UFO事件簿/捕まった宇宙人写真の真相

005.png

006.png

捕まった宇宙人写真の真相

1950年3月29日/ドイツ/ケルン市

正体判明!

capturedAlienTrue0.jpgcapturedAlienTrue0.jpg長年謎と話題を振りまいてきたこの捕まった宇宙人写真だが、とうとうその真相が解明された。
結論から言うと、1950年4月に、ドイツはケルン市の週刊誌「Neue Illustrierte(ノイエ・イルストリーアテ)」の創刊号に掲載された、エイプリルフール記事だったのだ。
このことを探り当てたのは、不思議な写真の検証などを行っている海外のサイトforgetomoriだ。



以下、そのサイトから当時の記事の内容を要約して紹介する。

Neue Illustrierte ドイツ、ケルン市
1950年3月29日発売、4月1日号 3ページ

火星の人々!

アリゾナ州の砂漠からの特別レポート

1950年3月21日21時45分

アメリカの戦闘機は、数週間にわたって謎の飛行物体を追跡していた。この円盤は他の飛行物体に遭遇すると急旋回することができた。
急旋回する瞬間に円盤が空中で一時停止したので、D.Ussel軍曹が対空ロケットで攻撃したところ、謎の円盤は大きな花火のように破裂し、20個ほどの銀色に輝くカプセルが地上に落ちた。

capturedAlienTrue1.jpg

22時10分 デスバレーからの報告

不気味な侵入者を観察

カプセルの発射地点から半径150km圏内の全員が待機態勢を取った。
陸軍省に届いた報告によれば、「最初は青白い光が見え、そして人影が明らかに戸惑うように動き回っていた。滑るように動くその様はまるで水中のダイバーのようだった。」

capturedAlienTrue2.jpg

銀のカプセルが爆発

初めて捕えられた火星人!

アリゾナ州フェニックスでの目撃者の証言「私はすごい瞬間に立ち会ったことに気付きました。人類史上初めて宇宙からの訪問客を見たのです! しかし同時に衝撃を受けました。このアルミニウム人間は絶望に満たされていたようでした。彼の体はアルミ箔のように光る服を身にまとっていました。」
フェニックスの天文台は、この服は宇宙線から身を守るためではないかと推測した。

capturedAlienTrue3.jpg

科学は新しいパズルに直面した

火星の文字

暗号の専門家達は、これが普通のアルファベットなのか、鏡文字なのかどうかを調べています。

capturedAlienTrue4_1.jpg

大きな驚き

火星人は…身長わずか70cm

火星人は特別な真空の部屋に移されました。
陸軍省の発表「生物が火星から来たかどうかは定かではないが、唯一確信できるのは、太陽系もしくは近隣の星の惑星から来たことである。」
陸軍省はさらに「我々の写真は…」と続けた。「…唯一の本物であり、世界中の報道機関に出回っている安っぽいニセモノに対して警告をする。」

capturedAlienTrue5.jpgcapturedAlienTrue5.jpg

考察

エイプリルフールの記事らしく、ジョークだとわかるようないくつかのヒントが隠されている。
例えばD.Ussel軍曹というのは、ドイツ語で赤ちゃんを意味するDusselのことだそうだ。

翌週の4月5日発売号では「本誌は3月29日の4月号において、読者に対してイタズラをしました。火星人着陸は作り話です。D.Ussel軍曹(Dussel)は実在しません。火星人はスケートのグループ、Lidstonesのメンバーでした。」とネタを明かしている。

