件
  • 1975年7月31日、南アフリカ共和国でUFOと宇宙人を目撃した人が怪光線を浴びて気分が悪くなり鼻血を流した事件
  • 1967年5月21日、カナダの男性が着陸したUFOに触ったところ、熱波で胸から腹にかけて碁石を並べたような火傷を生じ、調べると骨髄細胞が死んでいたという事件
  • 1968年10月30日、フランスでUFOから白い光線を浴びせられ、足の腫れと戦争で受けた古傷と右半身のしびれが治り、かわりにへそのまわりに三角形のあざができた事件

おそらくはこうした事件(これらの事件も真実かどうかはわからないが)を基にした創作ではないかとも思われる。

群馬県で撮影された宇宙人?

1973gunma.jpg

1973年に群馬県でAさんのお父さんがAさんを撮影した写真の背後に、宇宙人らしきものが偶然写っていた。
——当時のUFO本にずいぶん取り上げられていた写真だ。カンバーランド・スペースマンの写真同様、何かが写ったことは確かだが、それが宇宙人であるという根拠はどこにもない。

ワイオミングのO脚宇宙人

19741025usa.jpg1974年10月25日、アメリカのワイオミング州ローリンズで石油採掘技師のカール・ヒグドンが、身長1.85mの宇宙人と遭遇。
宇宙人はかなりのO脚で、アゴがなく、頭が傾いていたという。

雲形UFO

19741107denmark.jpg1974年11月7日、X・ラウェルセン氏がデンマークのヴィボーグ(ヴィボー/Viborg)上空にUFOを目撃した。UFOは白いもやを出し始めて機体を包み、最後は雲のようになった。その時の様子を撮影したのがこの写真。UFOは全長約20mで、音もなく空中に浮かんでいた。写真分析の結果、本物と断定されたという。(文:コスモアイル羽咋の展示より)

未亡人を身体検査した宇宙人

19750826usa.jpg1975年8月26日、アメリカのノースダコタ州で未亡人ら3人を身体検査したという宇宙人。
顔にはミイラのような包帯が巻かれていた。

アメリカの小型宇宙人

19751027usa.jpg1975年10月27日、アメリカはメイン州オックスフォードで、友人とドライブ中のデイビッド・スティーブンスが、身長1.35mの宇宙人に遭遇。
宇宙人はマッシュルームのような頭をして、吊り上がった大きな目をし、紙のようなペラペラの黒い服を着ていた。

参考資料

  • 学研・世界UFO大百科復刻版(ムー特別編集)
  • 学研・宇宙人の謎(並木伸一郎)



UFO事件簿内検索