capturedAlienTrue6.jpgcapturedAlienTrue6.jpg捕まった宇宙人のモデル?forgetomoriではThe Lidstonesというスケート集団の写真を探し、ローラースケート好きの人が運営するサイト「susan-a-miller.com!」で、1962年に出版された本の中の「ジョーン(Joan)とジェームズ・リドストーン(James Lidstone)」という写真を探し当てた。
「画質が悪いため同一人物かどうか決めつけられないが、この男性と火星人の類似点を見つけた。興味深いのは、火星人のブーツがスケーター・ブーツのようであることだ。有名な合成写真で、火星人はほとんど裸だが、帽子と銀のジャンプスーツを着ているように思える。この衣装がスケーターの公演で使われたことはありえるだろう。」としている。
2番目の写真についても、「スケートを滑っていることをモチーフにしていることも十分にありえる。」とし、「空飛ぶ円盤に関しては、1950年1月11日の雑誌に載ったE.W.ケイ博士の写真(雅注:Popular Mechanics Magazineという、最新の機械などを紹介しているアメリカの雑誌に、円盤型飛行機の試作機を発表している)掲載されたを修整したものだと確認された。」

capturedAlienTrue4_2.jpg上下回転、左右反転してみると…

火星の文字についても、ドイツ語の「Die Erde gefällt uns nicht. Wir möchten wieder nach Hause.」を鏡文字にしたものであることがわかった。(意味は「我々は地球が嫌いだ。家に帰りたい。」)

尾ひれの整理

結局大方の予想どおりニセモノ写真であったのだが、今まで長きにわたって誰もこの週刊誌を調べていなかったことになる。「新聞」ということにこだわり過ぎた結果、見つからなかったのだろうか。
それにしてもforgetomoriの調査能力には脱帽する。サイトを見てみると、以前から何度もこの件について報告しているようだ。過去の記事も追って読んでみたいと思う。

これまで附随して語られてきた「メキシコに墜落した」「FBI、CIA、KGBなどが捕獲」「ドイツに移送された」「ドロドロに溶けてしまった」などという話は、どこにも書かれていないことにも注目したい。話に尾ひれが付いてしまったものだったのだ。
残念ながら筆者(雅)のアウシュビッツ収容所の捕虜の写真ではないか? という説も見事に外れてしまったわけだが、それはそれでなかなか楽しい夢を見せてもらった。

しつこく疑ってみる

一点気になることがあるとすれば、Neue Illustrierte誌のスキャン画像があまりにきれいだということだ。
60年前の雑誌なのに、よくこんなに保存状態がいいものが見つかったものだ。掲載するにあたって汚れの修正などは当然行われているとしても。よほど日本でいう国会図書館のようなところで、大切に保管されていたのだろうか。
まさかこの記事自体がジョークでないといいが(笑)

日本での関連情報

capturedAlienTrue7.jpgcapturedAlienTrue7.jpg当サイト談話室で「demidead」さんに教えていただいたところによると、南山宏著「世界の円盤ミステリー」(秋田書店刊1968年初版。demideadさん所有は1972年の11版)に、Ussel軍曹が写した写真として冒頭のUFOのイラストが掲載されていた。
Ussel軍曹の国籍がドイツ人になっているなど相違はあるが、Neue Illustrierte誌から伝わった情報が元になっているのだろう。オリジナルを見たのではなく、それを引用した別の記事を引いたと思われる。
宇宙人写真とセットで伝わっていないことが興味深い。このようにして情報が少しずつ曲がって伝わっていくのであろう。

NHKの番組から

2013年6月12日にNHK BSプレミアムで放送された「幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー File.02」でこの写真について取り上げられた。
それによれば、Neue Illustrierte誌に掲載された2ヶ月後の1950年6月に、アメリカ空軍の雑誌「トーク・オブ・タイムズ」がエイプリルフールネタであることを明らかにせずにこの写真を転載したため、空軍のお墨付きを得たような形でさらに転載されて広まったのだという。

Talk of Times誌をネット検索してみたが、まだ見つかっていない。
かわりに1947年創刊で現在も刊行中のAirForce Times紙という空軍の機関紙らしい週刊タブロイド紙があることがわかった。英語のWikipediaなのでまだよく読んでいないが、関連があるかもしれない。

参考資料



UFO事件簿内検索